高幡不動尊201901
3連休の初日は初雪が舞ったあと雨が降ったが2日目はいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内はまだ初詣の雰囲気が残っている。
高幡不動尊201901

高幡不動尊201901
先週末よりは少し露店が減った感じもするけど、参拝の人はまだ多い。
高幡不動尊201901

1月28日のだるま市のときは、だるまを売る露店が一気に増える。
高幡不動尊201901
昨年の漢字は「災」。平成最後の漢字なのに「災害」「災難」「天災」「震災」などあまりいい言葉に使われない漢字「災」。そんな「災」だけど、この金のだるまに書かれている「無病息災」は病気をせず健康なことといういい言葉。

高幡不動尊の高幡山(高幡城跡)にある見晴台からの眺め。
高幡不動尊201901
星印は立川駅北口にある地上32階建てのプラウドタワー立川。ここは以前第一デパートがあった場所。
高幡不動尊201901
星印は京王線高幡不動駅の駅ビル。その上の方に横切っているのは多摩都市モノレール。
高幡不動尊201901
モノレールが走っている姿。奥の星印は中央自動車道の多摩川を渡る橋。

この時期は遠くまでよく見える。
高幡不動尊201901
星印が東京スカイツリー、ハートが新宿の東京都庁舎。
手前は府中四谷橋で星印が手間にビルが建って頭だけしか見えなくなった東京タワー。
高幡不動尊201901
この見晴台の反対側には富士山が見える場所があるんだけど、残念なことに、この日富士山は雲に隠れていて見ることができなかった。

花が少ない時期、最初の写真は境内で咲いていたクサボケ(草木瓜)、バラ科の花。そしてこれはロウバイ、ロウバイ科。
高幡不動尊201901
本物の梅の蕾はまだ固い。
高幡不動尊201901
これは紅白咲き分ける思いのままという梅。3月には下写真のような花を咲かせる(2018年3月撮影)。
高幡不動尊201803
このきれいな姿を見るには、まだしばらく我慢が必要だ。

今週の高幡不動Vol.515
(撮影 2019年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ