姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.11  東京都日野市

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)、タデ科。別名ポリゴナム、ヒマラヤ原産でロックガーデン用として明治時代に導入されたそうだ。

姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.11  東京都日野市

タデと同じように小さい花の集合体。球形に集まっているので1つが花のようにも見える。

姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.11  東京都日野市

小さい1つの花は同じタデ科のミゾソバ(溝蕎麦)の花とよく似ている。

姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2018.11 東京都日野市

庭などでよく見かけるが、手間がかからずどんどん広がって行くので、雑草化していることもある。

姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.11  東京都日野市


(撮影 2018年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ