週間天気予報では雨マークがついていたが、いい天気になった東京多摩地区。11月17日(土)は菊まつりの最終日。

今回は菊まつりで展示されていた菊の中で気になった菊の紹介。
高幡不動尊201811
上下写真の菊は花びらの先端部分がスプーンのように開いていて、全体として風車のように見える風車菊とも呼ばれる菊。
高幡不動尊201811

高幡不動尊201811
この上下写真の菊は先端部分だけが白色のちょっとオシャレな菊。
高幡不動尊201811

この菊は色合いも面白いがよく見ると花びらがちょっと複雑。
高幡不動尊201811

この白い菊は中央部分が盛り上がった菊。
高幡不動尊201811

針のような花びらの菊。
高幡不動尊201811

頂が雪で白くなった富士山。菊まつりが始まった頃はまだちゃんと咲いていなかった。
高幡不動尊201811

この菊の鉢に飾られた顔にはどのような意味があるのだろう。
高幡不動尊201811

最後は幅広い花びらが水平に咲く一文字菊。皇室の紋章になぞられて御紋章菊とも呼ばれる。
高幡不動尊201811
花を下から台紙で支えて、花びらには綿玊を入れて形を整えるらしい。この菊を育てるのは大変そうだね。

11月18日(日)から30日(金)まではもみじまつり。
高幡不動尊201811
五重塔横は先週よりも少し色づきが進んだかな。

山あじさいが咲く山内は先週とあまり変わっていない。
高幡不動尊201811
このところ割と暖かな日が続いたが、これからこの時期らいし気温に下がるようなので、もみじの色づきも一気に進むだろう。

今週の高幡不動Vol.507
(撮影 2018年11月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ