昭和記念公園201809
昭和記念公園の彼岸花。これはお彼岸の頃に撮ったもので今ではもうほとんど枯れてしまっている。

彼岸花は園内のいろいろなところで咲いているが、一番たくさん咲いているのがこの場所。「眺めのテラス南西花壇」と呼ばれる場所。
昭和記念公園201809

昭和記念公園201809
燃えるような彼岸花と言えばいいかな。
昭和記念公園201809
どういう撮り方がいいのかわからないけど、こういう撮り方をすれば彼岸花が持つ怪しい雰囲気をあまり意識することがないような気がする。
昭和記念公園201809

白色の彼岸花が入るといい感じになる。
昭和記念公園201809
多くはないけれど、いつの頃からか、この場所にも白い彼岸花が見られるようになっている。

時々、ちょっと背が高い彼岸花があって良い被写体となってくれる。
昭和記念公園201809
もう少し周りの花が密集してくれていると良かったんだけど(汗)

昭和記念公園201809
背景を明るい緑にすと、彼岸花を明るいイメージにしてくれる。
昭和記念公園201809

こうやって紅白取り混ぜると、なんとなくおめでたいイメージがするけど、これってイマドキの若い人や外国の人も同じようなイメージなのかなぁ・・・?
昭和記念公園201809

これが「眺めのテラス南西花壇」で咲いている彼岸花の全景。実は今年の彼岸花は割と狭いところで咲いている。
昭和記念公園201809
彼岸花が咲いていない部分には春に日本水仙だったり、夏に夏水仙が咲いたりする場所。みんな同じヒガンバナ科の植物だけど、住み分けがあるのだろうか。

昭和記念公園(Vol.297)
(撮影 2018年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ