梅雨入り間近の京王百草園の様子。初夏の花々が咲いていた。

ブラシノキ、フトモモ科。ビンを洗うブラシに似ていることでついた名前。
京王百草園201806
下は少し色が違う品種。こちらの写真の方がブラシらしい姿がわかる。
京王百草園201806

心字池ではスイレン、スイレン科が咲いている。
京王百草園201806
下はあまりみかけない黄色いスイレン。
京王百草園201806
春先はたくさんオタマジャクシが泳いでいたので、そのうちカエルが葉の上にいるところが撮れるかもしれない。

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201806

これはキスゲ(黄菅)、ユリ科。ニッコウキスゲだろうか・・・?
京王百草園201806

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。夕方に花が咲くことからついた名前だけど、昼間に咲くこともあるそうだ。
京王百草園201806
この時期はわりとよく見かけるすごく小さな花。

もちろんアジサイも咲いている。
京王百草園201806
竜安寺垣だろうか、こういう竹垣越しのアジサイを見ると日本庭園らしさを感じる。
京王百草園201806

東屋とアジサイ。これも京王百草園らしい風景。
京王百草園201806
すでに西洋アジサイがかなり咲いている。
京王百草園201806
大勢の人がアジサイを見に訪れる高幡不動尊と違ってここは訪れる人がかなり少ない。
山アジサイも咲いている。中心部分の花もしっかり咲いている。
京王百草園201806
これは墨田の花火。
京王百草園201806

ここは梅の名所だけあって、見上げるとたくさん梅がなっている。
京王百草園201806

そして梅の天日干し。
京王百草園201806
売り出さないのかなぁ。

(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ