これもゴールデンウィーク前半の昭和記念公園、春の花のつづき。

これは一つ葉田子、モクセイ科。
昭和記念公園201804
別名のなんじゃもんじゃの木の方がなじみがある名前かもしれない。
昭和記念公園201804
明治時代、道路沿いにこの木が植えられていて名前がわからなかったので「何の木じゃ?」と呼ばれているうちに「なんじゃもんじゃ」という名前になったとか・・・
昭和記念公園201804
細かい白い花がたくさん咲いて、まるで木の枝に雪が積もったように見える。

この時期らしい花、ボタン(牡丹)、ボタン科。
昭和記念公園201804
牡丹のすぐ後に咲く、同じボタン科のシャクヤク(芍薬)と見分けがなかなかつかない。下の写真も牡丹。
昭和記念公園201804
ボタンは樹木、シャクヤクは草に分類されるそうだが、よくわからない・・・

これはハマナス、バラ科。浜茄子又は浜梨と書くそうだ。
昭和記念公園201804
主に海岸の砂地に咲き、甘酸っぱい実がなるので、「ハマナシ」と言われたのが訛って「ハマナス」となったそうだ。だからナスは関係ない。

トチノキ(栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201804
セイヨウトチノキはマロニエとも呼ばれるが、この写真では葉の回りにギザギザがないのでマロニエではなく栃の木だと思う。
昭和記念公園201804

こちらはベニバナトチノキ(紅花栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201804
花が紅色の栃の木。
昭和記念公園201804
青空が背景だときれいに見える花ばかりだ。

昭和記念公園(Vol.265)
(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ