昭和記念公園、こどもの森の原種系チューリップ。これは3月末の様子。

花壇でみかけるチューリップは品種改良された園芸種。原種系チューリップは
これらのもととなった野生の品種。
昭和記念公園201703

昭和記念公園201703
横で咲いているクロッカスと同じぐらいの背の高さ。チューリップとしては
背が低いね。
昭和記念公園201703

こちらは花壇に咲いているチューリップに近い感じ。
昭和記念公園201703
いわば雑草のように咲いているチューリップなので、植えっぱなしでも
毎年ちゃんと花を咲かせるそうだ。
昭和記念公園201703
回りには春の小さな花もたくさん咲いている。
昭和記念公園201703


昭和記念公園201703
上は白いサフランかタマスダレ、下はクロッカスと見間違えてしまうような
チューリップ。
昭和記念公園201703
クロッカスと花は似ているけど葉が全然違う。クロッカスはアヤメ科、
チューリップはユリ科。

原種系チューリップと一緒に咲いている黄色い花はラッパスイセン。
昭和記念公園201703
こちらの黄色い花もラッパスイセンだけど、クロッカスと同じぐらい背の高さが低い。
昭和記念公園201703
これもラッパスイセン。たぶん1つ1つ品種の名前があるんだろうね。
昭和記念公園201703
背の高いラッパスイセンとミニラッパスイセン。子どもたちを連れている大人の感じ。

この時期は季節がどんどん進んでしまって、昭和記念公園はもう桜の季節(汗)

昭和記念公園(Vol.205)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ