西高東低の気圧配置になり、今シーズンで一番きれいな冬晴れになった東京多摩地区。

秋のいろいろな行事が終わった高幡不動尊の境内は、普段の静けさを取り戻しつつある。
高幡不動尊201612
大観音像と五重塔。
高幡不動尊201612
色づいた葉がすっかり落ちて、見晴らしがよくなったためきれいな冬晴れの空が
見えるようになった。
高幡不動尊201612
夏は木々の葉が茂って陰になり涼しかったこの場所も、冬は明るい場所になる。

五重塔横もほとんどの葉が落ちてしまって、だんだんと冬の色に変わってきた。
高幡不動尊201612
水たまりに映った空もきれいな青。
高幡不動尊201612

奥はモミジで手間の葉はアジサイ。一応紅葉している。
高幡不動尊201612
ここは背の高い西洋アジサイが壁のように並んでいる場所。
高幡不動尊201612
サザンカ(山茶花)、ツバキ科。これからしばらく高幡不動尊はこの花の天下。

紅葉したドウダンツツジに山茶花の花びら。
高幡不動尊201612
ヤツデ(八手)、ウコギ科の花。聞いたことがない科だ・・・
高幡不動尊201612
八手の大きな手の上に小さなモミジの手。

さぁ、高幡不動尊の冬が始まった。

今週の高幡不動Vol.423
(撮影 2016年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ