富士五湖の1つ、本栖湖の湖畔にある本栖湖キャンプ場。
我が家でキャンプに行くと言えばほぼこのキャンプ場。
本栖湖キャンプ場201508-9

キャンプサイトはどこにテントを張っても自由なフリーサイト。直火もOKでとにかく
自由度が高い。

さらに、出入り口に柵などもなく、いつでもキャンプ場に入ることが可能なのが
一番のお気に入り。夜中に到着してもいいので、夜に自宅を出発すれば中央高速の
渋滞を回避できる。
本栖湖キャンプ場201508-1
前回のキャンプは2013年11月だったので、約2年ぶり。キャンプ場が全然
変っていなかったのが少しうれしい。

テントやタープの張り方をなんとかギリギリ覚えている感じなので、最低2年に1度は
キャンプをしないとセッティングを忘れてしまうかも(笑)

一応、テントとタープを連結したんだけど、このセットでは最近のゲリラ豪雨に
耐えられるようなしっかりとした連結にはならない。

前回のキャンプは、この空之介の初キャンプだったので、空之介にとって2回目のキャンプ。
本栖湖キャンプ場201508-3
今回は空之介のお守り役の娘が来なかったので、どうなることかと少し心配したが、
どこかに逃げていくようなことはなく、タープやテントの中や回りをウロウロと歩き回っていた。
本栖湖201508-12
あれ?どこに行った?と思って探すとこんな感じ。
本栖湖201508-11

そばに近づく男性がいるとちょっと警戒して唸ることもあるが、近づくのが女性の
場合は、うれしそうに自分から近寄って行く。
 本栖湖キャンプ場201508-2
ドッグランに行ってもそうなんだけど、犬よりも女の人が大好きな空之介

この日はどこかの犬愛好家の集団がイベントをやっていたようで、それを目当てに
した、臨時の露店がいくつか出ていた。
本栖湖キャンプ場201508-7
キャンプ場でトリミングサロンなんてすごいなぁ。
本栖湖キャンプ場201508-8
この露店も、イベントが終わるといつの間にか居なくなっていた。

管理棟前ではヤマユリがきれいに咲いていた。
本栖湖キャンプ場201508-4
奥に見えるのは売店、板氷やアイスクリーム・酒類・パン・お菓子、薪などを売っている。
最近は直火がダメなキャンプ場もあるので、ここで薪を買って、焚き火をすることを楽しみに
このキャンプ場に来る人も多いだろうね。

これだけたくさん咲いているとすごくいい香りがあたりに漂う。
本栖湖キャンプ場201508-6
アジサイがちょうど見頃の感じだった。
本栖湖キャンプ場201508-5

湖畔で水遊びをして、道の駅あさぎり・あさぎりフードパークへ行ったあとは
特に何もすることがないので、夕方のまだ明るい時間から、のんびり炭火を
つけて炎を見て過ごす。
本栖湖キャンプ場201508-10
何もせずにこうしている時間がキャンプらしくていい。
本栖湖キャンプ場201508-11

少し遅いおやつとして、焼きトウモロコシ。そしてビール。
本栖湖キャンプ場201508-12
黒焦げになっているのはトウモロコシの皮。こうやって皮付きで焼いたほうが
蒸し焼きになって美味しく焼ける。

ボーっとしているうちにあたりが暗くなる。
本栖湖キャンプ場201508-13
ランタンの灯りがアウトドアらしくていいんだよね。

昔の本栖湖キャンプ場のホームページは1枚だけの質素なページだったが、
数年前にちゃんとしたホームページになったー>ここ
さらにFaceBookでも情報発信をしている。イマドキだね。

今度はいつこの本栖湖キャンプ場に来ることができるだろうか。
できれば来年の夏か秋には・・・