6月の昭和記念公園といえば、アジサイとハナショウブは外せない。

すっかり緑色になった昭和記念公園立川口周辺。
昭和記念公園201406-1
この週末は梅雨の中休みで太陽ギラギラ。
昭和記念公園201406-3
日差しが強くて暑いけど、湿度があまり高くないため、風吹くとすごく気持ち良い。

まずはメインの花木園菖蒲田の様子から。
昭和記念公園201406-8
ホームページにも書いたあったけど、今年は開花が少し遅れていて、しかも花の数が少ない。
昭和記念公園201406-5
咲いているハナショウブは見頃になってきているんだけど、数が少なくてちょっと淋しい・・・
昭和記念公園201406-4
やっぱり数が少なくてちょっと淋しい・・・。
ハナショウブらしく花弁の元に黄色い模様がある。
昭和記念公園201406-6
特に、これは変わっているなぁと思うような品種が見当たらなかったのが残念。
昭和記念公園201406-7
キリギリスかな?

この日は菖蒲田の回りのアジサイも徐々に見頃になりつつある感じだった。
昭和記念公園201406-9
アジサイなどの様子はまた別に(汗)。

日本庭園のハナショウブを見に行ってみると、
昭和記念公園201406-10
やはりこちらも例年よりも花の数が少ない感じ。いい天気なのに残念。
昭和記念公園201406-11

日本庭園のアジサイ。
昭和記念公園201406-12
背景の水辺が涼しげでいい。

このまま終わるのもちょっと淋しいので、別の場所のハナショウブ(笑)。
花菖蒲201406-3
ここは近所の田んぼの端っこで毎年たくさんのハナショウブが咲く場所。
花菖蒲201406-2
種類はそれほどないけど、今年もきれいに咲きそろっていた。
花菖蒲201406-1
ちなみに、ハナショウブ(花菖蒲)のことを単にショウブ(菖蒲)と呼ぶことがある。
でも、ショウブ(菖蒲)はハナショウブの葉とよく似たサトイモ科の別の植物で、
端午の節句に菖蒲湯に入れるのがこのショウブの葉や根で、ハナショウブの葉ではない。
ちょっとややこしい(汗)。

 昭和記念公園(Vol.114)
(撮影 2014年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ