3月第2週の週末、天気が良くて日差しは春らしくなってきた。
でもまだ気温が低て寒い東京多摩地区。

真冬のすっきりとした青空と違って、ほんの少し霞がかった青空、これも春の兆し。
高幡不動201403-7
この日(毎月第二日曜日)はフリーマーケットの日だったが、参拝者はそれほど多くなかった。

奥殿のそばで沈丁花、ジンチョウゲ科が咲き始めた。
高幡不動201403-1
咲き始めたばかりだらか、まだそれほど香りが漂っていないが、近づくとしっかり春の香りがした。

大日堂に向かう山門が改修工事中。
高幡不動201403-3
2つの看板が仲良く並んでいるけど右の送別茶会会場の看板はこの日だけ(汗)
高幡不動201403-2
どんな感じに改修されるのだろうか。ちょっと楽しみでもあるが、古い姿を残してほしい気持ちも大きい。

先週咲き始めていた、五重塔横の梅「思いのまま」。かなり咲いてきた5分咲きぐらいかな?
高幡不動201403-4

思いのままの特徴は、1つの花に白と紅の花びらが混じった花を咲かせること。
高幡不動201403-9
ほとんど白梅だけど、たまに紅梅が咲いたりするのも、思いのままの特徴。
高幡不動201403-10

これは思いのままと並んで咲いている白梅。
高幡不動201403-5
この日はメジロが花の蜜を吸いにやってきていた。
高幡不動201403-12
いろいろ粘って100枚ぐらい撮ったかな(汗)
高幡不動201403-11
歩留まりはかなり悪いけど、いい感じの梅にメジロが撮れた。
高幡不動201403-15
カメラ女子のちびてりさん(ブログはここ)によると、この梅にメジロは「ウメジロー」と呼ぶそうだ。
なかなかいいネーミング。

藤棚のそばにある河津桜も1輪だけ咲き始めていた。
高幡不動201403-8
次は、河津桜にメジロを撮りたいところ。こちらは「カワジロー」かな(笑)
ちなみに2011年3月に撮った「カワジロー」はこちら

弁天池まわりの福寿草。
高幡不動201403-13
花は咲いているけど、茎や葉がまだ少ししか伸びていない。
高幡不動201403-14
一駅隣りの京王百草園で咲いている福寿草と随分成長の度合いが違う。

同じく弁天池まわりのふきのとう。まるで「ふきのとう」という独立した植物があるかのごとく呼ばれるが、
フキの花の蕾(花茎)なので植物としてはフキ、キク科。
高幡不動201403-6
フキはイチョウのように雄株と雌株が別個体の雌雄異株で花が黄色いのが雄株、白が雌株なんだそうだ。
キンモクセイやジンチョウゲも雌雄異株。春と秋の代表的ないい香りの植物が雌雄異株だね。

前の週末は春の予兆だったが、さらに1歩春に近づいた。
さて今度の週末は、どこまで春の姿を見ることができるだろうか。

今週の高幡不動Vol.306
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ