東京で春一番が吹いてすごく暖かな日があった週の週末。
高幡不動尊の境内でも春らしい姿を見ることができるのはないかと少し期待して訪れた。
高幡不動201303-1
週末はまた寒さが戻ってきたためだろうか、参拝者は少なめの境内。

先週・先々週は少しだけしか咲いていなかったミツマタ、ジンチョウゲ科がたくさん咲き始めた。
高幡不動201303-2

大日堂前の枝垂れ桜、やっと少し咲き始めた。
高幡不動201303-3

大日堂横のマンサクが一足先に見頃。
高幡不動201303-4

先週、蕾がふくらんで咲き始める寸前だった五重塔前の梅「思いのまま」。
高幡不動201303-5
全体的にはまだこんな感じで少しだけど咲き始めた。
高幡不動201303-6
同じ枝に白・紅・桃の花を咲かせる「思いのまま」らしく、白い花にほんの少しだけ桃色の花びらが交じっている。
高幡不動201303-7

弁天池の福寿草、背が伸びてきた。
高幡不動201303-11
反対側から見ると・・・
高幡不動201303-10
なんだかひょろっと茎が伸びている。

ふきのとう。早く食べないと花が咲いてしまうよ(笑)。
高幡不動201303-8

これはサンシュユ、ミズキ科。別名が春黄金花と呼ばれ、早春を代表する花木。
高幡不動201303-9
もっと花が咲いて、そこに日射しが当たると、木全体が黄金色に輝く。
3月に入ってやっと春らしくなってきた。

今週の高幡不動Vol.256
(撮影 2013年3月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ