冬の東京らしい青空。このところずっと天気がいい。でも寒い・・・
高幡不動尊201201-1
1月7日午前中の高幡不動尊の様子。お参りするにはちょうどいい感じの人出になってきた。初詣に行ってあまり人がいないと雰囲気がでないからね(^^;)
高幡不動尊201201-3
賽銭箱の上に大きなしめ縄飾りが今頃気がつく
高幡不動尊201201-14
天照大神が天の岩戸から出たあと、二度と戻れないように「しめ縄」で戸を塞いだそうだ。
高幡不動尊201201-6
大日堂前の山門。こういう正月用の飾りは松の内までかと思ったら、高幡不動尊の場合は28日の初不動までは続く。
高幡不動尊201201-7
これは内側から見たところ。
高幡不動尊201201-2
上は1月7日、下は1月9日。不動堂への昇り口が右端の特設スロープから、正面賽銭箱右側の階段に変わっている。どうでもいいことだけど、昇り口の位置が変わったのも参拝の人出が落ち着いてきた証拠。
高幡不動尊201201-16
1月7日は七草がゆを食べる日だけど、この日までが松の内なのが当然だと思っていたら、必ずしもそうではないらしい。元々は小正月(1月15日)までだったのが、一部の地域(特に関東)では短縮して7日にしているとか。そうだったんだ

ちなみに、1月15日が成人の日だったのは、小正月に元服の義を行っていたことによるらしいけど、2000年からはハッピーマンデー制度導入で1月第2月曜日に変わった。
しかしハッピーマンデー制度って本当にハッピーなんだろうか・・・

関西ではなじみが薄い大阪焼きを再び。お好み焼きと同じ具を今川焼きの鉄板で焼いている感じ。
高幡不動尊201201-4
1つにタマゴが1玉入っているのがちょっとだけ豪華

縁起物の干支の置物。
高幡不動尊201201-12
こちらはかわいい、しっかり玉を持っている。
高幡不動尊201201-13

だるまも縁起物。値段表が後ろでなく横にあるのはなぜ?
高幡不動尊201201-15
ダルマを見ながら、横目で値段を確かめるためかな、そこまで深い意味はないか。

ブルーマン201201-3
いまさらだけど、この3連休中に六本木のブルーマンシアターに行った。後ろは六本木ヒルズ。
ブルーマン201201-2
想像していたよりずっとすごかった。面白いだけでなく観客を一体化させる流れもすごい。
ブルーマン201201-1
この日の公演は千秋楽まであと88回だった。
ブルーマンのパーカッションがまだ頭の中を流れている、千秋楽までに行っておいてよかった

今週の高幡不動Vol.197
(撮影 2012年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ