デジカメを持ち歩かなくても気軽にしかもしっかり撮れるのがiPhone4Sの便利なところ。
iPhone写真201112-1
水たまりに写った高幡不動尊の五重塔もしっかりと。
iPhone写真201112-2
高幡不動尊の前にこの赤い「誠」があるのは前から知ってはいたが、各隊士の詩歌があったことにこの写真を撮ってから気がついた。
iPhone写真201112-3
きれいに撮れるだけでなくアプリで撮った写真を簡単に加工できるのも面白い。
iPhone写真201112-5
普段見ている土方さんの像もちょっと違った雰囲気になる。
AE/AFロック機能を使えば背景が明るい場面もちゃんと撮れるしね。
iPhone写真201112-4
暗い場面にも結構強くて夜の東京タワーもこんな感じ。
交差点で信号待ちしている時に撮ったのでもちろん手持ち写真。
iPhone写真東京タワー
ところで、iPhoneユーザの中で自分の趣味は写真だと思っている人って、どれくらいいるのかを知ることができたら楽しいだろうなぁなんて思ったことありませんか?

それを簡単に調べることができる消費者分析ツールがこの「ぺるそね」
ぺるそねTOP
「ぺるそね」についての詳細はここを「ぺるそねとは」

今回のブログ記事は、私の勤務先(株)コプロシステムがはじめたクラウド型サービス「ぺるそね」の全面広告のような内容であることをご承知おきください

まず最初にiPhoneを持っている人はどんな人なのか。約3万人のサンプル全体のうち1604人が該当している。以下ちょっと見づらいがWebで表示された画面イメージを貼り付ける。
iPhoneこんな人
好みのブランドは吉田カバン、iMac、い・ろ・は・す・みかんなんだそうだ。

下はこのiPhoneユーザー1604人の年齢分布とサンプル全体の年齢分布を並べて比較したもの。
iPhone年齢分析
平均年齢は全体が43.0歳に対してiPhoneユーザーの平均は37.5歳。20歳台から40歳台が多いようだ。実際のWeb画面では円グラフにカーソルをあてると比率(%)が表示される。

そして今回知りたいiPhoneを持つ1604人の趣味を見てみる。
少しわかりづらい画面だけど、下の棒グラフ (青がiPhoneユーザー、赤がサンプル全体) は左端の項目を自分の趣味だと選択した人の割合(%)。
例えばインターネットはiPhoneユーザー(青)が56%、サンプル全体(赤)が47%の人がインターネットは自分の趣味だと答えたことを表している。右端の倍率は青は赤の何倍であるかを示す。
iPhone趣味1
(画面が長いので上下分割)
iPhone趣味2
写真が趣味だと答えた人が17%でサンプル全体11%の割合よりも約1.6倍多いことがわかる。(ここの表示は丸め誤差がある。正確な数値は数値表を表示したりエクセルでのダウンロードも可能)
やはりiPhoneユーザーには写真好きな人が多い。あとは音楽演奏もサンプル全体よりも比率が多く、逆に園芸・ガーデニングの比率が少し低いことも読み取れる。

次は同じ写真好きということで、私が普段使っているデジタル一眼、ペンテックスのKシリーズのユーザーを同じように見てみる。
Kシリーズこんな人
該当者が207人と少ないのがちょっとさみしいが、好きなブランドがタグホイヤー。私もタグホイヤーは好き、持っていないけどね
平均年齢が45.1歳で全体の平均より2歳上で年齢分布を見ると、全体と比べて50〜54歳(私もこの中)の比率が少し多い。
Kシリーズ年齢分析

ペンタックスKシリーズユーザーのポータブルミュージックプレイヤーの所有ブランドを見てみる。青がKシリーズユーザーの割合、赤がサンプル全体の割合。
Kシリーズオーディオプレイヤ
ウォークマンを持っている人の割合が31%。サンプル全体の19%よりも多い。またiPodTouchを持っている人の割合も13%でサンプル全体の5%よりも多い。またまた自分のことばかりで恐縮だけど、最近私もウォークマンを買った

私がウォークマンを選択した理由の1つはラジオが聞けること。Kシリーズユーザーのラジオ視聴時間を見てみる。
Kシリーズラジオ視聴時間
サンプル全体が平均2.0時間のところ、Kシリーズユーザーは2.4時間。ラジオは聴かないという人の割合もサンプル全体が51%のところ35%と少ない。ラジオ好きがちょっと多いかも。

ファッションに対する購買行動指標を見てみると、商品関心度などファッションに関する指標値は低い。
Kシリーズ購買行動ファッション

比較対象はサンプル全体ではなく、自分の知りたい対象と比較することもできる。例えばペンテックスKシリーズユーザーの年齢分布とiPhoneユーザーの年齢分布を比較してみる。
K対iPhone年齢比較
並べてみると、25〜29歳、50〜54歳、60歳〜の割合にかなり差があることがわかる。
同じ写真好きということで下はニコンのデジタル一眼レフカメラDシリーズ(右側)と並べて比較。K対ニコンD年齢比較
ニコンDシリーズユーザーはペンタックスKシリーズユーザーよりも平均年齢が2歳高く、さらに50歳以上の割合が高いようだ。ユーザー数は801人とさすがにKシリーズよりもユーザー数は多い。

同様にオリンパスのミラーレス一眼レフカメラPENシリーズユーザーとの比較。
K対PEN年齢比較
オリンパスPENユーザーはニコンDシリーズユーザーと同じように50歳以上の割合が多いが、25〜29歳の割合も多いので平均年齢の差は1歳だけ上。
ミラーレス一眼ブームの先駆けになったPENシリーズには若いユーザーも多いのだろう。PENユーザーの男女比率やキヤノンEOSデジタルユーザーなども調べて紹介したいけど、長くなるのでそれはまた次の機会にでも

「ぺるそね」についての詳細はここを「ぺるそねとは」。無料の体験版ユーザーもあります。(ただし機能制限があって、ここで紹介したものと同じ内容が体験版ユーザーで見れるわけではないことは予めご承知おきを。)

iPhone4Sで撮った南大沢にある三井アウトレットパーク多摩南大沢。
iPhone写真南大沢-2
さきほどの購買行動指標にもあったように私もKシリーズユーザーらしく、ファンションブランドにはあまり興味はない。
iPhone写真南大沢-3
でもここにはmont-bellやColumbiaなどのようなアウトドア・スポーツ系ブランドもあるので、先日の表参道ヒルズのようにまったく関係ない世界ではなく何度か訪れている。

今回は「ぺるそね」の「ターゲットを知る」機能をご紹介したが、他にも「ブランドを知る」「マーケットを知る」という機能もあるので、これからもカメラ・写真やデジタル家電のユーザーを中心に「ぺるそね」をしていくつもり。

それは楽しい消費者分析「ぺるそね」についての詳細は、ここ「ぺるそねとは」。サービスを提供している株式会社コプロシステムについてはここ「コプロシステム」

(撮影 2011年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ