雨が降りそうなどんよりとした曇りの日、昭和記念公園にタイサンボクを見に行った

タイサンボク(泰山木、大山木)はモクレン科。北米中南部原産でアメリカ合衆国南部を象徴する花木だそうだ。
昭和記念公園201106-10
はじめて見るタイサンボク、大きな木に大きな花が咲いている。
昭和記念公園201106-2
花も葉もすべてが大きい。芳香があるそうだが、高い木の上の方なので匂いもしないし、大きさもこの写真ではよくわからないかも
昭和記念公園201106-11
これはつぼみかな。この姿を見ると確かにモクレンの仲間だとわかる。

ここは花木園菖蒲田。ハナショウブ(花菖蒲)が見頃。
昭和記念公園201106-1
入れ替わり立ち替わりたくさんの人が訪れている。
昭和記念公園201106-5
なんか白い花が目立つような・・・
昭和記念公園201106-4
この色が花菖蒲の典型的な色かな。花びらの付け根に黄色い斑紋があるのがハナショウブの特徴。
昭和記念公園201106-9
この薄い水色が浴衣のイメージで夏らしい、いい色だ。
昭和記念公園201106-6
ちゃんと名前が書かれた立て札がある。これは「源氏蛍」とあるが、ネットで確認すると「源氏蛍」はこんな青紫色の花ではなく、明るい紫に白い絞りの花のようなので、実はこの立て札の右側に咲いている花(写っていない)だったようだ。
昭和記念公園201106-3
花と立て札が離れていてなかなか一緒に撮れない。
昭和記念公園201106-7
せっかく撮った「利根川」だけど、「利根川」も真っ白な花ではないようなので、これも撮り間違い
昭和記念公園201106-8
この菖蒲田、どう撮ってもみんな同じような写真に見えてしまう。まだまだ未熟

菖蒲田そばのアナベルはまだ薄緑。
昭和記念公園201106-14
アナベルが真っ白になると輝いてすごくきれいになる

昼はこの渓流広場レストランで。
昭和記念公園201106-13
薬膳カレーと多摩黒やきそば。
昭和記念公園201106-12
器にはまったく雰囲気がないけど味は美味しい。特に多摩黒やきそばは麵がモチモチ

最後に元気が出るオレンジ色の花、マリーゴールド。
昭和記念公園201106-14
曇り空で照りつける日差しもなく、ちょっと涼しい風が吹いていた。雨に降られなかったこともあって梅雨時に、なかなか快適な散歩ができた

昭和記念公園(Vol.36)
(撮影 2011年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ