5月というのに真夏のような暑さの昭和記念公園。
みんなの原っぱでは、みんな中央の大ケヤキの木陰に集まっている。
昭和記念公園201105-15
この原っぱ西花畑には約5,800平方メートルに30万本のアイスランドポピーが植えられている。
昭和記念公園201105-12
アイスランドポピーはケシ科でシベリアヒナゲシとも呼ばれ、涼しい気候のところに自生しているので暑さに弱い植物。
昭和記念公園201105-13
花色はこのあとに紹介する花の丘で咲いているシャーレーポピーよりも鮮やかで、赤色、桃色、黄色、橙色、白色がある。
昭和記念公園201105-14
でも、もう終わりかけ、ちょっと時期が遅かったね

今回のメイン、花の丘に向かうとこんな感じ・・・ではなくこれは今年1月の準備をしている時の様子。
昭和記念公園201105-2
これがいまは、こんなきれいな花の丘になっている
昭和記念公園201105-3
丘一面のシャーレーポピー。約11,000平方メートルに180万本栽培されているそうだ。
昭和記念公園201105-10
シャーレーポピーはケシ科でヒナゲシやグビジンソウ(虞美人草)と呼ばれるそうだ。
あ、そうなんだ、最初の方のアイスランドポピーがヒナゲシかと思っていた。
ほかにはフランスではコクリコ、スペインではアマポーラなどと呼ばれる
昭和記念公園201105-11

一面に咲いているのも見事だけど一つ一つの花もしっかりきれい。
昭和記念公園201105-5
八重があったり一重だったり。花の色は桃色、赤色、白色が多い。
昭和記念公園201105-8
表面に毛が生えているつぼみは最初は下向きだが咲くときは上を向く。
昭和記念公園201105-6
この花のやさしい色がよかった。

昭和記念公園では、この「花の丘」で年に2回、春に真っ赤なポピー、秋にはカラフルなコスモスを咲かせるように整備しているそうだ。
昭和記念公園201105-4
昭和記念公園の秋のコスモスは以前からすごく有名。知名度の違いなのかコスモスの時よりも人出は少ないような気がする。
昭和記念公園201105-1
上は昨年秋のコスモスの時の写真。どうでもいいけどなんか青っぽい写真になっている
昭和記念公園201105-7
ちなみにこれら園芸用のケシからは「アヘン」はとれない。

この日は2万歩ほど歩いた
来月の人間ドックに向けていい運動になったんだけど、あまりに暑かったのでカレーが食べたくなった。
昭和記念公園201105-16
誘惑に負けて昼に近所のカレー屋でカレーと生ビールを飲んでしまった
あまりストイックになってもいけないしね。いつストイックになっているんだ?という声もあるけどさ


昭和記念公園(Vol.33)
(撮影 2011年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ