沖縄石垣島の1日目は川平湾、2日目は白保サンゴ礁シュノーケリング、そして3日目は西表島。石垣島離島ターミナルから所要時間40分の西表島上原港に渡った

この高速船サザンクロス5号、見かけは普通の船だけどすごいパワーで突進する。調べてみると航海速力40ノット(時速にすると74km/h)、これはかなり速い。
たとえば普通のフェリーなどは20〜25ノット(時速37〜46km/h)程度、佐渡島など運行されている水中翼船の進化型ジェットフォイールが45ノット(時速83km/h)なのでそれに匹敵する速さ。
西表島バラス島201008-12
30年前は確か2時間前後かかったのがこの船では40分。その頃はホバークラフトも運行されていて30分程度だったと思う。もちろん私はホバークラフトに乗ったけどね

船に乗っているというより、どこかのテーマパークの嵐の中のアトラクションって感じで、写真や動画を撮って楽しんでいた
西表島バラス島201008-14
船酔いしている場合ではないよっていうぐらいのすごい揺れ。最近各地で高速船が運行されているらしいけど、高速船ってこんなにすごい勢いで走るなんて知らなかった。

上原港でこの日ツアーでお世話になるモンスーンの船に乗り換える。ほのぼのとした遊漁船って感じ。後ろに小さく見えるのが折り返し石垣島に向けて出航したサザンクロス5号。
西表島バラス島201008-11
午前中はこの船に乗って2カ所でシュノーケリング、お昼ご飯を食べたあと、午後はカヌーを漕いでピナイサーラの滝までトレッキングのまる1日の満喫ツアー。

まず1カ所目、上原港から10分ほどでバラス島に到着。
西表島バラス島201008-5
バラス島はサンゴのかけらが海流の影響でこの場所に堆積してできた小さな島。
西表島バラス島201008-13
フィンなどを持って上陸。この島は年々少しずつ大きくなっているそうだ。
西表島バラス島201008-9
サンゴのかけらが真っ白で回りの海の青とのコントラストがとってもきれいな無人島、ここに渡れただけで満足って感じ
西表島バラス島201008-8
ここはサンゴ礁の内側とは違うので、すぐに深くなる。
水の中から沖の方を見るとすぐの深くなるので色が違う
西表島バラス島201008-6
小魚がたくさん泳いでた。
ここのサンゴもまたきれいだった。
西表島バラス島201008-7

次はバラス島から5分ほどの地点。西表島の浜から泳いで来れるぐらいの場所。
西表島バラス島201008-1
ここはテーブルサンゴがきれいな場所だった。
西表島バラス島201008-2

そしてこのポイントはウミガメに会える確率が高いとっておきの場所。自然が相手なので絶対に会えるわけではないと聞いていたが、ラッキーなことにウミガメがいた
西表島バラス島201008-4
防水コンデジ(PENTAX OptioW60)で水中を泳ぐウミガメがよく撮れたなぁって思う。
西表島バラス島201008-3
たまたま空気を吸いに浮き上がってきたタイミングらしく、このあとは一気に深い場所に逃げて行った

このあとツアーを企画しているモンスーンのお店というか宿の前で、昼食のおにぎり弁当を食べてゆっくり休憩。午前中の疲れが回復したところで午後のカヌー&トレッキングに向かった

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ