この時期の新宿御苑はやはり紅葉がメインであまり花が咲いていない
園内MAPを見るとフランス式整形庭園にバラ花壇があるようなので行ってみた。実は菊花壇展をやっていたんだけど、菊は高幡不動尊でお腹いっぱい見ているからね

「ゴールドマリー84 ドイツ1984年作出」←ここにはちゃんと名前が書かれた看板がある、ありがたや
新宿御苑の秋2-7ゴールドマリー84
このバラは赤味がかった濃い黄色なんだけど、この夕陽だとちょっとわからないねそういえば、いきなり夕陽の写真からはじめなくてもいいのに

「ゴールドマリー84」があるんだから単なる「ゴールドマリー」もあるんだろうけど、こういう後ろに年号がある名前を見ると「あ〜ちち、あ〜ちぃ」という郷ひろみの歌が聞えてくる。それって「ゴールドフィンガー99」・・・最初の「ゴ」しかあってない

「ラバグルート(ラバグルト)ドイツ1987年作出」今回一番のお気に入り
新宿御苑の秋2-4ラバグルート
新宿御苑の秋2-3ラバグルート
このバラはビロードのような濃い紅色がすごくいい。名前の「ラバグルート」とは燃える溶岩の火という意味だそうだ。すごいバラだね

「ジーナロロブリジーダ フランス1990年作出」
新宿御苑の秋2-2ジーナロロブリジーダ
美しいイタリアの女優の名前が由来。知らない名前だなぁと思ったら、それもそのはず1950〜1960年代に活躍したそうだ。でも1990年に、しかもフランスで作出、ん?・・・美しければ許されるんだよね

「リリーマルリーン(リリーマルレーン)ドイツ1956年作出」
新宿御苑の秋2-6リリーマルリーン
バラにしては花びらが短くてなんだかかわいい。しかし色は情熱的このバラの名前を見てリリーマルレーンの曲が頭に流れた方、誰が歌ってました?梓みちよ?加藤登紀子?いえいえ、やはりマレーネ・ディートリッヒだよね。それも針の音がパチパチいう78回転のSP盤レコードで聞こえてくる感じ

またまた脱線してしまった・・・しかも動画付き

「ゴールドバニー(ゴールドバッジ)フランス1978年作出」
新宿御苑の秋2-5ゴールドバニー
ちょっと濃い目の黄色い花がバラ花壇の中で一際目立った。蕾もいかにもバラの蕾って感じの形だ

きれいなバラの花が続いたので、ちょっと目の休憩。園内の木についた苔をアップで
新宿御苑の秋2-9
ここまでは単焦点レンズ(DA35mmF2.8Macro Limited)で撮った写真。実はズームレンズ以外で写真を撮ったのは「写るんです」を除いて初めて。ズームできないから自分で動くというのもなかなか新鮮な体験

「フェローシップ オランダ1980年作出」
新宿御苑の秋2-10フェローシップ2
ピンクや黄色が少し混じったオレンジ。なんだかいい感じの色なんだけど、この日はずっとこっちを向いてくれなかった。ちょっと機嫌が悪かったのかな

「プリンセスアイコ 日本2002年作出」
新宿御苑の秋2-11プリンセスアイコ
新宿御苑の秋2-11プリンセスアイコ2
名前の通り、愛子内親王殿下のご誕生を祝して名付けられたバラ。光の当たり具合でちょっと色が違うけど、ピンク色がすごく上品でかわいい感じ。

私の散歩道にバラはないので、バラの花をこんなにしっかり撮ったのは初めて。どんな感じに撮っていいのかわからなかったけどまあなんとなくバラの写真になったかな

このベンチでは初老の紳士がバラを眺めながらゆっくり読書 なんてね。あ、また妄想が
新宿御苑の秋2-8
実はこのベンチからバラ苑は見えない・・・
最後の写真はまた単焦点レンズ。このレンズいいなぁ・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ