高幡不動尊の木瓜-2
ボケが輝くってなんだい・・・って感じのタイトル

紅白でとってもきれいな木瓜の花
実が瓜に似ていることから、木になる瓜で「木瓜(もけ)」と言われたのがボケになったというが、ちょっとあんまりのような・・・特に関西出身の私には

高幡不動尊の大日堂前にある木瓜。この日は青空が広がるとってもいい天気だったので、春の日射しを浴びてひかり輝いて見えた
高幡不動尊の木瓜-1高幡不動尊の木瓜-4

ちなみに学名は「speciosa」、これは美しい、華やかが語源だそうだ
なんだか学名の方がこの花にはぴったりする感じ
高幡不動尊の木瓜-3
上写真は少し前、蕾の時を撮ったときとよく似た位置、その時の写真はこちら
ちゃんと蕾と同じ色の花が咲いた

背景に燈籠を入れて、ちょっと逆光気味で撮ってみると、とってもきれい
高幡不動尊の木瓜-6

木瓜の花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」
花言葉もすごくいい言葉が並んでいるけど、最後の「平凡」っていうのは、どういう意味なんだろうか・・・
高幡不動尊の木瓜-5
この光り輝く花の姿は「先駆者」「妖精の輝き」がピッタリする

皆さんのところへの訪問があまりできていません、申し訳ありません

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ