桜の時期の前、まだ枯れ木が多いこの時期の高幡不動尊の山内で、一際目立つ黄色の花が咲く木がある

木のそばにある看板には樹齢約200年とある、かなり大きな「さんしゅゆ」の木。天然記念物
さんしゅゆ-6さんしゅゆ-2
その場で見上げると黄金色に輝く花が見える。このサンシュユは別名「春黄金花(はるこがねばな)」と呼ばれるが、この光景を見ると納得する

少し離れたところから撮ってみた、サンシュユは葉の出る前に黄色の小さな花をたくさんつけるので、ソメイヨシノのように花がすごく良く目立つ
さんしゅゆ-3

さんしゅゆ-1

高幡不動尊のこの木は大きすぎて、花をよく見ることができなかったが、百草園のサンシュユの木は小さめで花が良く見れた
さんしゅゆ-4
花をよく見ると、ちょっと変わった形の小花が集まっている

百草園のサンシュユの木の左奥に赤い花がたくさん、椿にしては葉が少ない、行ってみると木瓜の花だった
さんしゅゆ-5ボケ-1
木瓜の花って赤、白、ピンクがあってなかなかきれい、梅や桜と同じでバラ科なので、結構しっかりとしたトゲがある

下写真は高幡不動尊の大日堂前の木瓜、この木はまだ蕾が多いけど、いったい何色の花が咲くんだろうか
ボケ-3

ボケ-2
これは高幡不動尊の奥殿横の木瓜、この木はもうしっかり咲いていた、しっかりトゲが見えている、触ると痛いよ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ