ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園 日本庭園の様子

昭和記念公園201809
昭和記念公園の日本庭園。ここに来たのは6月の終わりに、清掃のため水がない池を見に来た時以来となる。

夏はあまり見るものが少ないけど、そろそろ秋らしいものを見ることができそうなので来てみた。
昭和記念公園201809

ちょっとだけ色づいているカエデがあるけど、やはりまだ早い。
昭和記念公園201809
昭和記念公園の日本庭園の紅葉は例年10月下旬から。
昭和記念公園201809
紅葉の時期にはこの清池軒の回りも色づいてくれる。

秋らしいと言えば、このコムラサキ(小紫)、クマツヅラ科の紫色の実。
昭和記念公園201809

こちらはシロシキブ(白式部)、クマツヅラ科の白い実。シロシキブはコムラサキの実が白い品種。
昭和記念公園201809
コムラサキの実が白い品種。
昭和記念公園201809
ムラサキシキブの実が白い品種がシロシキブで、コムラサキの実が白い品種は白実のコムラサキと呼ぶこともあるそうだ。

これはシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。高幡不動尊で見るシュウメイギクは白い花だけど、ここは濃いピンク色。
昭和記念公園201809
この濃いピンク色の秋明菊は京都の貴船地方に多いことから貴船菊とも呼ばれるそうだ。
昭和記念公園201809
ここの花は近くで咲いてくれない・・・

橋の上から対岸みた清池軒。
昭和記念公園201809
下は2017年10月終わりに撮った写真。きちんと色づくとやはりきれい。
昭和記念公園201710
次にここに来るときは紅葉の時期かな。

昭和記念公園(Vol.293)
(撮影 2018年9月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

2018年 秋の風景

2018年秋
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2018.09 東京都日野市

2018年秋
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2018.09 東京都日野市

2018年秋
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2018.09 東京都日野市

2018年秋
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.09  東京都日野市

お彼岸にはまだ少し早いけど、今年も近所の田んぼで彼岸花が咲いた。

田んぼの稲穂と彼岸花は秋を感じる風景を作るね。

(撮影 2018年9月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(09/09) 徐々に秋の花

高幡不動尊201809
東京多摩地区に暑さが戻ってきた先週末。でも真夏の頃よりも日差しが傾きつつあるから輝くススキを見ることができるようになってきた。

また暑くなったためか高幡不動尊の境内は人が少ない。
高幡不動尊201809

大日堂前では夏の花のヒオウギ、アヤメ科がまだきれいに咲いている。
高幡不動尊201809
それでも花が終わった部分が緑色の実に変わりつつある。

弁天池では、秋の花の秋明菊(シュウメイギク)、キンポウゲ科がたくさん咲き始めた。
高幡不動尊201809
後ろ向きの花が多いのはなぜだろう、ひまりか・・・(笑)
高幡不動尊201809


高幡不動尊201809
高幡不動尊のホームページを見ると彼岸花の植栽地では、中国産の彼岸花の見頃が過ぎて、国産の彼岸花が順調に発芽しているとのこと。
高幡不動尊201809
これが国産の彼岸花だね。
高幡不動尊201809

山の中でも咲く寸前の彼岸花がたくさん。
高幡不動尊201809
次の週末が楽しみだ。

いつも見ている宝輪閣前のコムラサキの実は白色から薄紫色、そして明るい紫色に変わってきている。
高幡不動尊201809
しっかり秋になるまでは昭和記念公園に比べて地味な記事になるなぁ(汗)

今週の高幡不動Vol.499
(撮影 2018年9月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 カナールのイチョウ並木

昭和記念公園201809
昭和記念公園の立川口にあるカナール(水路)。この日はまた30℃超えの暑さが戻ってきて夏の空復活。

カナールの両側にイチョウ並木があって、一番奥に大噴水がある。最初の写真は噴水からこちら側を撮ったところ。
昭和記念公園201809
200mのイチョウ並木がカナールの両側に2本ずつで計4本。

昭和記念公園201809
イチョウには初夏の頃から銀杏がなっているけど、イチョウ並木の色づきが楽しめるのは11月の半ば頃。
昭和記念公園201809
先月までは黄緑色だった銀杏の色が変わって来た。
昭和記念公園201809
実りの秋に向けて準備完了って感じもする。

台風などの強い風で落ちてしまった銀杏がかなりある。
昭和記念公園201809
まだしっかり熟していないためか、まだあの独特な香りはほとんどしない。

昭和記念公園(Vol.292)
(撮影 2018年9月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 ケイトウが見頃

昭和記念公園201809
昭和記念公園もみじ橋近くの丘で咲いているケイトウ。
昭和記念公園201809
8月中旬に来たときは見頃はじめだったが、今回はしっかり見頃。
昭和記念公園201809
8月の時(=ここ)に比べてかなり花数も増え、1つ1つの花が大きくなっているのがわかる。

昭和記念公園201809
奥のパンパスグラスがをみると強い風が吹いているのがわかる。
さらに下写真の葉を見ると少し濡れているが、たまたま強風が吹いて小雨が降った。
昭和記念公園201809

昭和記念公園201809
赤や黄やオレンジそして赤紫とピンク、色々な色の花がある。
昭和記念公園201809
以前来たときは槍のようにとがっているタイプの花ばかりだったけど、今回はニワトリのとさかっぽい花も見ることができた。
昭和記念公園201809
良く見ると変わった花、そもそもどこが花びらなのか全然わからない(笑)
昭和記念公園201809
この毛糸っぽい感じから、子供の頃、この花はケイトウではなくケイトかと思っていた。
昭和記念公園201809

昭和記念公園201809


昭和記念公園(Vol.291)
(撮影 2018年9月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

レモン色の思い出

昭和記念公園201809
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2018.09  昭和記念公園

キバナコスモス、レモン・ブライトが咲くお花畑にて


(撮影 2018年9月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


京王百草園 実りの秋一歩手前か

実がなっているとついつい秋を期待してしまう9月の京王百草園。これはヤブツバキの実。
京王百草園201809
猛暑がちょっとおさまっただけで、いきなり秋になるはずはないんだけどね。

これはザクロ、ミソハギ科。実の奥の方のオレンジ色は花、実がなっているのにまだ花が咲いている。
京王百草園201809

これはコムラサキ、クマツヅラ科。よく似たムラサキシキブより背丈が小ぶりで実も小さいけど、密集しているので、見ばえがする。
京王百草園201809
ムラサキ色になっている実とまだ緑色の実が混在している状態。
京王百草園201809

これはヤブミョウガ、ツユクサ科の実。まだ白いけど、そのうち青から濃青色に熟していく。
京王百草園201809

これはヤブラン(薮蘭)、キジカクシ科。
京王百草園201809
ヤブランは草むらで生えているイメージがあるのに、これはヤブランが単体で生えていてちょっと珍しかった。
京王百草園201809
これはヤブランの花。ムラサキ色の蕾と花びら、そこに黄色いシベが良く目立つ。

京王百草園201809
これはツルボ(蔓簿)、ユリ科。

京王百草園201809
そして秋の味覚、キノコ。でもこれが何キノコで有毒なのか無毒なのか全然わからない(笑)

京王百草園201809
茶室の瓦屋根とモミジ。紅葉の時期にはいい撮影ポイントになる。下写真は2017年11月に撮ったもの。
京王百草園201711
次に京王百草園に来るのはこの紅葉の時期かな。


ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち