ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

屋久島 白谷雲水峡

花が少ない時期なので、前回に引き続き昨年10月に行った屋久島旅行から。

屋久島に渡って最初に訪れた永田いなか浜の次は白谷雲水峡に向かった。
バスは海岸線からどんどんと山道を登っていく。
屋久島201810
写真を見てわかるがとてもいい天気。「1ヶ月に35日雨が降る」とも言われている屋久島に3日間滞在したけど、1粒の雨どころか曇ることもほとんどなかったが、実はこれが白谷雲水峡ではちょっと裏目に出た。

白谷雲水峡の入り口は標高約600m。高尾山(標高599m)とほぼ同じ高さ。海抜0mから一気に高尾山頂上までバスが登ったことになる。
屋久島201810
このツアーでは、一番短いトレッキングコースをネイチャーガイドと2時間ほど歩いた。
花崗岩の上や整備された木道や橋など歩きやすい登山道。
屋久島201810

「飛竜落とし」と呼ばれる50mほどの滝の上の方。
屋久島201810
下写真が全体。
屋久島201810
屋久島ではこのあとの行程でいくつも滝を見ることになる。

ここ白谷雲水峡が人気なのはジブリ映画「もののけ姫」の舞台のモデルとなった場所として知られているから。
屋久島201810
水源の森百選に選定されている宮之浦川支流の白谷川沿いを登る山道。
屋久島201810

これは二代杉。屋久島と言えば屋久杉。縄文杉や紀元杉などが有名だけど杉の話はまた別記事で。
屋久島201810
二代杉の説明は下の案内板で(笑)。
屋久島201810
この二代杉は樹高32m、胸高周囲4.4m、標高730m。有名な紀元杉は周囲8m、縄文杉が16mなので屋久島の杉としてはそれほど目立って太い杉ではないのだろう。
屋久島201810
それよりも、この写真を撮ったのが14時30分。海抜0mの永田いなか浜の写真を撮ったのが11時30分なので昼食を含めて3時間ほどの間に、それほど意識することなく標高差730mを移動して来たことになる。
この標高差が洋上のアルプスとも呼ばれる屋久島の面白いところで、当然だけど気温差もあるので、服装に気をつけなければならない。実はこの翌日の行程ではもっと標高差のある移動がある。

屋久島201810
白谷雲水峡の見所は苔が作り出す神秘的な風景がある。しかし同行したネイチャーガイドによると、ここ数日雨が降っていないため、苔が乾いてしまって本来の苔むす雰囲気が半減しているとのこと。
屋久島201810
雨の中のトレッキングは嫌だけど、このいい天気が裏目に出たのはちょっと残念。

もののけ姫の舞台のモデルとなった「もののけの森(苔むす森)」は、ここからさらに1時間以上登った奥だけど、我々のコースはそこまでは行かない入門コース・・・。
屋久島201810

一面緑色の中で唯一と言える赤色がこのマムシグサの実。
屋久島201810
この赤色がちょっと目の保養になった気分(笑)。
翌日の旅の行程は「縄文杉紀元杉」を見に行くことになっているがそれはまた別の記事で。

(撮影 2018年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

屋久島 永田いなか浜

散歩道の花がネタ切れになる季節なので、出しそびれていた2018年10月末の屋久島旅行から。

ここは永田いなか浜。花崗岩が砕けたきれいな砂からできた浜が1Kmに渡って続く。
屋久島201810
約10Km沖に見えるのは口永良部島。ちょうど今日(2019.01.17)、この口永良部島の新岳が噴火したニュースがあったが、この日も少し噴煙が上がっていた。
屋久島201810
波が強く砕けているが、この浜に限らず屋久島には遠浅の浜はあまりなく、すぐに深くなる浜が多いそうだ。

この遠くに見えるのは硫黄島(薩摩硫黄島)。伊豆諸島の硫黄島と違ってこの島は110人ほどが住んでいるそうだ。ちなみに口永良部島の住民は130人ほど。
屋久島201810
すごく海が碧い。

この浜は日本一のウミガメの産卵地でラムサール条約にも登録されていることがウリ。
屋久島201810
ウミガメが産卵のために上陸するのは夏なのでこの日は何も見ることができなかったけど・・・
屋久島201810

永田いなか浜は屋久島の西側(赤いピンの場所)、正面に口永良部島が見えるのがわかる。
屋久島201810
(GoogleMapより)

この屋久島旅行は3泊4日のツアー旅行で、前日は羽田空港から鹿児島空港まで飛んで、バスで指宿温泉で移動して1泊。永田いなか浜に行ったこの日は行程2日目。
屋久島201810
指宿温泉は昭和のハネムーンブームの頃、東洋のハワイと呼ばれただけあって宿の窓から見た雰囲気はなかなかいい。
屋久島201810

指宿港の待合室。質素だった(笑)。
屋久島201810

指宿港からこの高速船(トッピー2)で屋久島の宮之浦港まで1時間15分。永田いなか浜までは宮之浦港からバスで約30分の距離。
屋久島201810
この高速船はいわゆるジェットフォイルと呼ばれるタイプの船。ガスタービンエンジンで駆動されるウォータージェットポンプで海水を噴射させることで船体を海面から浮上させて走る。
屋久島201810
でも全席指定で航行中は原則着席でシートベルト着用という飛行機のような乗り方なので、普通の船旅のようにゆっくり航海を楽しんでいられない。
43ノット(時速約80km)で疾走する姿はすごくかっこいい。乗るよりも見る乗り物だね。
トッピー2
(種子屋久高速船株式会社のホームページより)

(撮影 2018年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

今週の高幡不動尊(01/13) 見晴台からの眺め

高幡不動尊201901
3連休の初日は初雪が舞ったあと雨が降ったが2日目はいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内はまだ初詣の雰囲気が残っている。
高幡不動尊201901

高幡不動尊201901
先週末よりは少し露店が減った感じもするけど、参拝の人はまだ多い。
高幡不動尊201901

1月28日のだるま市のときは、だるまを売る露店が一気に増える。
高幡不動尊201901
昨年の漢字は「災」。平成最後の漢字なのに「災害」「災難」「天災」「震災」などあまりいい言葉に使われない漢字「災」。そんな「災」だけど、この金のだるまに書かれている「無病息災」は病気をせず健康なことといういい言葉。

高幡不動尊の高幡山(高幡城跡)にある見晴台からの眺め。
高幡不動尊201901
星印は立川駅北口にある地上32階建てのプラウドタワー立川。ここは以前第一デパートがあった場所。
高幡不動尊201901
星印は京王線高幡不動駅の駅ビル。その上の方に横切っているのは多摩都市モノレール。
高幡不動尊201901
モノレールが走っている姿。奥の星印は中央自動車道の多摩川を渡る橋。

この時期は遠くまでよく見える。
高幡不動尊201901
星印が東京スカイツリー、ハートが新宿の東京都庁舎。
手前は府中四谷橋で星印が手間にビルが建って頭だけしか見えなくなった東京タワー。
高幡不動尊201901
この見晴台の反対側には富士山が見える場所があるんだけど、残念なことに、この日富士山は雲に隠れていて見ることができなかった。

花が少ない時期、最初の写真は境内で咲いていたクサボケ(草木瓜)、バラ科の花。そしてこれはロウバイ、ロウバイ科。
高幡不動尊201901
本物の梅の蕾はまだ固い。
高幡不動尊201901
これは紅白咲き分ける思いのままという梅。3月には下写真のような花を咲かせる(2018年3月撮影)。
高幡不動尊201803
このきれいな姿を見るには、まだしばらく我慢が必要だ。

今週の高幡不動Vol.515
(撮影 2019年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

昭和記念公園 スノードロップ

お正月明けの昭和記念公園。年末のイルミネーションの設備やモロモロが残っている。
昭和記念公園201901
ふれあい広場に設置されたテントはこの日も中でくつろぐことができるようになっていた。
昭和記念公園201901
これはイルミネーションの森の跡・・・(笑)。

京王百草園の日本水仙は見頃だったけど、ここの日本水仙はまだ咲き始め。
昭和記念公園201901
日本水仙の別名は雪中花。ここが雪の中になるとすれば、例年春間近の2月から3月の初めだね。
昭和記念公園201901
ここは3月ぐらいまで日本水仙で7月は夏水仙、そして9月は彼岸花が咲く場所。土の中はこの3種が混じり合っているのかと思ったけど、よく見るとちゃんと咲くエリアを分けているようだ。

こちらは昨年から咲き始めているスノードロップ、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201901
スノードロップの別名は待雪草。
昭和記念公園201901
スノードロップの特徴は白い花びらに緑色の逆さハートがアクセント。
昭和記念公園201901

これは観葉植物のハボタン(葉牡丹)、アブラナ科。葉が美しくその姿を牡丹の花に見立てた名前。
昭和記念公園201901
ハートの形はここの管理運営をしているボランティアの人のユーモア(笑)。

昭和記念公園(Vol.312)
(撮影 2019年1月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


昭和記念公園 蝋梅、白梅、紅梅

今年最初の昭和記念公園は桜が咲く頃の気温という暖かい日になった1月5日(土)。

立川口カナール前には毎年年始に大凧が飾られる。
昭和記念公園201901

カナール脇のイチョウ並木が冬景色を作り出している。
昭和記念公園201901
よく見ると落ち残った銀杏が残っている。
昭和記念公園201901
そしてまだ堅いが春を待つ若芽らしきものも見える。

日本庭園脇から花の丘に向かうところで咲くロウバイ、ロウバイ科。独特の甘い香りが漂う。
昭和記念公園201901
黒く見えるのは実。花と実が共存しているのが面白い。
昭和記念公園201901
これは花の内側まですべて黄色いのでソシンロウバイ(素心蝋梅)。
昭和記念公園201901
ソシンロウバイは逆光で見ると花びらの先が輝いて小さな電灯が灯っているようにも見える。
昭和記念公園201901

こちらは梅園。早咲きの白梅、ヤエヤバイ(八重野梅)、バラ科が少しだけだがすでに咲き始めている。
昭和記念公園201901

こちらも早咲きの紅梅、エンオウ(鴛鴦)。
昭和記念公園201901
この梅はかなりたくさん咲いている。
昭和記念公園201901
もうすぐ春だね。と言いたい光景だけど、まだ本格的な寒さはこれから・・・

昭和記念公園(Vol.311)
(撮影 2019年1月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(01/04) 正月の境内の様子

高幡不動尊201901
年末年始は晴天が続いた東京多摩地区。この時期は河川敷の散歩道から富士山がよく見える。

高幡不動尊の境内は初詣の人で埋まっていたが、この日は三が日が終わった4日の昼だったので混雑も一段落していて身動きがとれないほどではない。
高幡不動尊201901
この時期は不動堂正面の階段は閉鎖され右側の「昇り口」と書かれたところの特設スロープからあがって、お参りをして反対側に作られた特設スロープで降りる。

五重塔横の階段上から見た境内は所狭しと露店が並んでいる。
高幡不動尊201901

高幡不動尊の初詣と言えばこの厄除の炎うちわ。
高幡不動尊201901

縁起物のだるま。だるま市が初不動の日(1月28日)に開催される。
高幡不動尊201901

大晦日に見た時は7個あった冷凍タコの塊が3個弱に減っている。
高幡不動尊201901

チョコバナナはカラフルで絵になるのでつい撮ってしまう。
高幡不動尊201901
撮っていて今年はちょっと変わったチョコバナナを見つけた。コアラのマーチ付き(笑)
高幡不動尊201901

リアル金魚すくい?
高幡不動尊201901
目玉が目立つ作り物の金魚がたくさん浮かんでいる、これをお玉ですくうらしい。わけがわからない・・・
高幡不動尊201901

これはじゃがバターとなっていたんだけど、じゃがバターってセイロのようなもので蒸した熱々のじゃがいもに割れ目を入れてそこにバターをのっけるものだと思っていたけど、これは鉄板で焼いたじゃがいも。
高幡不動尊201901
手前にはタッパーに入ったバター(マーガリン?)らしきものがあるけどね。

高幡不動尊201901
縁起物の熊手を売っている露店。縁起物らしい色合い。
高幡不動尊201901

弁天池中央の島にある朱塗りのお堂に祀られている弁天様は日野七福神の1つになっている。
高幡不動尊201901

高幡不動尊201901
高幡不動尊境内で一番最初に咲く梅、弘法大師像前の紅梅が咲き始めていた。
まさに「冬来たりなば春遠からじ」だね、

今週の高幡不動Vol.514
(撮影 2019年1月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

あけましておめでとうございます 2019年元旦

2019年賀

平成最後のお正月。東京多摩地区は穏やかな年明けを迎えています。
今年も高幡不動尊仁王門の姿をそのまま年賀状にしました。

旧年中はアクセスしていただきまして、ありがとうございました。
今年も高幡不動尊・昭和記念公園・京王百草園の記事ばかりのブログですが、よろしくお願いします。

(2019年1月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!
一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






PVアクセスランキング にほんブログ村