ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

河津桜にメジロ

河津桜にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊
河津桜にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊
河津桜にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊

高幡不動尊の河津桜に蜜を吸いに来たメジロ。春になると必ず撮りたい光景が今年も撮れた。

下の1枚はしっかりと正面を見たメジロの証明写真のようだね。
  
河津桜にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊

ハイポーズ!


雌しべ

クロッカス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

クロッカスの雌しべ。花びらに影ができていました。


今週の高幡不動尊(03/05)  咲き分けの梅

3月に入ったこともあって春を感じる週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊の五重塔前で咲く、梅「思いのまま」。
高幡不動尊201703
ずっとこの梅には名前がかかれたプレートなどはなかったけど、
この日、こんな名札がつけられていた。
高幡不動尊201703
「思いのまま」という名前も捨てがたいけど、「咲き分けの梅」は
お不動さんらしい、いいネーミング。
高幡不動尊201703

高幡不動尊201703
  今年はあまりきれいに咲き分けられた花が見つからなかったけど。
高幡不動尊201703
 この梅の注目度がさらに上がったかもしれない。
高幡不動尊201703

交通安全祈願殿裏の河津桜はまさに満開。
高幡不動尊201703
先週の様子(ここ)と比べると、かなり花の密度が上がっている。
枝沿いに並んで咲く梅と違って、桜はかたまりになって咲く。
高幡不動尊201703
今年はまだここでメジロを見かけていない・・・

これは弁天池回りで見かけた、ふきのとう(蕗の薹)。フキ、キク科の花茎、
花茎は花が咲く茎。
高幡不動尊201703
そして、これも弁天池回りで見つけたつくし(土筆)。スギナ、トクサ科の胞子茎。
胞子茎は花が咲く植物の花茎と同じようなものなので、ふきのとうもつくしも
よく似たモノ。春の食べることができる野草というのも同じ。
高幡不動尊201703
ふきのとうは毎年見かけていたけど、つくしを見つけたのは初めて。

高幡不動尊がどんどん春になっていく。

今週の高幡不動Vol.432
(撮影 2017年3月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

椿落つ

落椿
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 東京都日野市

春が近づくにつれ、見かけることが多くなる光景。「落椿」は春の季語。

梅が咲いた、桜が咲いたというニュースが聞かれる時期だけど、ちょっと寂しい感じ。


今週の高幡不動尊(02/26)  河津桜が見頃

比較的穏やかな天気の週末になった東京多摩地区。
冬ほど寒くはないが、春というにはまだちょっと寒い感じの気温。

先週1〜2分咲きだった河津桜がもう見頃になっていた。早いね。
高幡不動尊201702
 
奥殿の横のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科もだんだんと咲き始めた。
高幡不動尊201702

 このミツマタの向かい側で咲いているのが、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201702
咲き始めて見頃になるまでかなり時間がかかったけど、見頃の状態も
長く続いている。

サンシュ、ミズキ科もかなり咲いてきた。
高幡不動尊201702
ちなみにこのサンシュの木は、日野市の天然記念物に指定されている。

穏やかな天気だったためか、お参りの人が多い。
高幡不動尊201702

 さて河津桜。場所は駐車場から見ると交通安全祈願殿の奥になる場所。
高幡不動尊201702
ちょうど五重塔が背景になる場所。
高幡不動尊201702
メジロを待っていたんだけど、この日はヒヨドリだった。
高幡不動尊201702


高幡不動尊201702
一生懸命、桜の蜜を吸っている。
高幡不動尊201702
くちばしの咲きが花粉で黄色くなっている。

高幡不動尊201702
やっぱり桜の花はいいなぁ。

高幡不動尊201702
玉こんにゃくが定位置についた。まだそれほど気温は高くないので稼ぎ時だ。

今週の高幡不動Vol.431
(撮影 2017年2月25,26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


 

大犬の陰嚢

オオイヌノフグリ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.02 東京都日野市

オオイヌノフグリ、ゴマノハグサ科又はオオバコ科。タイトルをあえて漢字にしてみたけれど結構ひどい名前。

オオイヌノフグリはイヌフグリという花を大きくしたような花だったため付けられた名前。
イヌフグリは実の形が犬のフグリに似ているから付けられた名前だそうだが、オオイヌノフグリの実は全然形が違うらしい。
なんだかそれって濡れ衣のような・・・(笑)

道端や空き地などに咲いていて、小さいけれどそれなりに存在感がある花。
毎年、この花の写真を撮っていると、春が来たんだなぁと感じて幸せな気分になる。


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ