ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園 そばの花畑

9月最後の土曜日(9/30)の昭和記念公園。

そばの花が見頃になっているということで、コスモス(ドワーフセンセーション)が咲く花の丘からさらに少し奥(砂川口方向)に行ってみた。
昭和記念公園201709
確かここは真夏にひまわり畑だったところ。いまは白色と赤色のそばの花が絨毯のように咲いている。
昭和記念公園201709

昭和記念公園201709
下の掲示板にあるように、そば(蕎麦)はタデ科で白い花が食用にする信州大そば、赤い花が修景用の高嶺ルビーNeoという品種。PhotoSpotまで書いてくれている。
昭和記念公園201709
修景(シュウケイ)って?字からなんとなく意味がわかるようなわからないようなコトバ。ネットで調べると「自然の美しさを損なわないように風景を整備すること」だそうだ。
確かに緑の山々に囲まれたところに、この赤いそばの花が一面に広がる風景はきれいだろう。この高嶺ルビーという品種はヒマラヤの高地で咲くそばを持ち帰り信州大とタカノ株式会社が共同で品種改良した品種だそうだ。
昭和記念公園201709
白い花と赤い花の境目あたり。混沌としている(笑)。

そばは好きでよく食べるけど、なかなか花を身近で見ることはない。
昭和記念公園201709
花の大きさは1cm未満、とにかく小さな花。赤い花だと分かり辛いけど、雄シベの先が赤くてかわいい。花びらに見えるのは花びらではなくガク(萼)なんだそうだ、違いがよくわからないけど。
昭和記念公園201709
穀物と言われる米や麦、トウモロコシはイネ科だけど、そばはタデ科。田んぼのあぜ道なんかでよくみかけるタデ(イヌタデ)と同じ仲間なのに、実から蕎麦ができるのは面白い。
白い花の信州大そばは、その名前の通り信州大学農学部の氏原氏が改良した大粒で多収穫の品種だそうだ。
昭和記念公園201709
アオスジアゲハが飛んでいた。あまり虫は飛んでいなかったけど、花の蜜が出るのだろうか。
昭和記念公園201709
この光景からあの蕎麦をイメージすることはどうしてもできない(笑)。
昭和記念公園201709
どのように撮ったらいいものか迷うけど、赤色と白色の境界あたりを入れた方が絵になる感じ。
昭和記念公園201709

背景がさみしい時の強い味方パークトレイン・・・というわけではないけど。
昭和記念公園201709
この日は絶好のお出かけ日和だったので、久しぶりに人が多い昭和記念公園だった。

昭和記念公園(Vol.236)
(撮影 2017年9月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(10/01)  秋明菊

9月から10月に移り変わりこの週末は秋らしい爽やかな晴れの日になった東京多摩地区。

高幡不動尊でも夏の花から秋の花へ衣替え。
高幡不動尊201710
一番象徴的なのは弁天池回りで咲くこのシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。

高幡不動尊201710
秋にキクに似た花を咲かせることでついた名前。でもキンポウゲ科、花の中心の雄シベ雌シベの部分が菊とはちょっと違う。
高幡不動尊201710
花は白色だけでなくピンク色の花もあるけど、高幡不動尊で咲いているのは残念ながら白色だけ。ピンク色は昭和記念公園などで見かけるが、別名キブネギク(貴船菊)と呼ばれ、京都の貴船でよく見られるためだそうだ。

これは奥殿横で咲く秋の七草の1つハギ(萩)、マメ科。草冠に秋と書く萩はまさに秋の花。
高幡不動尊201710
明るい紫色の萩と白花の白萩が並んで咲いている。
高幡不動尊201710
まさに秋の花なんだけど結構地味・・・

秋の到来を告げる香りを漂わせるキンモクセイ(金木犀)、モクセイ科。ちなみに春はジンチョウゲ(沈丁花)。
高幡不動尊201710
いい香りを漂わせる期間は割りと短くて1週間程度。花も結構早く落ちてしまう。

そしてツユクサ(露草)、ツユクサ科。今年はあまりこの花の写真が撮れなかった。
高幡不動尊201710

だんだんと色づいてきた、コムラサキ(小紫)、クマツヅラ科の実。色の変わり方がわかる枝を撮ってみた。
高幡不動尊201710
ホントいい色だよねぇ。

高幡不動尊201710
第47回菊まつりの案内看板。今年は10月28日(土)から11月17日(金)まで。
今年の菊の育ち具合はどうなんだろう、8月は雨ばかりだったからちょっと心配。

今週の高幡不動Vol.462
(撮影 2017年10月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 コスモスの様子(2017/9/30)

9月最後の日、爽やか散歩日和となった昭和記念公園。9月16日(土)から10月29日(日)までコスモスまつりが開催されている。

550万本のコスモスが花の丘、原っぱ東花畑、原っぱ西花畑の園内3ヶ所で開花リレーが楽しめる。
まずはすでに以前から見頃となっていた原っぱ東花畑の黄花秋桜(レモンブライト)
昭和記念公園201709
先日の台風で倒れた状態はかなり復活したものの、花は見頃を過ぎている。
昭和記念公園201709

次は、ホームページでは開花始めとなっている花の丘のドワーフ・センセーション。
昭和記念公園201709
遠くから見るとまだまだな感じだけど、近くに行くと割りと咲いている。
昭和記念公園201709

背景がすっきり青空だったらよかったんだけど、この時はちょっと雲が出ていていまひとつだった。
昭和記念公園201709

昭和記念公園201709
花はまばらだけど、パークトレインがいいアクセントになってくれている。
昭和記念公園201709

ドワーフは人間より背丈が低い伝説の種族の名前で、ドワーフセンセーションとは背が低いセンセーション。
昭和記念公園201709
センセーションというのはコスモスで一番よく見かける品種。
昭和記念公園201709
確かに普通にみかけるコスモスの花だね。

最後はみんなの広場西花畑。ここはイエロー系コスモス4品種、イエローキャンパス、クリムゾンキャンパス、オレンジキャンパス、イエローガーデンが咲く場所だけどまだ未開花。ところどころに違う品種のコスモスが・・・
昭和記念公園201709
ここのイエロー系コスモスが咲くのは10月下旬頃になるようだ。

昭和記念公園(Vol.235)
(撮影 2017年9月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

美瑛 青い池

北海道で日本一早い紅葉を見るツアー。紅葉ツアーなんだけど、このツアーで一番行きたかったのがこの美瑛の青い池。
青い池201709

青い池の魅力は池の水の色とこの立ち枯れの木。
青い池201709

訪れた時はきれいな青空だった。贅沢なことは言ってはいけないけど、晴れた日の日中だと水面に青空が写ってしまって水の色の青さが半減してしまう。
青い池201709
PLフィルタを持っていればいいけど、普通にこういう撮り方をするとダメだね。きれいな景色ではあるけど・・・

池の周辺はきちんと遊歩道が整備されているし、写真も撮りやすい。
青い池201709

池の水は青色というよりは青乳白色って感じ。
青い池201709
この池の水が青い理由は、駐車場の案内板に書いてある。
青い池201709
そして下の写真を見るとわかるように、この池ができた理由も書いてある。
青い池201709
護岸工事もちゃんとしてある。神秘的なイメージをもって青い池にくると興ざめする光景だけど、そもそも青い池は人が作り出したものだから(汗)
青い池201709

青い池に赤とんぼ。
青い池201709
秋らしい写真が撮れた。

欲を言えば、次は早朝か夕暮れ、そして雪が積もった時にまた訪れたい所。

(撮影 2017年9月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

北海道 銀泉台の紅葉

大雪山系の日本一早い紅葉を見るために北海道ツアーで行った銀泉台。

このバス停は使われているのかよくわからないけど、紅葉の時期はマイカー乗り入れ規制がされていて、シャトルバスで向かうことになっている。マイカーではないツアーバスは、シャトルバスの後ろについて向かうルールになっているらしい。
銀泉台201709
乗り入れ規制しているゲートから30分ほどで駐車場に到着。途中の林道は普通車がギリギリすれ違うことができる程度の道幅しかなく、ハイシーズンにはマイカー乗り入れ規制しないと大渋滞になりそう。

銀泉台の前知識がまったくなく、どんなところが全然わからなかったが、ガイドさんの話では駐車場から30分ぐらい登ったところまで行くときれいな紅葉が見えるらしい。
銀泉台201709
ということで歩き始めたが、駐車場から見た山の斜面がなにやら色づいている感じ。でもこれ結構遠いよね。
銀泉台201709
銀泉台では自由時間が1時間の予定だったのが、バスの到着が遅れて50分弱しかなかった。片道30分登ったら20分で降りて来なければならず時間的には結構きつい。

最初はこんな感じの散策道をだらだらと登る。単に散策するだけだったらいい感じだけど、先を急ぐのでゆっくり歩いてはいられない。
銀泉台201709
だいたい10分ぐらい歩いたら道幅が狭くなって、山登りの道になる。苦しい登り道、写真を撮っている余裕はない(汗)

視界が開けたところで写真を撮る。ちょっと早いのか遅いのかよくわからないけど、なかなかいい感じの紅葉を見ることができた。
銀泉台201709
その後もひたすら(ちょっと急ぎ足で)時間を気にしながら登り、タイムリミットになったところで撮ったのが下の写真。上の写真より少し登った感じはするが、遠くの山道を歩いている人がいるあたりまでは行きたかった・・・
銀泉台201709
いい天気の日にこの景色を見ることができたので、ここで引き返して下った。
銀泉台201709
この2泊3日のツアーのウリ文句は”紅葉を望む3つの絶景遊覧”で、その3つは、旭岳ロープーウェイと黒岳ロープーウェイと然別湖遊覧。しかし、このツアーで一番いい感じに紅葉を見ることができたのが、ツアー3日目の午前中に訪れたこの銀泉台だった(汗)

もうムダな情報だけど、この林道を登って銀泉台に行く途中にある23Kの看板があるあたりの右側の車窓から見上げた場所の紅葉がすごくきれい。ガイドさんもっと早く言ってほしかったなぁ・・・。

(撮影 2017年9月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

近所の彼岸花 秋の風景

近所の田んぼで咲く彼岸花。

このところずっと彼岸花ばかり撮っていて、お腹いっぱい感があるけれども・・・(汗)
近所の彼岸花2017
普通の田んぼの横で咲くここの彼岸花は毎年きれいに咲くので外せない。

近所の彼岸花2017
なぜここの彼岸花がこれだけきれいに咲くのかよくわからないけど、名所と呼ばれるところのようにきれいに咲く。

ちょうど頭を垂れた稲穂と一緒に撮れるのもいいところ。
近所の彼岸花2017
ピントを彼岸花に合わせたり稲穂に合わせたりといろいろ楽しめる。
近所の彼岸花2017
稲穂と彼岸花、日本の秋の風景。

かなり密集して咲いているのでこういう感じの写真も撮れる、なかなかいい場所だ。
近所の彼岸花2017


近所の彼岸花2017
全体的にはこんな感じ。密度は濃いけどそれほど広がっているわけではない。
近所の彼岸花2017

ちょうど散歩に出ていた空之介がそばを通りかかったので、名前を呼んだら気がついたようだ。近所の彼岸花2017
トリミングに連れて行く前日だったので毛がモフモフの空之介。

(撮影 2017年9月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 台風が過ぎた朝

夜中に台風18号が過ぎた18日(祝)の朝。台風一過の青空が広がって気温が30℃を超えた東京多摩地区。

空がすっきり。まさに台風一過の青空。
昭和記念公園201709
イチョウの木はまだ黄葉していないけど、台風の風がギンナンをたくさん落とした。
昭和記念公園201709
熟していない状態で落ちてしまったわけではない感じ。もうすぐ落ちるところだったのだろう。
昭和記念公園201709
一足早く、あの秋のニオイが漂っていた(笑)

ここは初春には日本水仙、初夏には夏水仙が咲く場所。
昭和記念公園201709
秋に咲く彼岸花が台風の風で倒れてしまっている。
昭和記念公園201709
そういえば、今回の台風は遠くを通過した割りには風が強く、夜中に窓に当たる雨の音がかなり気になった。
昭和記念公園201709

昭和記念公園201709
ここは白い花や黄色い花は咲いていない。そういえば、昭和記念公園では白い花の彼岸花はあまり見かけない。
昭和記念公園201709

こちらは、みんなの広場東花畑の、黄花秋桜(レモンブライト)。
昭和記念公園201709
遠目にはまだ見頃が続いているようにみえるけど、台風の風で倒れ、しかも傷んでしまった花も多い。
昭和記念公園201709
こんな状態のコスモスはどうやって撮ればいいんだろう(汗)

昭和記念公園に行く途中、浅川の河川敷から見た富士山。
2017_0918富士山
この日は台風が大気を入れ替えたのか、この時期にしては珍しく富士山がきれいに見えた。

昭和記念公園(Vol.234)
(撮影 2017年9月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ