ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園 アジサイロード

昭和記念公園のあじさいロードのようす。

1年を通じていろいろな花が咲く昭和記念公園、やはりこの時期はアジサイ。
昭和記念公園201806

園内のいろいろなところでアジサイは咲いているが、メインはこのあじさいロード。
昭和記念公園201806
マップがあるが梅のマップと違って品種の名前までは書かれていない。

散策路沿いにいろいろなアジサイが咲いている。
昭和記念公園201806

昭和記念公園はアナベルが多いような気がする。
昭和記念公園201806
ここはアジサイの珠きりなどはしないので、このままドライフラワーの原っぱになる。
昭和記念公園201806

昭和記念公園でも幾つかのアジサイには名札がつけられている。
昭和記念公園201806 ロートシュバンツ
これはガクアジサイのロートシュバンツ。いきなりカタカナの名前・・・
こちらはガクアジサイの恋路ヶ浜。名前の由来はわからないがおしゃれな名前。
昭和記念公園201806 恋路ヶ浜

山アジサイも咲いている。
昭和記念公園201806
山アジサイ紅に似ているけど、ガクの形がちょっと違うような気がする。

昭和記念公園201806
ガクが八重咲きだとなんかいい感じに見える。

このアナベルの小路は花木園菖蒲田の横。
昭和記念公園201806
以前アップした菖蒲田の下写真の右奥の方に小さく白いアナベルが見える。これが上の場所。
昭和記念公園201806

上のアナベルのすぐそばでは赤い色のアナベルが咲いていた。今年から栽培を始めたそうだ。
昭和記念公園201806

立川口カナールの大噴水。だんだんと空の雲も夏の雲になってきた。
昭和記念公園201806
暑い時期になると、こういう水の写真が撮りたくなる。冬には絶対撮らない風景だ(笑)

この日あけぼの口に特別な受付が出来ていて中高校生がすごくたくさん集まって、公園の中に入って行った。
昭和記念公園201806
すごい人数、ざっと見ても1000人以上の中高校生たちが、みんなの広場に集合してポカリスエットのCM撮影をしていた。
昭和記念公園201806
この日は東京で今年はじめての猛暑日となった日。ポカリスエットのCM撮影には最適な日だったのではないだろうか。

あとでネットで調べたら5000人の中高生がCM出演とギネス世界記録に挑戦する「ポカリガチダンスFES」というイベントだった。

昭和記念公園(Vol.272)
(撮影 2018年6月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 スカシユリ

猛暑日となった日(6月9日)の昭和記念公園の様子(前回の続き)。

夏の花、スカシユリ(透かし百合)、ユリ科が咲き始めている。
昭和記念公園201806
花びらがつながっておらず、少し間隔があることが名前の由来だそうだ。

黄色の花が色濃い感じ。蕾もたくさんあるからまだこれからしばらくは楽しめそう。
昭和記念公園201806
スカシユリはしっかり上向きに咲くから写真が撮りやすい。
昭和記念公園201806

この色のユリの花を見ると、なぜかリリーの缶詰を思い出す。白桃の缶詰の色合いが結構似ているからか(笑)
昭和記念公園201806

場所は西立川口から水鳥の池の方に向かう坂道(通称ぶらぶら坂)。
昭和記念公園201806
この場所のすぐ裏手に、カサブランカなどが咲くエリアがあるけど、カサブランカはもう少しあと。

こちらは場所が変わってハーブ園そばで咲いていたデイリリー(day‐lily)。1日だけ咲くことからついた名前。ユリ科、ワスレナグサ科、ゼンテイカ科など植物分類体系によりいろいろなのが面白い。
昭和記念公園201806
仲間にユウスゲ(キスゲ)、ノカンゾウ、ヤブカンゾウなどがある。カサブランカのようなオリエンタル・ハイブリッド系のユリのような豪華さはないけど、素朴な美しさを感じさせる花を咲かせる。

この花は名札にはコモンマロウ(ウスベニアオイ)と書かれていたけど、タチアオイではないだろうか?
昭和記念公園201806
背景の青い色は青い色のヤグルマギク。わからないけど。

モナルダ、シソ科。別名タイマツバナ(松明花)。
昭和記念公園201806
名札にはベルガモットと書かれていたがベルガモットで調べるとミカン科の柑橘類が出てくる。それはこのモナルダの葉の香りがベルガモットからできる油の香りと似ていることからついた名前だからだそうだ。
昭和記念公園201806
まあタイマツに見えないこともないかな(汗)

この日の花木園菖蒲田の様子。
昭和記念公園201806
しっかり花菖蒲が咲いて見頃から見頃過ぎという感じ。
昭和記念公園201806

昭和記念公園201806

この黄色いのは花菖蒲?花菖蒲には黄色系の花がないため、その代わりに黄菖蒲(キショウブ)が重宝されたらしいけど、この花は明らかに黄菖蒲とは花びらの黄色の濃さと大きさが違う(黄色が濃くてもっと大きい)。しかも黄菖蒲はもっと早い時期に咲く。
昭和記念公園201806
インターネットを検索して見ると「愛知の輝」「金冠」「金星」という品種が黄色ではなくクリーム黄色の花菖蒲があることを見つけた。このうちのどれかかもしれない。

昭和記念公園(Vol.271)
(撮影 2018年6月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(06/09)ガクアジサイ 金平糖

2018年6月9日、高幡不動尊のあじさいまつりの様子。

高幡不動尊ではたくさんの種類のアジサイを見ることができるが、かわいいアジサイとしてオススメはこの八重咲きで白い縁取りが特徴の金平糖(コンペイトウ)というガクアジサイ。
高幡不動尊201806
なぜ金平糖という名前がついたのかはわからないが、インターネットで検索すると、静岡県にある加茂花菖蒲園で栽培されている、紫式部という品種と八重咲き品種とを交配・作出されたオリジナルのアジサイだそうだ。
高幡不動尊201806
咲いている場所は藤棚の横、山内経之供養塔の前。

6日に関東甲信地方が梅雨入りしたが、この日(9日)はいい天気になった。
高幡不動尊201806
しかも気温は東京で32℃となり、今年はじめての猛暑日となった。

高幡不動尊201806
夏の花、アガパンサス、ユリ科はまだ蕾。猛暑日になるのがちょっと早過ぎると困っているかもしれない。

西洋アジサイとガクアジサイが壁のように咲く四季の道入口。もう見頃になっている。
高幡不動尊201806
手前右側の人は奥の方で咲いている紅色の西洋アジサイ(下写真)の写真を撮っている。
高幡不動尊201806
高幡不動尊は青系のアジサイが圧倒的に多く、特に紅色の西洋アジサイは非常に少ない。

ブログにアップしているアジサイも青系が多い。
高幡不動尊201806
上写真の西洋アジサイも下写真のガクアジサイも見頃となっている。
高幡不動尊201806

ここは四季の道の奥の方。
高幡不動尊201806

弘法大師像前の西洋アジサイ。
高幡不動尊201806
弘法大師もゆっくりアジサイ鑑賞していることでしょう。

毎週撮っている大日堂前の墨田の花火(スミダノハナビ)。
高幡不動尊201806
中央部分の花も咲いている。
高幡不動尊201806

これも高幡不動尊では珍しい紅色のガクアジサイ。紅色の西洋アジサイよりは多いけどやはり少ない。
高幡不動尊201806

高幡不動尊にあじさいを見に来た人達。
高幡不動尊201806
ここから見た写真はいままで撮ってことがなかったかもしれない。ちょっと新鮮。

今週の高幡不動Vol.487
(撮影 2018年6月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

近所の菖蒲田

毎年きれいな花菖蒲を楽しませてくれる近所の菖蒲田。

もちろん無料で楽しめる菖蒲田だけど、花の密度はかなりのもの。
菖蒲田2018
田んぼの端っこ、決して広くない面積だけどすごくきれい。花菖蒲の品種が少ないことも功を奏している気がする。
菖蒲田2018
菖蒲田の奥には田んぼが広がる。上写真の反対側から撮ったのが下写真。
菖蒲田2018
用水路からこの菖蒲田を経由してこの田んぼに水が流れているので、この田んぼの持ち主が育てている花菖蒲だと思う。

アヤメ科の花菖蒲。野生の野花菖蒲(ノハナショウブ)を原種とする園芸品種。
菖蒲田2018
花菖蒲という名前は葉が菖蒲に似ていてきれいな花を咲かせることからついた名前だそうだ。
菖蒲田2018
花菖蒲の花びらがガーゼのように見える。
菖蒲田2018
梅雨入り前の晴天の日だったのできれいな姿を楽しむことができた、ありがとうございます。

東京都日野市(撮影 2018年6月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/03 その2)弁天池回りの様子

あじさいまつりが始まった高幡不動尊、その弁天池回りの様子。

弁天池という名前がついているだけあって、池の真ん中には弁天堂がある。
高幡不動尊201806
ガクアジサイの背景が弁天堂。

弁天池には小さな噴水もあって、暑い時期には涼し気な光景を作ってくれる。
高幡不動尊201806
同じところをレンズの絞りを変えて撮ったらポワーンと丸いボケが写った。
高幡不動尊201806

高幡不動尊201806
高幡不動尊の境内で西洋アジサイが一番早く咲く弁天池周辺はもう見頃。
高幡不動尊201806

5月にはアヤメ(菖蒲)やカキツバタ(杜若)が咲いていたが、この日はハナショウブ(花菖蒲)が咲いていた。花菖蒲は花びらの根本に黄色い模様がある。
高幡不動尊201806
花びらが紙かガーゼでできているように見える。
高幡不動尊201806

ここからは、あじさいまつりの期間中、一般公開される豊泉寮とその奥の茶室や庭の様子。
高幡不動尊201806
庭のツツジがガラス戸にきれいに映って、縁側でツツジが咲いているような錯覚に陥る(汗)

茶庭や日本庭園でよく見かけるカエデの1つアオシダレ。
高幡不動尊201806
こちらはこの時期でも葉が紅色のベニシダレ。
高幡不動尊201806
ベニシダレには手向山と呼ばれる品種などがある。

茶室の一番奥の方で咲いていたザクロ(石榴)、ザクロ科。
高幡不動尊201806
それほど大きな花ではないけれど、新緑の時期に赤い花は目立つね。

さて、今週末の天気はどうでしょうか?

今週の高幡不動Vol.486
(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 初夏の花々

梅雨入り間近の京王百草園の様子。初夏の花々が咲いていた。

ブラシノキ、フトモモ科。ビンを洗うブラシに似ていることでついた名前。
京王百草園201806
下は少し色が違う品種。こちらの写真の方がブラシらしい姿がわかる。
京王百草園201806

心字池ではスイレン、スイレン科が咲いている。
京王百草園201806
下はあまりみかけない黄色いスイレン。
京王百草園201806
春先はたくさんオタマジャクシが泳いでいたので、そのうちカエルが葉の上にいるところが撮れるかもしれない。

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201806

これはキスゲ(黄菅)、ユリ科。ニッコウキスゲだろうか・・・?
京王百草園201806

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。夕方に花が咲くことからついた名前だけど、昼間に咲くこともあるそうだ。
京王百草園201806
この時期はわりとよく見かけるすごく小さな花。

もちろんアジサイも咲いている。
京王百草園201806
竜安寺垣だろうか、こういう竹垣越しのアジサイを見ると日本庭園らしさを感じる。
京王百草園201806

東屋とアジサイ。これも京王百草園らしい風景。
京王百草園201806
すでに西洋アジサイがかなり咲いている。
京王百草園201806
大勢の人がアジサイを見に訪れる高幡不動尊と違ってここは訪れる人がかなり少ない。
山アジサイも咲いている。中心部分の花もしっかり咲いている。
京王百草園201806
これは墨田の花火。
京王百草園201806

ここは梅の名所だけあって、見上げるとたくさん梅がなっている。
京王百草園201806

そして梅の天日干し。
京王百草園201806
売り出さないのかなぁ。

(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


今週の高幡不動尊(06/03)あじさいまつりが始まった

6月1日(金)から高幡不動尊のあじさいまつりが始まった。
すでにたくさんのあじさいが見頃になっている。

これは藤棚そばで咲いているガクアジサイ ダンスパーティー。
高幡不動尊201806
名前はわからないけど、これも同じ場所で咲いている、ガクアジサイ。
高幡不動尊201806

大日堂前のスミダノハナビ(墨田の花火)。
高幡不動尊201806
よく見ると少し剪定されたようで若干小さくなっている。

山アジサイ紅。先に咲いた左側の花はかなり紅色が濃くなっている。その次は右上、そして下の順で咲いたのだろう紅色の濃さが違う。
高幡不動尊201806

山内のお地蔵さん(弘法大師)の周りの西洋アジサイもかなり咲き始めた。
高幡不動尊201806

背の高い西洋アジサイとガクアジサイが壁にように咲く四季の道入口付近。毎年定点観測している場所。
高幡不動尊201806
だんだんと咲き始めているのがわかる。
下は四季の道の奥の方。このあたりはまだこれからかな。
高幡不動尊201806

四季の道で咲くガクアジサイ。装飾花(ガク)は咲いているけど、中央の本物の花はまだつぼみ。
高幡不動尊201806
四季の道の入口付近の西洋アジサイはかなり咲いて来ている。
高幡不動尊201806
四季の道の入口付近に咲いている高幡不動尊では珍しい紅色系の西洋アジサイ。
高幡不動尊201806

あじさいまつりが始まった最初の週末はいい天気に恵まれて、かなりたくさんの人が来ていた。
高幡不動尊201806
天気予報では週の半ばに雨が降り、そのタイミングで梅雨入りするのではないかとのこと。
雨が似合うアジサイだけど、写真はいい天気の日に撮りたいね。

今週の高幡不動Vol.485
(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち