ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

主役交代!

京王百草園紅葉まつり2017
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.11 京王百草園「紅葉まつり」

この雫が滴り落ちそうなぐらい艶々の赤い実は正月飾りに使われる万両の実。背景はケヤキの紅葉、秋から冬への主役交代です。

ちなみに12月13日は正月を迎える準備を始める「正月事始め」。1年間の汚れを払い清める”煤払い”と、おせち料理を作るための薪や門松を作るための松を山に取りに行く”松迎え”の日。

まだお正月まで何日もありますが、それだけ余裕を持って少しずつ進めていけば、ゆったりとしたお正月を迎えることができるということなんだそうです。

江戸幕府の御用納めは、この日12月13日だったそうです。 いくらなんでも早いよ・・・(笑)


(撮影 2017年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

紅葉ライトアップ 2017

今シーズン最後の紅葉写真はライトアップされた紅葉。

まずは、高幡不動尊の万燈会。万燈会が行われる日は紅葉もライトアップされる。
高幡不動尊201711
ちょうど着物クイーンが立っているタイミングだった。

紅葉ライトアップのメインは五重塔横の紅葉。昼間とはまた違った雰囲気になる。
高幡不動尊201711
奥に見えるのは五重塔横の山あじさいが咲く場所の紅葉ライトアップ。
高幡不動尊201711
下写真は逆に山あじさいが咲く場所から五重塔の方向を見たところ。少しだけ五重塔が見える。
高幡不動尊201711
上写真の山あじさいが咲く場所から少し山を登った場所からの五重塔。
高幡不動尊201711
手前の木々がもう少し開けていればいいビューポイントになるんだけど、割りと暗い道を登ることもあってあまり人が来ない場所。

ここからは万燈会とほぼ同じ時期に開催される京王百草園紅葉まつりのライトアップ。
京王百草園201711

ケヤキの木の紅葉とお月さま。
京王百草園201711
京王百草園は万燈会のような明るさがないためISO12800近くで撮っているため画質が良くない・・・

この日、園内で一番赤く色づいていた場所。
京王百草園201711
まだ空に明るさが残る時間帯と暗くなった時間帯の写真。
京王百草園201711

ここは茶室がある三檪庵前の紅葉。
京王百草園201711
真っ赤なオオサカヅキ(大盃)が見頃過ぎになっているけど、ライトアップだとそれがあまり目立たずいい具合の紅葉に見えている。

以前の京王百草園の紅葉ライトアップでは園内の孟宗竹を使った手作りの竹灯篭が飾られていて、いい被写体になっていたんだけど、昨年から飾られなくなってしまって残念。以前様子はこちら、2013年2014年2015年


(撮影 2017年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

グラスの中の青空

昭和記念公園201712
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

青空をグラスの中に注いで撮りました(笑)

これは昭和記念公園のウインタービスタイルミネーションでライトアップされるシャンパングラスの昼間の様子です。

(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

スノードロップ

スノードロップ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

このところ紅葉ばかりで食傷気味だったブログに久しぶりの花写真(笑)
昭和記念公園でスノードロップ、ヒガンバナ科の花が咲いていた。回りが枯れ葉一杯で紅葉の名残を感じるけど。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.12 昭和記念公園

スノードロップは雪のしずく。冬の終わりから早春の頃(2月から3月)に咲き春を告げる花とされている。でも昭和記念公園では毎年いま頃から咲き始める。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.12 昭和記念公園

この花の特徴は白い花びら3枚と中心の緑色の斑点。
この緑色の斑点がハートマークに似た形の花を探して撮るようにしているんだけど、なかなか見つからない。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.12  昭和記念公園

同じヒガンバナ科にスノーフレイク(鈴蘭水仙)という花がある。写真はこちら
白い花びらに緑色の斑点の花で見た目も名前も似ているためよく間違えられる花だけど、スノーフレイクは3月から4月ぐらいに咲く花。

(撮影 2017年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

高幡不動尊 晩秋の日差

晩秋の高幡不動尊、今回は境内から高幡山を越えた反対側の様子。

下写真の紅葉は左側から太陽が当たっているが、五重塔周辺の紅葉は午後になると高幡山の影になってしまう。
高幡不動尊201712
紅葉の向こう側に太陽が見える。特にこの時期は太陽の高度が低いから影になりやすい。
高幡不動尊201712

山の反対側に行ってみるとモミジの葉がまだたくさん残っていて陽射しを浴びて輝いている。
高幡不動尊201712
紅葉が見頃の時期ならば真っ赤に燃えるモミジになるけど、晩秋らしく茶色が燃えている。
高幡不動尊201712
秋になって太陽が低いこともあって太陽が入った写真が多いね(笑)
高幡不動尊201712

ここは彼岸花の植栽地。晩秋らしい景色になっている。
高幡不動尊201712
ここも結構モミジの木がある、紅葉が見頃に時に来ればよかったなぁ・・・(汗)

高幡不動尊201712
天気がいい日の晩秋の散策路、落ち葉に映った木の陰が筆跡のようだ。

(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

高幡不動尊 落葉の後始末

高幡不動尊では六地蔵さん周辺の紅葉が遅くまで楽しめる。

葉の色は赤色や黄色から茶色に変わりつつあるけど。
高幡不動尊201712
六地蔵さんの上の方はまだちょっと赤や黄色が残っている。
高幡不動尊201712

六地蔵さんの前は落ち葉がたくさん。
高幡不動尊201712
水の流れも積もった枯れ葉で隠れてしまっている。
高幡不動尊201712
たくさんの人を楽しませてくれた紅葉だけど、これを掃除するのは大変だろうなぁと思って写真を撮っていたら、何やらチェーンソーのような小型のエンジン音が後ろから近づいてきた。
高幡不動尊201712
これか!落ち葉の掃除機というかブロワーっていうのかな。
高幡不動尊201712
落ち葉はこうやって風で吹き飛ばして掃除するわけね。竹ぼうきなんかでやっていたら大変。
高幡不動尊201712
見ていて気持ちがいいぐらい吹き飛ぶ。
高幡不動尊201712
ちょっとやらせてもらいたかった(笑)
高幡不動尊201712
集めた落ち葉で焼き芋・・・なんてことはさすがにないね(汗)

(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

紅葉の奥行き  そしてブログ10年目になりました

京王百草園紅葉まつり2017
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.11 京王百草園「紅葉まつり」

一番手前の紅葉は逆光に輝き、その奥の紅葉は順光に照らされ、一番奥の紅葉は日陰でどんより。

(撮影 2017年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

このブログは2017年12月5日で10年になりました

これはブログ開始から2回目の2007年12月6日のブログ記事
20071206-2
最初の頃の写真は携帯電話(DoCoMo D903i)で撮ってアップしていました。
記事の中で「ちびた曰く」とありますが、息子と散歩をしていたようです。
当時10歳だった息子も今は20歳、息子にとってこの10年はすごく大きい年月です。


そしていまVol.467まで続いている、「今週の高幡不動尊」のVol.1の記事(2007年12月8日)
20071208-2
不動堂の修繕工事前で銅葺きの屋根全体を緑青が覆っていて雰囲気が出ています。

ここまで続けることができたのも、ブログを見に来てくださる皆さんのおかげです。
これからも、よろしくお願いします!
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ