ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

スクリーンタープ ラウンドスクリーン400EX

以前からずっとほしかったドーム型のスクリーンタープを買った この前にタープを買ったのは、ちびたが生まれる前だったので、もう10年以上前になるかな ここ3,4年はお古でもらったスクリーンタープを使っていた 10年以上前に買ったタープは、普通のスクエアな屋根だけのタイプだったので、四方をメッシュで囲まれたスクリーンタープを使った時はすごく画期的に感じた 夏は虫よけになり、寒い時は暖かく、少々雨が降っても濡れることがなく、とても使い勝手が良くて、このところずっともらった古いスクリーンタープばかりを使っていた でも、もともとお古なので縫い目はほころびて、いつ破れてもおかしくない状態。さらにこのタープはペグとロープでポールを立てるタイプでペグが打ちにくいサイトだと立てるのが大変だし、そうでなくても設営が少し面倒だったので、そろそろ自立するドーム型の新しいタープがほしかった 今年のゴールデンウィークからは新しいのを使いたいでの、インターネットで調べて以下の2つを購入候補にしてアウトドア用品店をいくつかまわった コールマン パラタープDX400cm×400cm×高さ210cm コールマン ラウンドスクリーン400EX400cm×360cm×高さ220cm コールマンを選んだのは、昨年(これも10年ぶりに)買ったテントがコールマンで、コールマン同士ならばテントとタープが連結できるらしいから 実際に展示されているのはパラタープDXが見れた。こちらは確かにいろいろ工夫がされていて使い勝手がよさそうだけど、構造が複雑でなんだかこれが原因でトラブリそう ラウンドスクリーン400EXは比較的単純な構造で広さも確保されているようなので、こちらにした。パラタープDXは値段がかかり高い(今のタープは5000円ほど)というのも、実は大きな理由だったりするけど どれくらいの大きさなのか、簡単に設営できるのか知りたかったので、試しに近くの河原で組み立ててみたら、最初なので説明書を見ながら2人でだいたい15分ぐらいかかった。設営方法はわかってしまえばすごく簡単なので、次からは説明書なしで、もう少し早く設営ができそうな感じ タープー2タープー3 うちは普段キャンプは2家族で行くことが多いけど、キッチン用テーブル、8人分の食事用テーブルとイス、BBQコンロがなんとか入れるぐらいの広さはありそう。それに高さがかなりあるので、多少狭くても閉塞感や暑苦しさはないと思う、たぶん 雨のときはすべてクローズ状態になる、寒い時にもこれはとても有効なので、初冬のキャンプでも暖かく過ごせるかもしれない タープー4 ただし重量約15kgは重い、河原まで100mほどを持っていくのも大変だった。テントサイトまで車で入れるキャンプ場ばかり行きそう タープー1タープー5



まあ、いまでも車が乗り入れ自由なサイトのキャンプ場にしかいかないんだけどね すべての写真はクリックすると拡大表示されます 参考になったと思っていただければ↓のクリックをお願いします にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです

今週の高幡不動Vol.19(04/12)

空は思ったより雲が多く日差も少ないけど気温は春らしくあたたか
今日の高幡不動は桜見物も一段落して静けさが戻ってきた

高幡不動0412-1高幡不動0412-2

次のイベントは連休前半の春季大祭国宝祭
高幡不動0412-3
4月28日にはお稚児さんの行列があると思うけど今年は平日なので見物できないかな

桜の花吹雪

桜の花びらが雪のように舞う様子(川編と山編)
実際に見た時は花吹雪のようでしたが、元の動画よりも画質が落ちているのでちょっとわかり辛いかもしれません

川編は多摩川堤防横の根川、山編は高幡不動です

高幡不動のしだれ桜

高幡不動に桜を見に行ったら、なぜかしだれ桜が目立った
花見でみるソメイヨシノはもちろんきれいだけど、しだれ桜というのもなんだか趣きがある。
高幡不動の垂れ桜-4高幡不動の垂れ桜-2

植物は太陽にむかって伸びるのが普通だと思うけど何故この桜は下に垂れる?でも、この垂れている姿が、また神社仏閣によく似合う
高幡不動の垂れ桜-1高幡不動の垂れ桜-3

桜に飽きたらやっぱり真白なユキヤナギ、何故かほっとする
高幡不動のユキヤナギ

今週の高幡不動Vol.18(04/06)

今週末は少し風が強かったが暖かく絶好のお花見日和だった
高幡不動0406-1高幡不動0406-3

本堂の前には「花御堂(はなみどう)」が作られていて、もうすぐお釈迦様の誕生日(花まつり4月8日)であることを思い出した。
写真ではわかりにくいけど花御堂の真中には、右手で天を左手で地を指さしているお釈迦様の像があり、参拝の人がひしゃくで甘茶をかけていた。
高幡不動0406-2花御堂

花まつり(灌仏会)は宗派に関係なくどの寺院でも行うものとあるけど、お不動さんってなんだろうと思い、改めて高幡不動のホームページを見たら、「真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺は古来関東三不動の一つの挙げられ高幡不動尊として親しまれている」と書かれていた。

なるほど真言宗のお寺なんですね、紅梅のそばに弘法大師像(3月1日の日記)があることにも納得。
いまさらながら、こんな看板(国宝 高幡不動尊)があったことも見つけた
高幡不動0406-4看板

多摩川でお花見

今日は暖かで絶好のお花見日和
いつもの高幡不動には行かずに多摩川で花見をした

ここは多摩川と浅川の合流地点で写真のように1km以上桜並木が続き、桜の木の下は用意されたようにちょうど花見ができるスペースがある
多摩川堤防の桜1多摩川堤防の桜2

道路と反対側には柵があってその向こう側には「根川」という川が流れている。残念ながら水はあまりきれいではないが写真で見る桜はきれい
根川の桜

天気は最高、家から自転車で10分ほどで行けるので駐車場の心配もなく、ビールを飲んで春を満喫
多摩川の反対側の方向まで軽く探索したら、対岸にどこかで見たような看板を見つけた。こんなところに高野フルーツパーラーの倉庫か?
多摩川対岸の看板
ホームページの情報だと府中食品工場というのが該当するかも。確かにここは中央高速国立府中ICまで5分ほどの場所なので配送にはいいのかもしれない

写真ではまだ満開のように見えるけど、よ〜く見ると、実は結構散り始め状態でした
散り始め


散歩写真(Vol.2)カワウを見つけた

散歩中に近所の川で偶然見つけた
なんだか大きな魚が泳いでいるなぁ〜って良く見たら鳥だった

そのうちにまた水の中に潜りはじめたので、これはカワウかな?と思って
持っていたデジカメで写真と動画を撮った
カワウ

この動画には撮れていないけど、1匹魚を捕まえてまさに鵜呑みしていた
※動画の音声に「ちびた」がわけのわからないことを言っていますが、気にしないでください


インターネットを調べてみた
カワウ(川鵜)は、ペリカンの仲間らしい。
一時期は河川の汚染や残留農薬などで絶滅寸前までになったらしいが、昨今は増えてきて、逆に放流した魚(アユなど)を食べる害鳥とまで報告されている
私は珍しいのかと思ったけど、結構たくさん飛んでいるみたい。
さらに増えすぎていろいろ問題になっている鳥のようだ。(問題にしているのは人間の勝手だけど・・・)う〜む、考えさせられる問題




ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!
一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち