ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

散歩写真(Vol.2)カワウを見つけた

散歩中に近所の川で偶然見つけた
なんだか大きな魚が泳いでいるなぁ〜って良く見たら鳥だった

そのうちにまた水の中に潜りはじめたので、これはカワウかな?と思って
持っていたデジカメで写真と動画を撮った
カワウ

この動画には撮れていないけど、1匹魚を捕まえてまさに鵜呑みしていた
※動画の音声に「ちびた」がわけのわからないことを言っていますが、気にしないでください


インターネットを調べてみた
カワウ(川鵜)は、ペリカンの仲間らしい。
一時期は河川の汚染や残留農薬などで絶滅寸前までになったらしいが、昨今は増えてきて、逆に放流した魚(アユなど)を食べる害鳥とまで報告されている
私は珍しいのかと思ったけど、結構たくさん飛んでいるみたい。
さらに増えすぎていろいろ問題になっている鳥のようだ。(問題にしているのは人間の勝手だけど・・・)う〜む、考えさせられる問題




goo新入社員に最低限満たして欲しい条件ランキング

4月から、うちの会社(株式会社コプロシステム)にも新入社員が入ってきますが、このランキングにある内容は、新入社員に限らず、社会人としてすごく大切なことばかり

これだけのことができればもう何も言うことありませんが、1位の「挨拶」は社会生活を営む人として基本中の基本

10位の「同じミスは繰り返さない」というのは、逆に言えば新入社員がミスをすることを過度に恐れてはダメで、いかにそのミスを繰り返さないかが大切だということでしょう

自分の行動も振り返えって見直さないといけません。毎年4月には振り返っているつもりなんですが




梅と桜、全部3月の写真です

東京の3月は梅と桜の花ざかり

まずは高幡不動五重塔の全景写真。左が3月8日、右が3月29日
あまり花がなくて、それほど違いがないかな
梅と五重塔(3/8)桜と五重塔(3/29)

次に五重塔のアップの写真。バックには梅と桜
左が3月8日の梅、右が3月29日の桜。花の密度が少し違う感じか
梅と五重塔UP(3/8)桜と五重塔UP(3/29)

最後は桜が咲くまでの早さ。上が開花前3月23日(日曜日)、下が3月29日(土曜日)。1週間もしないうちに満開
桜開花前桜満開

吹奏楽部定期演奏会

中学の吹奏楽部定期演奏会があった

演奏としては中学生らしいなぁというものだったけど、クラッシックあり、懐かしい日本レコード大賞の曲や映画のテーマ曲ありでバラエティーに富んだすごく楽しい内容。2時間という時間があっという間だった

卒業する3年生による「卒業写真」の演奏はなかなか感激的
卒業したOBやOGも一緒に参加したアンコール曲の演奏など、娘も3年間続けてほしいなぁと思う内容でした

以下は、演奏曲の一部分だけ(30秒から1分ほど)の動画です

行進曲「威風堂々」第一番



映画「ロッキー」のテーマ
指揮者の先生が後ろを気にしているのは、吹奏楽部のメンバーがそこでボクシングの寸劇をやっているからです


日本レコード大賞受賞曲 北酒場〜ルビーの指環

今週の高幡不動Vol.17(03/29)

今日の高幡不動はすでに桜が満開
先週はまだつぼみがふくらんできた状態だったのに

でも、心なしか肌寒い・・・花冷え
高幡不動0329-1高幡不動0329-4


境内の桜もほぼ満開、奥殿と五重塔
高幡不動0329-2高幡不動0329-3

新撰組副長 土方歳三像もしばしの桜見物
甲州街道日野宿だったこの日野の道場で修業をしていた頃は、高幡不動の桜を見物していたんでしょうね
土方桜-1土方桜-2

ユキヤナギ4

この時期のユキヤナギ(雪柳)って、結構きれいだと思いませんか

春は「梅」や「桜」で目線がついつい頭から上の方に集中してしまうけど、
ふと目線を下にすると、白くて小さな花が柳の葉のようにつながって
花の噴水のように群生しているユキヤナギが咲いている
ゆきやなぎ3ゆきやなぎ1

もちろん桜も日本の春の風景としては最高なんだけど、小さなまっ白い花のユキヤナギは、大きなバラの花束のカスミ草的な存在で、なんだかホッと息がつける存在
ゆきやなぎ2

よくみると5弁で雪白の花びらをもつ小さな花、ユキヤナギはバラ科で小米花(こごめばな)とも言うらしい。

でも、この時期以外は単に緑の垣根のようで存在感があまりない・・・

近くに桜とユキヤナギが一緒に見れる場所があるので、そのうち写真を
撮りたいと思っている


自家製生乳ジェラート屋の牛舎

2月14日の日記<冬なのにじぇらーと屋の話題(その2)>で紹介した自家製生乳を使っている手作りジェラート屋の牛舎に行ってみた

京王線百草園駅近くにあった看板(かなりアバウトな地図です
もぐさファーム看板

百草ファームと言って、長年にわたってここで酪農を営んでるそうだ。
牛舎外観牛舎中

牛舎はジェラード屋さんのホームページの写真より少しおしゃれできれいな感じだった。

この道をたどって丘の上の牛舎からジェラート屋横の牛小屋に牛を連れて来ているらしい。大人ならば徒歩10分弱の距離かな
牛舎からの道牛のいるジェラート屋

先日、車で走っていて、初めて牛をつれて道を渡っているのを目撃した。車を運転中で写真が撮れなかったのが残念

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち