ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

散歩写真(vol.22)七生丘陵散策路と          手打ち蕎麦 むら岡

先日、手打ち蕎麦屋に行く時に、5月に行った百草園駅すぐそばの大宮神社から始まる七生丘陵散策路(東コース)を歩いた。

大宮神社も山の中の雰囲気だったけど、この散策路もどこかの山の中に入っていく感じ
手打ち蕎麦むら岡2手打ち蕎麦むら岡1

(下写真左)ここはどこ?というようなうっそうと木が茂った道を5分ほど歩くと、ひと山越えて少し開けた道に変わる。さすがに本物の山中ではないので距離は短い
七生丘陵散策路1手打ち蕎麦むら岡3

(上写真右)これは普通の家?と思うようなすごく素敵な建物を発見
どこかの保養施設のロッジのようだけど、表札もあって普通に人が生活している感じだった

目的の手打ち蕎麦屋に到着。「手打蕎麦 むら岡」いい感じの店構え
手打ち蕎麦むら岡9手打ち蕎麦むら岡8
ここは定年後の店主が開いた家族経営の店なので、休みの日は売り切れてしまう。3月に百草園梅まつりを見た帰りに寄ったけど、その時は13時ですでに売り切れだった。

少し狭いけど明るい店内と注文したお蕎麦
手打ち蕎麦むら岡11手打ち蕎麦むら岡10

むら岡そば1むら岡そば2
土日祝日限定の2色そば(しそとノーマルの2色)、岩のりとろそば、ごまようかん←超美味です
蕎麦はコシがしっかりあるけど、ツルんとした食感のそば。定年後とはいえさすがプロ、自分で打つそばとは全然違う、当然です・・・

今回は12時前に到着したので、売り切れにはなっていなかったけど、約1時間待った
暇なので、歩いて1,2分のところにあるジェラート屋さんの牛舎、もぐさファームに行ってみると、今回は子牛がいた、なかなかかわいい
手打ち蕎麦むら岡6手打ち蕎麦むら岡5
ちびたが子牛を見ていきなり「お正月の羽根つきで失敗した時みたい」と言った。
意味がわからず良く聞いてみると、目の回りや口の回りを墨で塗られたみたいな顔しているからだそうだ
子供の印象はストレートだでもなぜこんな顔しているの

食後の運動は、再び七生丘陵散策路(東コース)に戻って、先に進む。
手打ち蕎麦むら岡12七生丘陵散策路2
山の中をまた5,6分歩くと、急に開けた普通の道に出る、今日はこの百草園入口(上写真左の石壁が途切れたところ)までで終了

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログ ランキングです




gooカレーの隠し味として入れると美味しいものランキング

夏はカレーの季節と勝手に思っている

なぜ勝手にそう思っているかというと、社会人になりたての頃、ファミレス(ロイヤルホスト)で夏に必ずカレーフェアーをやっていて、海水浴に行った帰りに必ず食べた覚えがあるから

すごく単純・・・しかも20年以上前のことだし
でも、ロイヤルホストはいまでも夏にカレーフェアーやってるよね

あの暑い国インドやタイではカレーを食べているわけだから、日本の夏の暑い時にカレーというのは特に違和感はない

ただし、インドのカレーというか料理は、日本のカレーとはまったく違う別物らしい

インドの料理は、普通にスパイスをふんだんに使う料理なんだけど、それを単に日本人が全部まとめてカレーだと思っているだけで、インドの人たちは毎日カレーを食べているわけではないそうだ

日本のカレー(正しくはカレーライス)をインドの人に実際に食べてもらったら、初めて食べるような料理だけど味は美味しいという意見が多かったというのを、以前TVで見たことがある。でもバラエティー番組だったから、どこまで本当なのかは?

カレーは私が自分で作る数少ない料理の1つ。以前はルーは使わず、サラダ油とバターで玉ねぎ炒めて、何種類かのスパイスを買ってきて混ぜて煮込んで、一晩寝かして実際に食べるのは翌日などという面倒なことをやったこともあったが、最近はほとんどこんなことはやらない

やらなくなった最大の原因は子供たちが私の作った辛いカレーが食べられないから、せっかくスパイス入れて作っても、辛いから食べられないって言われたらさみしい

ということで、ランキングぅ
このランキングは比較的納得できるものが並んでいる気がする
5位:醤油、6位:チョコレート、9位:コーヒーあたりも、案外良く知られているよね(だからコメントもこれだけ・・・



今回のランキングは、内容としては特に違和感なしだったが、読んでいてお腹がすくことにちょっと問題があるランキングだった

今週末はカレーにしましょう

散歩写真(vol.21)向島用水親水路(向島緑地)

この向島用水親水路は先日水遊びスポット憩いのスポットについて紹介させてもらったが、写真を撮って歩いているとまだ少しだけその先があることに気がついた

水車小屋やあずまやを抜けて、遊歩道を先に進んで行くと向島緑地という雑木林があった
親水緑地1親水緑地2
特に何かがあるわけでもない普通の雑木林

でもこういう場所を残すのは、実は結構大変ではないかと思う。何もないことの大切さって書類や申請書ではなかなか説明できないから
親水緑地5親水緑地6
雑木林の先には、ぽっかりと開けたこれまた何もない原っぱがある。
「ボール遊び禁止」の立て札はあるけど、たぶんここも子供たちがかけ回る大切な空地になっているのだろう

道案内の標識にも新撰組の「誠」が描かれているのがこの街らしい
親水緑地8親水緑地4
このすぐ先には、先日紹介した浅川のふれあい橋がある

ウォーキングとして一気に歩いてしまうとわずか4,5分の遊歩道だけど、こうやってじっくり歩くと色々なものが見つかって楽しい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログ ランキングです

散歩写真(vol.20)新しいような古いような

散歩で歩いた高幡不動の参道でのある日の光景
高幡不動参道にて
はっぴ姿で祭りに向かう人たち、その横の建物は新しいんだけど瓦をあしらった土蔵風。歩いている人も建物も新しいんだか、古いんだかよくわからない・・・
それが面白くてシャッターを押した もうちょっと構図を考えたらぁ〜っていう自分との葛藤もあったけどブログにアップ
古いような新しいビル古いような新しいビル2
この建物は以前(2/1)紹介したジェラート屋さん
塩ジェラートっていう水色ののぼりが気になる

全然関係ないけど、沖縄のお土産で有名な「ちんすこう」は塩ちんすこうが一番おいしいと思う

さてこの塩ジェラートの味やいかに?乞うご期待

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.28(06/21)あじさい情報

昨晩からかなりの雨が降っていた、予報でも1日中ぐずつき模様とのことで今日の散歩を諦めていたら、雨がやんで空が少し明るくなった

ちょっと出てみるかな。雨に降られるかもしれないので、小さい方のコンパクトデジカメを胸ポケットに入れて、ちびたと散歩に出た

今日の高幡不動はこんな天気にもかかわらず結構な人出。
というか目的があじさいだと雨もまた良しというところでしょう。みんな傘を持っている
高幡不動0621-1高幡不動0621-6

たくさんの人があじさいを満喫している。しっかりとしたカメラ&三脚を持ってじっくりと撮影している女性が多かったような
高幡不動0621-3高幡不動0621-5

雨のしずくがあじさいがうっすら汗をかいた感じにみえて面白かったので、コンパクトカメラで頑張ってみました(下写真左)
高幡不動0621-4高幡不動0621-2
(上写真右)人が少なくなるのをじっと待って撮った1枚
少し暗い新緑の写真でもあじさいがあれば絵になるから不思議

まだまだ高幡不動尊のあじさいは見頃です

今日はの文字にしてみました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです


高幡不動のスカシユリ

散歩の途中でお参りする高幡不動は、今はあじさい祭りで人がたくさん訪れている。

先日、あじさいから少し離れた、弁天池をブログに書いた時にコメントで名前を教えていただいた花、スカシユリをまた見に行った
高幡不動スカシユリ3
スカシユリは花びらの間が透いている(間隔があいている)ので
透百合と書くらしい
比較的丈夫な花で色は白色・黄色・オレンジ・朱色など色々あるそうだ

あじさいもあったので、一緒にハイポーズ
高幡不動スカシユリ2高幡不動スカシユリ1
(上写真右)この前に来た時もほぼ同じ位置で撮っていた
花が撮りたいんだか、池の噴水が撮りたいんだか、いまいち曖昧

最後になりましたが凪々さん情報ありがとうございました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

五反田 東京デザインセンター

久しぶりに都会の話題(^^;)
勤務先(株式会社コプロシステム)がある品川区東五反田に、普通のオフィスビルとはちょっと変わったデザインの建物がある。

東京デザインセンターというこの建物(写真左)、中央には大きな吹き抜けがあって、そこには「馬」のオブジェが(写真右)
デザインセンター3デザインセンター1デザインセンター4
中はテナントスペースとパーティやイベント用のガレリアホールがあり、ガレリアホールは巨匠マリオ・ベリーニがデザインし、天井高が6mの吹き抜け部と2層のギャラリーで構成されているらしい(すいません、どんな感じがまったく想像できません

テナントスペースもショールームのような壁や空間の使い方でオフィスビルとはかなりデザインが違っている

簡単にいうと、ショッピングビルみたいにエレベータホールや廊下とオフィス空間の仕切りがあまり明確でなく、どーんと広い空間をどうぞご自由に使ってくださ〜いという感じでしょうか

建築・インテリアのデザインやコンサルティング関係の事務所が入っているとすごく似合うが、普通の事務オフィスとして考えると、私ならばあちらこちらに間仕切りや書棚を置きたくなる感じがするのはデザインセンスがない証拠か

汐留とか品川とか、最近はいろいろなところにびっくりするようなビルが多く建っていますが、この五反田にもこんなデザイン重視の建物があるんです

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち