ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

高幡不動の鳩も暑くて・・・

暑くて、あじさいの花も葉っぱもダラ〜っとしていた日

高幡不動尊で鳩が死んでいるいえいえ、こちらも暑くてダラ〜っとしちゃっているみたい
鳩もおつかれ-2鳩もおつかれ-1

ここは五重塔の下、何もこんな日向で寝ることはないんじゃない
鳩もおつかれ-4鳩もおつかれ-3
人があまり来ないし、水場が近いからいいのかな
写真を拡大しないで見るとまるで死んでいるようだ

水のみを見ていたら、水浴びを始めた

バックは本堂のお護摩修行の声です

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

アウトドアの道具(コールマン ピークワン)

[道具] ブログ村キーワード
この時期はなかなかキャンプにも行けず、アウトドアっぽい話題が書けないので、使っている道具の話題

あまり道具に凝るタイプではないんだけど、アウトドア用品で一番長く使っている&一番大切なのが冬山登山用品として買ったコールマンのピークワン(Coleman Peak1)

皆さん良くご存じのホワイトガソリン仕様のストーブ(コンロ)でいくつかあるピークワンの中でもModel400というらしい。(型番については詳しくなかったのでここを参考にさせて頂きました)
ピークワン2ピークワン7
上写真右はいま使っている入れ物。プラスのソフトケースだと登山用のリュックに入れるとつぶれてしまうので、昔は赤ちゃん用粉ミルクの缶を使っていたが、フタのねじ山が擦り切れてだめになった

これを買ったのは1980年頃で、学生には少し高かった(1万円ぐらいかな?)けど、冬山に登るにはガソリンストーブが絶対必要ということでバイトして買った記憶がある。買ったお店は以前話題にしたスキー靴を買った吉祥寺の「山幸」
もう25年以上使っているというのは、自分でもビックリ
ピークワン3ピークワン4
上写真左が一緒に使っているガソリンを入れるジグボトル、これもそろそろフタのねじ山が擦り切れて怪しくなってきた。右はポンピング部分のメンテナンス用オイル。
幸いなことにいままで一度も故障したことがなく、すごく頑張ってくれている。冬山でこれが壊れたら即遭難の危機だからね

当時、友人がオプティマス8Rというコンパクトな弁当箱のような形をしたガソリンストーブを使っていたが、このガソリンストーブは、プレヒートと言って着火前に固形燃料みたいなのであたためる作業が必要で、取り扱いがすごくめんどうだった

真冬のアルプスでは、ガスコンロは冬季用というガスボンベを使ったとしても、チョロチョロとしか火が出ず使い物にならなかった(最近のはどんな性能だかまったく知りませんが)

だからガソリンストーブが唯一の頼りになるのだが、寒い冬のテントの中で朝一番にお湯を沸かすにも、まずはプレヒート・・・私にはそんな面倒なことはできないと思って買ったのがこれ

ピークワンはポンピングであらかじめ空気を入れておけば、それで火がつくのが便利。というのは、うたい文句で実際には着火後もしばらくはポンピングが必要で火が安定するまで結構時間がかかる

2レバー式でちょっと面倒に思うけど、慣れると微妙な火力調節が結構できる。ただしこれは燃焼が安定した後に限るというのが弱点

それと、本体の五徳が小さくて、上に大きな鍋などがおけないのも最近の私のアウトドアスタイルでは大きな弱点だったけど、下の写真のようなフレームを買ってきて使っている
ピークワン6ピークワン5

下の写真はキャンプの写真の中で実際に使っているところを探したもの。少し前まではちょうど良いサイズのフレームがなくて、右写真のように、手で押さえてないといけない非常に危ない使い方をする時もあった
ピークワン1ピークワン8

最近はお気楽キャンプ生活なので、家庭用のガスカートリッジコンロを使うことが多く、なんとな〜く出番が少なくなってしまっているが、これからも末長く使っていきたい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


今週の高幡不動Vol.31(07/12)あじさいもお疲れ

今日も暑い、完全に夏、あづ〜い

高幡不動尊のあじさい祭りも先週7/6で終了、人もお店もかなり少なく、夏の静寂
高幡不動0712-1高幡不動0712-8

雲1つない快晴で、日なたのあじさいはかなりお疲れの様子
花も葉っぱも下を向いている
高幡不動0712-3高幡不動0712-4

(下写真左)あじさい祭り中、ずっと撮ってきたこの位置からの
もう終わりかなこの写真でみる限りはまだまだ見れるんだけど
高幡不動0712-5高幡不動0712-2
(上写真右)7/17にあじさいの毬切りという看板があった
来年またきれいに咲くために、花を切ってしまうということかな

球根を出荷するチューリップなんかは、花を草々に切ってしまうというのは聞いたことあるけど、同じような理由か
ちょっと寂しい


すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです



散歩写真(vol.28)季節はずれの栗の実

向島用水親水路の散歩の途中でふと目についた栗の木
(この写真は6月初旬のものです)

確か今は栗の花が咲く時期だよね、この時期にイガが茶色のこんな実があるのは・・・
こういう自然のものはあまり触れない方がいいと思うで、見るだけにしたけど、たまたま殻が残っているだけで、中身はもうないのかも
栗200806-2栗200806-1
あとから写真をよく見ると、てんとう虫も写っていた(上写真右の右端)

この栗は親水路の隣の敷地から伸びているようだ(下写真左)
栗200806-3栗200806-4
(上写真右)これは親水路とは全然違う場所の栗畑、栗の木がきれいに並んで植えられている

ところで、宅地と宅地の間のちょっとした敷地が栗畑になっていることって多い気がする東京だけかな・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです



散歩写真(vol.27)やっとつゆ草を見つけた

やっと見つけたつゆ草(ちょっと大袈裟・・・)

毎朝通勤時に歩く道の脇は、ちょっと前に草が刈られていて、いつも見ることができるつゆ草が、今年は全然見ることができなかった
つゆくさ200807-2つゆくさ200807-1

田んぼの忘れ物-6つゆくさ200807-4
いつもこの時期見かけるつゆ草が、逆に見れないとなると妙に寂しいもの。先日、散歩の途中に別の場所で、やっと見つけることができた

私が好きな色は水色なので、基本的に青色系の花に目が行くけど、つゆ草は水色の花びらの中にある小さな黄色のアクセントがいい
つゆくさ200807-3つゆくさ200807-5
つゆ草の写真を撮っていたら一緒に小さな生き物を見つけた。上写真右の下に方にバッタがいる

下写真左はつゆ草のすぐそばにいたトノサマガエル、右はつゆ草からちょっと離れた場所を飛んでいたクロアゲハオナガアゲハ、最近は見かけることが少なくなった
かえる200807-1オナガアゲハ200807-1
つゆ草は昔からどこにでも咲いているありふれた花なので、子供の頃から知っていてよく目にした花、トノサマガエルバッタクロアゲハオナガアゲハも子供の頃はほんとうに普通に見かけたよね・・・

大人になって一生懸命探して写真撮ってる姿は想像もつかなかった

※上の写真はクロアゲハではなくオナガアゲハの間違いでした。
 これはがきさんに教えていただきました、ありがとうございました
 クロアゲハは羽(後翅)にある細く突き出た突起(尾状突起)の長さが
 もっと短いので、この写真の蝶はオナガアゲハだと思われます。

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.26)百草園のあじさい(パノラマ写真)

京王百草園に散歩、この日は暑かった・・・

百草園はもともと梅の名所で、あじさいは有名というわけではない、さらにそろそろあじさいの季節も終わりということで、園内では男性1人と猫1匹としか出会わなかった
百草園あじさい-2百草園あじさい-1

高幡不動尊は比較的山の中の散策路だけど、こちらは日本庭園の新緑にあじさいがとけ込んで、高幡不動尊とは一味違ったいい味わい
百草園あじさい-3百草園あじさい-4
ゆっくりと自然に浸るにはこの百草園はなかなかいいと思う

園内の山を登っていくと、ひっそりと芭蕉天神というのがあった
百草園あじさい-5百草園あじさい-6

山を登ったさらに奥の方には、あじさいが一面に咲いている結構人気のポイントがある。でも今日は誰もいないので独り占めして、ゆっくりパノラマ写真を撮ってみた
百草園あじさいパノラマ
土壌の成分がちょっとずつ違うらしく、一面に咲いているあじさいの
花の色が、左側から濃青水色青紫赤紫と違っている
のが面白い

微妙な色の違いと雰囲気がちょっと伝わりにくいかな、いまいちなパノラマ写真で失礼しました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(Vol.25)聖蹟桜ヶ丘あさがお市

京王線聖蹟桜ヶ丘駅前で「あさがお市」をやっているというので、
散歩ついでに見に行った

もうすぐ18時になるがまだ空は明るい、さすが夏
聖蹟あさがお市08-1聖蹟あさがお市08-4
もう終る直前なので、人もほとんどいない。店じまい寸前

(下写真)これは何やら賞をもらったあさがおのようだ
聖蹟あさがお市08-5聖蹟あさがお市08-6

(下写真)売られているあさがおは、まだ全然花が咲いていないので地味、見ていてもあまり面白くない
聖蹟あさがお市08-2聖蹟あさがお市08-3
でも、花がきれいに咲いているのを買っても、あとはしぼむだけだから、売り方として当然と言えば当然、これが普通の売り方なんだろう

あさがお市」っていうと、きれいな大輪のあさがおがたくさん並んでいる露店を思い浮かべるけど、それはある意味イベントで、実際はこういう市になるんだね
勝手に派手な様子を思い描いた私が悪かったようです、失礼しました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ