ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

高幡不動の水琴窟

以前、雪が降ったあとに一度ご紹介した、高幡不動尊の水琴窟。
この暑い真夏はどうなっているのか、お参りのついでに見てきた

水琴窟は境内の一番奥にある山門(四脚門:下写真左)をくぐって、大日堂正面の右奥にある(下写真右)
高幡不動水琴窟-1高幡不動水琴窟-6

(下写真左)右奥の「立入禁止」の札がある柵の左奥には、先日ご紹介した期間限定で一般開放される豊泉寮がある
高幡不動水琴窟-5高幡不動水琴窟-3

(下写真)茶色く見える手水鉢に、竹筒を通して少しずつ水が流れてきて、たまった水があふれてくるようになっている。手水鉢の手前に敷きつめられた、こぶし大の石の下に水琴窟がある
高幡不動水琴窟-4高幡不動水琴窟-2
水の滴が、この石の下にあるカメ(と思われる)に溜まった水面に落ちて、このカメの空洞に反響するかすかな音が、琴の音に似たように聞こえる。それが水琴窟と呼ばれる所以らしい

水琴窟の音を45秒ほどの動画で撮った。うしろに御護摩修行の音が聞こえるのが、高幡不動尊ならではの雰囲気
(音量は少し大きめにしてください)

この隠し技のような奥ゆかしさが日本庭園の仕組みらしい

に行くため、コメントへのご返事が遅れます、ごめんなさい!
  途中でみどりさんのところにもお邪魔する予定ですので、
  急な伝言はこちらへそんなのあるわけないですけど・・・

皆さんのおかげでこの記事が200記事目になりました。
  まだまだ未熟者ですが、これからもよろしくお願い致します

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

goo 飲食店で「できる! この店」と思うポイント ランキング

このところ写真ばっかりでお腹一杯、太り気味だったので、たまにはあっさりとしたランキング記事です

巷にはいろいろ美味しいお店があるけど、飲食店に行くのは単に食べるためだけではないよね

空腹を満たしたいから行く場合だけではなく、特に休日や仕事の後に行く飲食店には、雰囲気を味わったり、安らぎを感じたり、憩いの場だったりするはず。

そんなわけで、このお店のサービスは気持ちいいなぁ、できるなぁって思うことを集めたランキングが以下

1位清潔感、2位ゆとりの空間はまあ当然として、3位の注文した品が出てくるが早いお店は気持ちイイよね逆に出てくるのが遅いのは大きく減点

4位のメニューが読みやすいというのも案外大切
注文を決めているのか、メニューを楽しんでいるのかが、わからなくなるぐらいの素敵なメニューだと結構うれしい

6位の器は11位にある「店内のインテリアが統一されている」と同じで、雰囲気を味わって食事をしたい場合には大きなポイントかな

10位のBGMがお洒落っていうのは、お洒落ならばすべていいかというとそうでもなくて、そのお店の雰囲気にあっていることが大切。

例えばちょっと煙がたちこめた美味しい焼き鳥屋さんだったら、お洒落な曲よりも、懐かし目の歌謡曲や演歌がいいと思うし、バーボンをちょっと飲んだりするショットバー風のお店も、お洒落というか、ジャズや軽めのロックの方がよかったりすると思う

でも、とにかく美味しいからあとはすべて許せるっていう店も確かにあるけどね

会社の回りの「できるお店」を探して行ってみたいと思うけど、五反田の美味しい店についてはこのブログ(五反田で見たんだ)が参考になるかもしれません >(株)コプロシステム関係者
「できるお店」が見つかったら一緒に行きましょう

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

はじめてのかっぱ橋道具街散策

先日、吹奏楽コンクールに行ったついでに、浅草からかっぱ(合羽)橋に行ってみた

かっぱ橋道具街はよく名前は聞く。初めて行くので、どんな商店街なんだろうと思ったが、普通に広い道路があってその両側に店が並ぶ商店街。もっと狭い道路を想像していた
かっぱ橋-6かっぱ橋-7
(上写真右)この金色のカッパは「かっぱ河太郎像」、見るからに商売繁盛のご利益がありそう

合羽橋は合羽屋喜八が私財を投げ出し、水はけが悪かったこの地域の治水のために掘削工事を始めたが、工事は難航してなかなかはかどらなかった。それを見た隅田川の河童達が夜な夜な工事を進めて難工事を完成したという由来があるそうだ「かっぱ河太郎像の碑より」

合羽と河童の両方が協力してできた場所、それがかっぱ橋だった

調理道具・器具が有名だけど、当然食料品や材料の店がたくさんある。やはり興味を引いたのがこれ。相変わらず食べ物だ
これらは業務用なので、とっても大きな缶、横にハイライトでも置いて大きさがわかる写真を撮るべきだったと反省
かっぱ橋-2かっぱ橋-4
(上写真左)奥只見猟師鍋「またぎ汁」の大きな缶詰。猟師鍋がすでに缶詰になって合羽橋で売られている。奥只見は新潟・福島の県境あたり、恐るべし道具街
(上写真右)その近くにはカレー粉、しかもPureCurryPowderだ。
でもSHARPってどういう意味

合羽橋道具街では、あまり真剣に悩まない方がいいみたいだ

(下写真左)色合いがとっても絵になるおなじみの香辛料(GABAN)
もうちょっときれいに並べてくれればいい写真になったんだけど、撮影のために並べているわけではないからね
かっぱ橋-3かっぱ橋-1
(上写真右)これは食品ではなく食品のサンプル。特に細工が細かいリアルなサンプルではなく店頭のワゴンに出してあったもの
食品サンプルと皿は別料金であることが、さりげなく値札シールで主張されている

たこ焼き器も店によってピンキリで、左が72,380円、右が22,200円。鉄板の厚みかガスの火力か何かが違うのか
かっぱ橋-9かっぱ橋-10
この日はとっても暑い日だったけど、面白くてすぐに時間がたってしまった。でも買ったのはお好み焼きに使うケチャップ、マヨネーズを入れる容器だけ

合羽橋はちゃんと駐車できるので重いものを買う時は車で来ましょう

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.36(08/16)今日は青空

暦の上ではもう秋なんだけど、相変わらずそんな気配はまったくない青空が広がっている

今日の高幡不動尊は、お盆休みもあってすこし人出があるかな?と思ったけど、普段とほとんど変わらない静けさだった
高幡不動0816-3高幡不動0816-6
あまりの暑さにいつもの定点撮影を忘れてしまった
そのかわりに門前の高幡まんじゅう本店。ふかしたてのおまんじゅうが美味しい、でも寒いときの方が賑わっている

暑い時は水辺、今日の弁天池には蓮の花が咲いていた(下写真左)
高幡不動0816-5高幡不動0816-4
(上写真右)先日も写真を撮ったピラミッドアジサイ、この暑いときに、まだまだ元気だった

散歩の途中の浅川にかかるふれあい橋では、バーベキューや水遊びする人たちがいたけど、あまりの暑さに、橋の下の日影で遊んでいた人が多かった
高幡不動0816-1高幡不動0816-2
今日はなんだか空が青いお盆で都心から人や車がいなくなって空気がきれいになったのか?さすがにそんなことはないか

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

本栖湖キャンプ2008年夏 食事編

先日の本栖湖キャンプでの食事
と言っても、たいしたものは作ってなくて、お手軽なものばかり

渋滞回避とETC割引のために夜中にキャンプ場に到着して、とりあえずテントだけ張って寝るが、その前にテントの前室でカップヌードルを食べるのが最近のパターン(下写真左)真夜中に食べると美味しい
キャンプ食事-1キャンプ食事-3
翌日は朝寝坊、遅い時は10時すぎまで寝ていることもあるだから朝食というよりはほとんど昼食から始まる。それも簡単に食べられるパスタ(上写真右)

遊びに行く予定があれば、このあと遊びに行くけど、今回は何もせずにのんびりしに来ただけなので、おやつ兼つまみを作り始める。まずは時間がかかるチーズとゆで卵のくん製をセットする(下写真)
キャンプ食事-2キャンプ食事-4
(写真左)ホームセンターで3000円ほどで買ったお手軽くん製セットにチップ(この日は桜)を置いてバーナーで火をつける、チーズがとけるのであまり盛大に燃やすことができない

そのまま1時間ほど経過したところ(上写真右)いい色が付き始めているけど、まだ我慢。このあとさらに1時間ぐらいしてから食べた。当然ビールを飲みながら、う〜ん最高

くん製している間にトウモロコシを焼く。今回からJES333さんのブログで教えてもらったように皮がついたまま焼いた(下写真)
キャンプ食事-5キャンプ食事-6
全体がだいぶ焦げてきたところで皮をむくと、確かに全体的に焼きむらがなく、とてもうまく焼けていた

次にしょうゆをつける。キャンプ場ではハケを持ってくるのが面倒なので、ビニール袋にしょうゆを入れてガシャガシャやる(下写真左)
キャンプ食事-7キャンプ食事-8
(上写真右)しょうゆをつけたら再度焼いて焦げ目をつける、しょうゆの香ばしい香りがしてくる

(下写真)次は夕食。今回は前日に買った豚の骨付き肉をタレにつけておいたものを焼く。タレがついた肉はすぐに網が焦げるのがちょっとたまにキズ
キャンプ食事-10キャンプ食事-12
日頃のメタボ対策一切忘れて、ひたすら美味しく食べる

我が家のキャンプでよくやるのがお好み焼き(下写真)
キャンプ食事-9キャンプ食事-11
これを3枚ぐらい焼いて残ったのは翌日の朝食にします

ということで、食べたり飲んだりで、命は洗濯されるけど、腹周りには肉がついて帰ってきました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

百草園 春は梅と雑踏、夏は緑と静寂

たびたび散歩で訪れて、これまで何度かブログで紹介してきた、京王線沿線で梅の名所として知られている百草園は今どうしているか

梅まつりの頃の記事=梅づくし(その1)(その2)(その3)(その4)
梅まつり後の記事=新緑の頃(6/4)あじさいの頃(7/8)
ちなみに私は新緑の頃(6/4)が一番気に入っている

この時期(9月30日まで)入口受付が無人になる。
売店もお休みで園内にある松連庵での蕎麦も食べることができない

春と夏では随分人手が違うから当然といえば当然なことで、その風景と人出の違いを見るために写真を並べてみた
(写真はすべて左側が春、右側が夏、ほぼ同じ場所)

まず、梅まつりが終わると人出が極端に減る
百草園春-2百草園夏-2

緑が濃くてあじさいなど花もいろいろ咲いているのに残念
百草園春-3百草園夏-1

でも、梅の華やかさにはやはり勝てないかな
百草園春-4百草園夏-4

山全体もこんなに色が違う
百草園春-1百草園夏-3

次に人出が増える紅葉の時期に備えて、ゆっくり休んでください

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

「道の駅 なるさわ」

本栖湖キャンプの帰りに「道の駅 なるさわ」に寄った。夏休みとはいえ平日の昼間なのにすごい車、駐車場もほとんど空いていない状態にちょっとびっくり
道の駅200808-1
なんとか空いていた場所に車を止めたが、とにかく人が多い
軽食コーナーをちょっとのぞいたけど席は全部埋まっていたので、昼食はあきらめて、案内窓口でサユサユさんのブログにあった「道の駅スタンプラリー」のスタンプシートをもらって、スタンプを押したあと、お土産だけ買って帰った

道の駅200808-4

この「道の駅 なるさわ」は日帰り温泉施設「ゆらり」がすぐ隣にあって、ここで富士山は見ながら入る露天風呂はとても気持ちいい

もちろんこの道の駅からも富士山が良く見えるはずなんだけど、この日はあいにく頂上付近は雲がおおっていて、富士山の稜線しか見えなかった、残念
道の駅200808-3道の駅200808-2
こうしてゆっくり入道雲を眺めたのはこの夏初めてかも。この稜線付近は雷が鳴っているのかな

ところで、「道の駅」ってどこが運営しているのか?と疑問に思って調べてみると、「道の駅」コンセプトに基づいて、地元の自治体や道路管理者が整備した休憩施設(Pやトイレ等)と地域振興施設から構成される施設を、国土交通省の道路局長が認可するものだった

私が最初に「道の駅」というものの存在を知ったのは、たぶん10年ちょっと前(1995年頃)、東京から車で三重県津市にあるお墓参りをした後、帰路で愛知県内を走っていた時かな。

最初は道に駅?なんだか変だよなぁって思った記憶があり、しかもまだほとんど利用者がいなかったので、いまひとつ寄る気がしない施設だった気がする

ところが最近はどこの「道の駅」に行っても利用者が多く、高速道路のSAやPAと同じような役割をしっかり果たしてくれていてとても助かる。特にトイレ休憩が

「道の駅」の第1回登録が1993年4月でその時が103駅だった。その後どんどん増えて2008年8月8日までで885駅にもなっているのが、「道の駅」人気の証拠だろう。鉄道と同じように道路にも駅があっていいじゃないかという考え方は正しかったようだ

ところでいろいろ調べていると、うちから車で30分足らずで行ける「道の駅 滝山」は東京都初の「道の駅」で、しかもここが開設されたことにより、全国47都道府県全てに「道の駅」の設置が完了したという、「道の駅」にとっては記念すべきところだった

でも、いまだに行ったことがない・・・何かの時に必ず行ってスタンプを押してこよう

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち