ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

浅川から南鳥島へ5

冬で河川の水量が減るこの時期には、家から100mほどのところに流れている浅川の護岸工事や河川改修工事が始まる。

浅川の土手を毎週末散歩しながら高幡不動に行くので、工事などがはじまるとその作業状況や週ごとの変化をついつい観察しまうんだけど、今日の話題はこの浅川の工事ではなくて、浅川ってどこが管理しているのか?と思ってインターネットを探してそのホームページをみた時の話。

浅川ふれあい橋付近浅川看板








浅川を管理しているのは国土交通省の京浜河川事務所なので、その京浜河川事務所のホームページを見ると、当然のごとく京浜地区の代表的な河川である「多摩川」「鶴見川」「相模川」のメニューが並んでいる。ちなみに浅川は多摩川の支流(支川)。

でも今回、私の目にとまったのが代表的な河川メニューと一緒に並んでいる「沖ノ鳥島」。「沖ノ鳥島」の保全や管理についてというページ。

このページには沖ノ鳥島に関する記述が国の機関らしい書き方で書かれているんだけど、おおと思ったのは「沖ノ鳥島をもっと大きく見たい方はこちらからごらん下さい ↓」の下にあった空から見た沖ノ鳥島(Google マップへ)をクリックした時。

いやぁ〜さすがにGoogleマップはすばらしい。東京から2000Km近くも離れた絶海の孤島、それも数m程度の2つの島だけの航空写真がちゃんとある。(さすがにその周辺はないみたいです・・・)

うれしくてどんどんアップにしてみた
緯度はハワイと同じで日本唯一の熱帯気候らしい。
南の島サンゴの海だ。頭の中は松田聖子の「青いサンゴ礁」が流れる→完全におバカさん

この海で泳いだらさぞ気持ちがいいだろうなぁ、絶海の孤島とはいえ、サンゴ礁のリーフ(環礁)の中は比較的静かで安全に泳げるだろう。(そういえば石原都知事が視察の時に泳いでいるニュースを見た記憶がある)

リーフの外側は海の色が青黒く、たぶんいきなり何百mもの深みに落ち込むダイナミックな光景が広がっているんでしょう。むかし沖縄の石垣島で同じような(と言っても30mぐらいまでの深みでしたが)ところをシュノーケリングした時は、空を飛んでいるような感覚になりました。

観測施設の下側の旧日本軍がサンゴ礁の一部を爆破してつくった幅15mの水路もちゃんと見える。島を離れようとしている船まで写っているのは、動きが感じられてこれまたGood!な撮影タイミング。

もうちょっと島(岩?)、観測施設が大きく見れるサイズまでアップしたところで「恐れ入りますが。この地域の詳細画像は表示てきません」になってしまった、惜しい
ちなみに他のサイトでは沖ノ鳥島 写真館のサイトがかなり近くまで近寄っている写真が見れます。

沖ノ鳥島の写真が見たくてインターネットを検索していると、当然のごとく排他的経済水域の話も出てくる。(沖ノ鳥島が注目されている大きな理由ですからね)

このページの日本の排他的経済水域の図を見ていると、確かに沖ノ鳥島が広いエリアの確保に貢献していてこの島がなくなると、これらの範囲の権利を失うのはわかる。
でも同じように太平洋に大きなエリア確保に貢献している別の島があることに気がつく、それが南鳥島(Google マップへ)だった。

南鳥島?台風情報で聞いたような気もするが、あまり話題にならない。
広域な日本の排他的経済水域に貢献しているのに、ちょっとかわいそう
沖ノ鳥島は日本の最南端だけど、こちら南鳥島は日本の最東端、全然互角だ!(何がだ・・・

細かいことは別にして、沖ノ鳥島は「島」ではなく「岩」だという外国の指摘もあり、さらに波による破壊と水没の危機が迫っていてとっても危うい状態だけど、南鳥島は、ちゃんと飛行場もあり人間が住むことができるため、「島」としてそしてそこから得られる「排他的経済水域」が安泰であるというのが注目度の違いらしい。少なくとも私にはそう感じられた。

優等生より問題児の方が注目されるってこと?なんだか子供と同じだ・・・

近所の浅川の工事から、いつのまにか太平洋の孤島と排他的経済水域という全然ちがうことになっていた
こういうのもインターネットの楽しみだよね。

お正月バージョンを終了しました

さすがにもうお正月気分は終了させないと・・・
ということで、冬のイメージ(=雪)のデザインに変更しました。

最近、東京では冬に雪が積もることがめっきり少なくなってしまいましたね。

写真は一番最近(2006年1月21日)のちびたの雪遊びの写真です。
たぶんこれ以後は雪遊びができるほど雪は積もっていないと思います。

雪遊び2006年1月

今週の高幡不動Vol.6(01/13)4

今日は寒い1日でした。
強い北風が吹いて、気温よりもずいぶん寒く感じたと思います。

今日の高幡不動の人出はいくぶん落ち着いた感じですが、それでも普段の週末よりは多く、屋台もまだまだ沢山出ていました。

普段はお堂の前まで上がってお参りしているのですが、お参りの人が多くて初詣からまだお堂前まであがれていません

賽銭箱もまだ初詣仕様のままです



お不動さん0113-1


お不動さん0113-2


お不動さん0113-3


散歩写真(Vol.1)100%ファミリーって?3

近所に以前から気になっている看板がある。

100%看板

「100%FAMILY」
100%ファミリーということはファミレス?
そんなわけはないような、ハイネケンの看板もあるし・・・
ファミレスでビールが飲めないっていうわけではないけど、雰囲気が「家族」で行くっていう感じには思えない。
ファミリーを「家族」と解釈するのがちょっと違う?イタリアの人ならば違う解釈をするのか?そうマフィアのいう「ファミリー」です。





100%店

いつもは前を通過するだけなので、勇気を出して(ちょっと大げさです、すいません)店の前まで行ってみた。
[RESTAURANT&BAR]という文字がある。
やっぱりファミレスというか子供を連れて行くって感じではなかった。


URLがあるアクセスしてみた→ここです
ラテン系創作料理、なるほどラテン系。やっぱりファミリーを日本的人的な「家族」と解釈する人たちではなかったかな

ちょっと落ち着いた、よかった

スキーブーツを買い換えたいけど

スキーブーツ

これは私がいまでも履いているサロモンの「SX91」です。

実はこれより高くて、赤と白のデザインが格好良くてすごく人気があった「SX91 EQUIPE」というのがありましたが、あまりにミーハなモデルだったことと、当時スキーの道具を買っていた吉祥寺の「山幸」というお店の店長が、「EQUIPEは値段の差ほど機能的には変わらない。EQUIPEにある角度調整機能を使って前傾姿勢にしたいならばリアエントリータイプじゃなくて4バックルのラングを買った方がいい。」と言われたこともあって選んだものです。
この時、ラングをちょっと履いてみたけどすごく痛いホールド感バッチリというよりグッと締め付けられてって感じなので前傾姿勢にはなるけど、こんなに痛いのは嫌だ

その頃はリアエントリーの大ブームでほとんどすべてのメーカーがこのタイプ。4バックル(フロントバックル)は硬派のラングぐらいという状態でした。
このリアエントリータイプは前傾姿勢がとりずらく足の固定具合もいまいちだったため当初から上級者・本格派向けではないと言われていて、ブームも数年で終わってしまいます

私が初めてスキーの道具を買ったのは社会人になった年で、その時は初心者には履きやすいと言ってすすめられたノルディカ。そしてこのサロモンのSX91が2足目です(板は4枚目)。それからというものずっとこれを履いているわけで、いいかげん買い換えたい。というかもうボロボロだし、素材的にも限界で、滑っているあいだにバックリと割れたらどうするの?と心配になっています

リアエントリータイプは上級者には向かないとか言われるものの、別にいまさら痛い思いしたくないし、ガンガンすべってうまくなりたいわけでもない。とにかくリアエントリータイプは履くのも脱ぐのも超楽チンで、ずっとこれを履いてきたんで、いまさら面倒なタイプ(4バックル)にはしたくない。

という訳で、買い換えようと何度かお店で探したことがあるんだけど、いまではリアエントリータイプはジュニア用にちらほら見かけるだけ。大人用でリアエントリータイプはまったくない状態。何かが流行ると全部同じになり、廃れると、もうどこにもなくなるというのは困ったもんだ
リアエントリーブームの再来とは言わないけど、商品の多様性を考えて何種類かリアエントリータイプを作ってほしいものです。でも、売れないんだろうなぁ・・・

ところでこの靴は何年前に買ったんだろうか?記憶が定かではないんだけど、確かスキーバスで「私をスキーに連れてって」(1987年原田知世&三上博史)や「彼女が水着にきがえたら」(1989年原田知世&織田裕二)を見た覚えがあるから、もう20年近く前になるんだろうか?
そういえばこの映画、おやぢスキーヤーの昔話に必ずでてくる映画だね、反省・・・

今週の高幡不動Vol.5(01/06)

お正月休み最終日の今日も好天に恵まれ、風もなく暖かでした。

今日のお不動さんはお堂前に参拝する初詣の人がまだたくさん並んでいましたが、人出は一段落した感じです。駅からの参道も今日は普段通りで歩行者専用ではなくなっていました。

次に人出が多くなるのは初不動の日でしょう。
高幡不動尊は毎月28日がお不動さんの日になっていて、お参りの人が増え賑わいます。特に1月28日は年始めの初不動といって、だるま市やお稚児さん行列などいろいろな行事もあり、初詣についで大賑わいになる日です。

明日から仕事

20080106高幡不動3






20080106高幡不動1






20080106高幡不動2

万座温泉スキー場にて5

dd72f6bc.jpg
bdf984a4.jpg
正月は好天に恵まれました。
温泉のあるスキー場はいいもんですね♪
風呂に入って、飲んで、寝て、また風呂入って、飲んで、ちょっとだけ滑って、風呂入ってまた寝る(^o^)
昨晩、露天風呂に入っていたら、髪の毛が凍りついてモヒカンみたいになりました。

万座温泉スキー場は15年くらい前に1度来たことがありますが、その時は帰りに駐車場に止めていた車のバッテリーが上がって動かすことが出来ず大変な思いをした記憶があります(泣)
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ