ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

百草園 春は梅と雑踏、夏は緑と静寂

たびたび散歩で訪れて、これまで何度かブログで紹介してきた、京王線沿線で梅の名所として知られている百草園は今どうしているか

梅まつりの頃の記事=梅づくし(その1)(その2)(その3)(その4)
梅まつり後の記事=新緑の頃(6/4)あじさいの頃(7/8)
ちなみに私は新緑の頃(6/4)が一番気に入っている

この時期(9月30日まで)入口受付が無人になる。
売店もお休みで園内にある松連庵での蕎麦も食べることができない

春と夏では随分人手が違うから当然といえば当然なことで、その風景と人出の違いを見るために写真を並べてみた
(写真はすべて左側が春、右側が夏、ほぼ同じ場所)

まず、梅まつりが終わると人出が極端に減る
百草園春-2百草園夏-2

緑が濃くてあじさいなど花もいろいろ咲いているのに残念
百草園春-3百草園夏-1

でも、梅の華やかさにはやはり勝てないかな
百草園春-4百草園夏-4

山全体もこんなに色が違う
百草園春-1百草園夏-3

次に人出が増える紅葉の時期に備えて、ゆっくり休んでください

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

「道の駅 なるさわ」

本栖湖キャンプの帰りに「道の駅 なるさわ」に寄った。夏休みとはいえ平日の昼間なのにすごい車、駐車場もほとんど空いていない状態にちょっとびっくり
道の駅200808-1
なんとか空いていた場所に車を止めたが、とにかく人が多い
軽食コーナーをちょっとのぞいたけど席は全部埋まっていたので、昼食はあきらめて、案内窓口でサユサユさんのブログにあった「道の駅スタンプラリー」のスタンプシートをもらって、スタンプを押したあと、お土産だけ買って帰った

道の駅200808-4

この「道の駅 なるさわ」は日帰り温泉施設「ゆらり」がすぐ隣にあって、ここで富士山は見ながら入る露天風呂はとても気持ちいい

もちろんこの道の駅からも富士山が良く見えるはずなんだけど、この日はあいにく頂上付近は雲がおおっていて、富士山の稜線しか見えなかった、残念
道の駅200808-3道の駅200808-2
こうしてゆっくり入道雲を眺めたのはこの夏初めてかも。この稜線付近は雷が鳴っているのかな

ところで、「道の駅」ってどこが運営しているのか?と疑問に思って調べてみると、「道の駅」コンセプトに基づいて、地元の自治体や道路管理者が整備した休憩施設(Pやトイレ等)と地域振興施設から構成される施設を、国土交通省の道路局長が認可するものだった

私が最初に「道の駅」というものの存在を知ったのは、たぶん10年ちょっと前(1995年頃)、東京から車で三重県津市にあるお墓参りをした後、帰路で愛知県内を走っていた時かな。

最初は道に駅?なんだか変だよなぁって思った記憶があり、しかもまだほとんど利用者がいなかったので、いまひとつ寄る気がしない施設だった気がする

ところが最近はどこの「道の駅」に行っても利用者が多く、高速道路のSAやPAと同じような役割をしっかり果たしてくれていてとても助かる。特にトイレ休憩が

「道の駅」の第1回登録が1993年4月でその時が103駅だった。その後どんどん増えて2008年8月8日までで885駅にもなっているのが、「道の駅」人気の証拠だろう。鉄道と同じように道路にも駅があっていいじゃないかという考え方は正しかったようだ

ところでいろいろ調べていると、うちから車で30分足らずで行ける「道の駅 滝山」は東京都初の「道の駅」で、しかもここが開設されたことにより、全国47都道府県全てに「道の駅」の設置が完了したという、「道の駅」にとっては記念すべきところだった

でも、いまだに行ったことがない・・・何かの時に必ず行ってスタンプを押してこよう

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

本栖湖キャンプ2008年夏

本栖湖にキャンプに行った
今年はまだ2回目、子供達が大きくなるとなかなか予定が合わない

今回も吹奏楽部の道の日コンサートが8月9日にあったが、ここで行かないと、真夏の本栖湖キャンプに行けなくなるので、日・月曜の日程で決行

場所は本栖湖キャンプ場、一番お気に入りのキャンプ場
本栖湖キャンプ2008-13本栖湖キャンプ2008-14
入口には広い駐車場、でもキャンプをする人は、ほとんどこの右奥の林の中のキャンプサイトに車で入る

渋滞回避とETC割引活用のため、ここに来る時はいつも夜中に到着。今回も土曜日の夜中23時過ぎに到着。真っ暗の中場所探し休みの週末だけあって、いい場所には当然先客がいるいろいろ検討した結果、トイレの真横に決定。テントだけ張って就寝
本栖湖キャンプ2008-1本栖湖キャンプ2008-2
翌朝、別の場所も探したけど、結局ここが一番良くて、そのままトレイ横でテント前にタープを設営。最近はみんなが分担して設営くれるので、ずいぶん楽になった

一番ここが良い理由は、トイレが近いこと。真横だから当たり前
ちなみにこのトイレは水洗で、管理人さんが毎朝きちんと掃除してくれるので、真横でもまったく匂いはない

(下写真左)設営完了、子どもたち用にハンモックは2つ
本栖湖キャンプ2008-3本栖湖キャンプ2008-4
私はタープ前のリクライニングチェアーでボーとする、見慣れた林の中のキャンプサイトを眺めながらゆっくりくつろぐ(上写真右)
目の前の水たまりは、毎年ここにできる大きな水たまり、晴天が続くと水はなくなるけど晩秋まで湿った状態が続く。

このキャンプは特に何も予定なし、ここでのんびり焼いたり飲んだりして、ゆっくり過ごすだけ

今回初登場のランタン、やっぱりランタンは自然の中が似合う
本栖湖キャンプ2008-5本栖湖キャンプ2008-6
タープの中すごく明るい以前はどうしていたんだ?って思うぐらい

キャンプ場のところどころに咲いているいろいろな花(下写真)
本栖湖キャンプ2008-7drawing
つゆ草を見つけたので、アップで撮ったけど、いまひとつ明るすぎてよくわからないので、星印をつけた(上写真右)

きれいだと思いつつも、相変わらず花の名前はよくわかっていない
本栖湖キャンプ2008-9本栖湖キャンプ2008-10
洗い場のそばには、まだあじさいが咲いていた(上写真右)

撤収の片付けもいろいろと手伝ってくれるが、シュラフを干したりするので、どうしても設営より撤収の方が時間がかかる
本栖湖キャンプ2008-11本栖湖キャンプ2008-12
本栖湖に来ると1度は雨が降る・・・今回も日曜日の夕方に雷が鳴って、少し雨が降ったので、テントをひっくり返して天日干し

キャンプの楽しみと言えば食べ物だけど、まだ写真の整理中

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

8月10日は道の日

「道の日」は身近な存在である道路の意義・重要性について国民に関心を持ってもらうために8月10日を「道の日」として国土交通省が昭和61年度に制定

なぜ8月10日なのか?それは大正9年8月10日にわが国で最初の長期道路整備計画である「第1次道路改良計画」が実施されたことと、8月が「道路ふれあい月間」(旧「道路をまもる月間」)の期間中であることによるらしい(国土交通省のHPより抜粋)
2008_0809_0951332008_0809_102245
京王線高幡不動駅イベントスペースにCO2削減&道の日イベントのコーナーができていた
団扇をくれた、暑い日はティッシュよりありがたい
道の日2008-2drawing
地元中学吹奏楽部によるミニコンサートは昨年まではJR日野駅でやっていたらしいが、今年から京王線高幡不動駅開催になったそうです

夏に負けないでがんばりましょう(1分ほどの動画)


「道の日」はガソリン税なし高速道路無料なんてことやってくれたら、もっと「道の日」が実感できるし、生活面でもうれしいんだけど
そんなことしたらガソリンスタンドが大混乱になるかな

※コメントへのご返事が少し遅れます、ごめんなさい
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


今週の高幡不動Vol.35(08/09)池田屋は閉店

今日はちょっと薄曇りのおかげでギラギラの太陽は出ていないが、蒸し暑い
高幡不動尊の境内はいつものようにとても静か、少ないけど参拝する人が写っているのは、ちょうど護摩修行の時間だったからかな
高幡不動0809-1高幡不動0809-2
珍しく飛んでいるハトが写った

下の写真は高幡不動尊を少し離れて、京王線高幡不動駅前ロータリー近くにある池田屋。いかもに新撰組ゆかりの地という名前のお店
でも実際は京都なんだけど・・・

池田屋は会合中の長州藩尊皇攘夷派を新撰組が急襲した旅館で、私のNHK大河ドラマの記憶では、最初に近藤勇が数人で切り込こみ、情勢が一進一退の時に土方隊がかけつけて一気に勝ったような流れだったと記憶している
池田屋-1池田屋-2
看板には出演定食として近藤勇丼とか土方歳三丼とかあるので、どんな内容か楽しみにして行ってみたんだけど、もうお店として営業はやっていないと言われてしまった
看板には絶賛営業中とあるんだけどなぁ・・・

ところで、ちょっと似ていて私がよく間違えるのが寺田屋。こちらは坂本竜馬襲撃。でも竜馬は一命をとりとめて助かり、中岡慎太郎と共に暗殺されるのは近江屋

キャンプ出発
キャンプ道具の積み込み終了、夏のキャンプはクーラーBOXが2つ必要だけど、ウインドサーフィンさえしなければ防寒用具がないため、かなり余裕の荷室

※コメントへのご返事が少し遅れます、ごめんなさい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

2008・08・08 北京オリンピック開会式

昨晩は北京オリンピックの開会式だったが、参加国の入場行進を子供たちと学校の地図帳を広げながらTVを見た

入場してくる国を地図帳でいち早く見つけるだけなんだけど、小学5年生のちびたには結構役に立ったかもしれない。
最初は南アメリカとアフリカを何度も混同していたし

北京オリンピック
(昨日のGoogleページから)

204カ国目の中国が入場してきた時には、やっと終わったって感じだったが、私にとっては知らない国がすごく増えた(特にロシアから独立した国々)のと、カリブ海の国がすごく多いなぁと思った

これだけ世界中に注目されているイベントです。単にスポーツの祭典ですからというわけには行かないのは理解できるが、競技をする選手たちはこの日のために血と汗の努力を積み上げてきたわけだから、すくなくとも開催期間中だけはスポーツ大会として楽しめるといいですね

高幡不動尊 急で登れない鐘楼

高幡不動尊には階段が急で登れない鐘楼がある

下写真左が急な階段を下から見たところ、上の方に鐘楼堂がある
鐘楼-4鐘楼-2
上写真右が鐘楼から階段を見降ろしたところ、確かに急階段これはちょっと危ないかも

上がってみると結構立派な鐘楼がある五重塔と同じで近年再建されたものだろう
鐘楼-1鐘楼-3
そういえば私は高幡不動尊の鐘の音を聞いた記憶がない、大みそかの除夜の鐘など行事がある時以外はあまり撞かないのだろうか
階段では登れないし、そんなにしょっちゅう撞いてられないかな

ところでここにはどうやって行くのか
実は、セミの声を聞いたお地蔵さんの横の階段と坂道を登って行くと、わりとすぐにたどりつける

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ