ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

沖縄 琉球村(ハブセンターなど)

昨日に続き琉球村になりますがお付き合い頂けるとうれしいです

パンフレットに撮影ポイントと書かれている村内の池、緑色した池の色が沖縄の青い海との対比で面白い。あまりに良い天気でちょっと写真も明るすぎる
琉球村2-1琉球村2-5
池には橋がかかっていて、そこから池の鯉にエサをあげられるんだけど、人が来るだけで鯉がすごい勢いで集まってきた・・・ちょっと恐いぐらい

(下写真左)池の橋からみた景色。琉球村の全体的なイメージを1枚の写真にするとこんな感じですっていう景色
琉球村2-6琉球村2-7
(上写真右)陶芸工房の建物、なんだか雰囲気がある建物
この中では陶芸体験もできて、手前のちょっとだけ写っている明るいレンガ色の屋根が登り窯

沖縄の「赤土粘土」を使ったたくさんの陶芸品があって、欲しいなあとも思うんだけど、狭い我が家に飾る場所はなく見るだけ

きれいだなって思った花を撮ったけど、やっぱり名前はわからずです。ごめんなさいもしわかる方がいたら教えてください
左の赤い花がブーゲンビリア、右はトレニアではないかと教えていただきました。ふれぐらさん、しまさん、ailanaさんありがとうございました
琉球村2-2琉球村2-10
ブーゲンビリアは真ん中の小さな白のが花で、それを取り巻く赤く花びらに見える部分は葉(包葉)だということもわかりました

(下写真)多幸山ハブセンター、ここで3Dハブショーが見られる
動物愛護法の法律改正で7年ぐらい前からヘビとマングースの決闘ショーはできなくなり、いまは3Dメガネをかけた立体映像のビデオを見る形式(内容はちょっと演出過多気味かな
琉球村2-3琉球村2-11
(上写真左)入口の左上にマングース、右上にハブがいる、マングースがちょっと可愛い(上写真右)入口から中まで少し歩くが、その途中は地形をうまく利用して、琉球村の雰囲気から一転、なんとなく不気味な雰囲気にしている

決闘はしないけど、ここでハブとマングースを見ることはできる。演出過多気味の3Dビデオよりも気性が荒いアカマタ(?)という無毒の蛇を使って、蛇がどのように攻撃してくるかの実演の方が面白い
琉球村2-4琉球村2-12
この説明をしているおじさん、飼育係のような服を着て淡々としたしゃべりでいろいろ説明するんだけど、いきなりアカマタを足で威嚇したり、やることはなかなか大胆

このおじさんとアカマタの戦い(?)を動画に撮った
借りたデジカメだったので、きちんと撮れていないいいところで終る。しかも説明している音声が撮れてない大変もうしわけないです

後でうろうろしているマングースの方がなんとなく気になる

(下写真右)琉球村の出口。
ここを出ると、また沖縄の駅「ちゃんぷるー」になる
琉球村2-9琉球村2-8

この琉球村。陶芸や三線などの体験ができて、食事ができて、お土産が買えるとなると、観光向けに作られたよくある観光施設やテーマパークを思い浮かべてしまう。
しかし、村中に沖縄各地から移築された古民家は本物で、じっくり見ると昔の生活様式がわかって、とっても興味深いものがある。何よりも伝統のものを紹介・伝承しようしている人たちの姿が自然で、わざとらしさが感じられず、行ってみてよかったと思う所だった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

沖縄 琉球村

琉球村「青の洞窟」がある真栄田岬にも近いので、昨年も前を通過したが、今年は家内が絶対に行きたいというので入ることにした

すぐ近くにきれいな真栄田岬があると、ついつい海海とそちらに行ってしまうが、琉球村は入ってみてとっても良かったと思う

沖縄版の道の駅と言える沖縄の駅「ちゃんぷるー」と琉球村が隣接していて、駐車場から入るとまずは、沖縄の駅「ちゃんぷるー」に入る。ちなみに沖縄には道の駅もちゃんとある

沖縄の駅はドームになっていて、その中にちゃんぷるー市場、ちゃんぷるー劇場、うちなー食堂がある(下写真右)
琉球村1-1琉球村1-2

琉球村は沖縄の駅に隣接しているチケット窓口でチケットを買って入る(下写真左)3Dハブショーをやっているハブセンターはこの琉球村に入って奥の方にある
琉球村1-3琉球村1-4
琉球村の中は古民家がいくつも移築されている(上写真右)いろいろなところから三線の音が聞こえきたりして、昔の沖縄の集落に行ったような感じにさせてくれる

(下写真左)琉球村にあるジェラートや冷たいジュースを売っているお店、隣にはバナナが
琉球村1-7琉球村<br>
1-6
このお店は「ポーポー屋」っていうんだけど、屋根の上にはハトが2羽。あまりに出来すぎなんで作り物かと思ったけど、本物のハトだった

きれいな花もたくさん
琉球村1-5琉球村1-11
すいません、せっかくのきれいな花ですが名前はわかりません
右の黄色い花がランタナ、左の赤い花がサンダンカではないかと教えていただきました、まめっちさんありがとうございます

下写真は、旧大城家(江戸時代築)那覇市首里から移築、琉球政府高官の邸宅。庭も含めてなんだかすごく気に入ってしまった
琉球村1-12琉球村1-8

琉球村1-10琉球村1-9
パイナップルみたいなのはアダン。BIGBAYのシーカヤックのツアーで、地面に落ちたこのアダンをヤドカリがたくさん食べにくることを聞いたが、ヤシガニもアダンが大好物らしい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


散歩写真(vol.36)田んぼの忘れ物(その後2)

散歩の途中で久しぶりに田んぼの状況を確認してみた
(以下はお盆過ぎの写真、季節はどんどん過ぎて行ってしまう

よく見ると気がつかないうちにイネの花が咲いている
田んぼのその後-3田んぼのその後-1

6/29の散歩写真(vol.23)近所の田んぼに忘れ物と7/21の散歩写真(vol.31)田んぼの忘れ物(その後) でご紹介した田んぼの端に置き忘れられて苗たちも、その後どうなっているか気になって探してみた

田んぼの忘れ物もグングン成長して、回りと区別がつかなくなっている
田んぼのその後-4田んぼのその後-2
たぶん収穫の頃は、忘れ物だった苗も回りと同じように、しっかり成長していると思う

ここはハスもはえてきて、田んぼなんだかよくわからない。ちょっと前は菖蒲が咲いていたので、ここが沖縄だったら、まさにちゃんぷる〜(ごちゃまぜ)って感じかな
田んぼのその後-5田んぼのその後-6
上写真左はお盆すぎの頃、写真右が直近(8/30)の状況、こっちは携帯写真なので色とか明るさがかなり不自然

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.37(08/30)空はぐずつき模様

先週は雨で散歩できず、2週間あいただけだけど、途中に沖縄に行ったりもしたので、久しぶりにホームグランドに帰って来た気分

今日の高幡不動尊はいまにも雨が降りそうな空模様。暑さが一段落したためか、真夏より人がいるような気がする

デジカメが2台ども壊れてしまったので久ぶりの携帯写真。
いまさらだけど、この携帯のカメラ機能はかなりいまいち、特にこんな曇天の時は全然だめ、何枚かピンボケもあった
高幡不動080830-4高幡不動080830-5

(下写真左)駐車場にやぐらが組んであった
確か8月のお不動さんの日(8月28日)が夏祭り(盆踊り)だったと思うけど、このところ毎日雷雨なので開催できたのかな?
高幡不動080830-6高幡不動080830-3
(上写真右)散歩の途中の浅川。夜中に大雨が降った時は、どこまで水面が上がったんだろうっていうぐらいに草が絡みついている

8/29の真夜中は、あまりに雷の音がうるさくて眠れないぐらいの雷雨だった、地響きして家が何度も揺れたぐらい

(下写真左)普段は水遊びできる、ふれあい橋下もこんな感じ
高幡不動080830-2高幡不動080830-1
(上写真右)これは7月下旬頃に撮った写真。砂利の堤防を作るために、またパワーシャベルの登場

しかし、これ何度作ってもきりがないんじゃないかなぁ・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

浅草散策 仲見世など

引き続き(いったい、いつの話だ・・・)浅草を散策

さすが仲見世、よく見るとなかなかおしゃれ。普通の商店街とは違う
浅草2008-4浅草2008-5
後日初めて知ったんですが、これって開閉式なんですよね

(下写真左)宝蔵門に一番近いこのお店では人形焼きを小さい紙袋に入れたものを食べ歩き用として売っている、当然買って食べた
浅草2008-6浅草2008-9
(上写真右)これはお土産用に買って帰ってきたもの

なんだか面白い焼き肉屋のビル(下写真左)本当に和牛ですか?って思ってしまうデザインの牛像
浅草2008-1浅草2008-3
昔ながらの扇子・団扇を売っているお店(上写真右)いつも100均の扇子ばかり使っているけど、たまにはいい扇子をと思ってこのお店で扇子を買った

(下写真左)浅草はサンバカーニバルも有名だけど、この日もサンバのリズムで踊る人たちがいた
浅草2008-8浅草2008-2

実は浅草に来る最大の目的はこの舟和の芋ようかんとあんこ玉を買うことだったりする
浅草2008-7浅草2008-10
さつま芋の自然な甘みを生かした芋ようかんと、甘味をおさえた、小豆・いんげん・抹茶・イチゴ・あんず・珈琲の6種類香りがするあんを寒天で包んだあんこ玉は最高に美味しい

私の好みは食べた時に舌にわずかな塩味を感じるあんこ
芋ようかんとあんこ玉は夏でも熱いお茶で頂きたい

下写真はhirokunさんのコメントにあった神谷バー。恥ずかしながらお店を見たとき、なんでここに神谷バーがあるんだ?神谷町にあるんじゃなかったっけ?って思った
神谷バー

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


浅草 金龍山浅草寺

<<なんだか久しぶりに東京の話題>>

8月最初の中学校吹奏楽コンクールに行った帰りに、浅草行った
実はあんこ玉を買うことが目的だったりする・・・

まずは浅草雷門、入口側(下写真左)と反対側(下写真右)から
雷門の大提灯の間から仲見世が見える、雷門をくぐると浅草寺の参道でもある仲見世通りが続く
浅草寺2008-1浅草寺2008-8
雷門は向かって右に風神像、左に雷神像を安置することから、正式には「風雷神門」というらしい、現在の雷門は1960年(昭和35年)に鉄筋コンクリート造で再建されたもの

(下写真右)雷門の大きいちょうちんに「松下電器産業株式会社 松下幸之助」とあったので、おや?っと思って写真を撮っておいた。あとで調べてみるとやはり病気平癒した報恩のために寄贈したものだった
浅草寺2008-11浅草寺2008-12

雷門をくぐると仲見世通り。仲見世から宝蔵門(仁王門)を見たところ、なんか浅草寺に来ましたって感じがしてくる(下写真左)
浅草寺2008-2浅草寺2008-4
宝蔵門は左右に仁王(金剛力士)像を安置することから、「仁王門」とも呼ばれていたらしい。

宝蔵門全景。下写真左が仲見世側から、右が本堂側から見たところ。有名な大きな「わらじ」も見える。とにかく、これが門ですか?というぐらいにでかい
浅草寺2008-3浅草寺2008-7
現在の門は1964年(昭和39年)に再建された鉄筋コンクリート造。再建後は、宝蔵門と称していて、門の上層は文化財の収蔵庫となっている。

本堂はさらに大きくて、本尊の観音像を祀るため観音堂とも呼ばれている。この瓦屋根はかなり傾きがきつくて、修理が大変そう
浅草寺2008-5浅草寺2008-10
現在の堂は1958年(昭和33年)に再建されたもので鉄筋コンクリート造。雷門から宝蔵門、本堂までみんな私と同年代だ

最後はやっぱり五重塔。バックに森の緑ではなくて、ビルが見えるのが浅草らしいかな
浅草寺2008-9浅草寺2008-6
現在の塔は1973年(昭和48年)に再建されたもので、鉄筋コンクリート造。塔の高さが約48m、基壇を入れると総高53mになる。ちなみに高幡不動尊の五重塔は塔の高さが39.8m、総高45m、ちょっとだけ負けちゃいましたよお不動様

さすがに東京で1,2を争う観光地だけあって、人も多いし、耳にする外国語率がとっても高かった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

沖縄 プライベートビーチツアー

ペンション「へのこ」のみどりさんにお世話になった無人島ツアー

南海上の台風の影響などもあって無人島には渡れず、プライベートビーチツアーになったけど、とっても素晴らしいところだった
こういうビーチで1日過ごせることは、この先もまずないと思う

下写真がゲストハウス。テーブルやベンチとバーベキューグリルがある。シャワー、トイレ、更衣室も階段下にある
プライベートビーチ-2プライベートビーチ-1

まるで絵ハガキのようなビーチ。使い方も慣れていないお借りしたコンパクトデジカメでも、この素晴らしいビーチが絵ハガキのような写真を撮らせてくれる
プライベートビーチ-3プライベートビーチ-4

とにかくこのリゾートホテルのプライベートビーチのような広くてきれいなビーチに我が家4人しかいない
プライベートビーチ-5プライベートビーチ-7
このカヤックでビーチの端っこにある岩場に行ってみて、そこでシュノーケリングして潜ったりしているうちに、あっという間にお昼になった

このアメリカンなバーベキュー。もうお肉はいりませんって英語でなんていうんだ?とか考えているうちにお腹いっぱい
プライベートビーチ-6プライベートビーチ-8
お菓子も飲み物もみんなアメリカのもので珍しい。特に飲み物は日本ではなかなか見かけない種類のものばかりで楽しかった

砂浜をバギーで疾走する姿は、まるでカリフィルニアの海岸みたい
プライベートビーチ-10プライベートビーチ-9
ビーチバレーもやってみたけど、オリンピック公式ボールは我々には重くて硬くてすぐにギブアップ

とにかく1日中、こんな素敵なビーチで過ごすツアーを紹介してくれた、ペンション「へのこ」のみどりさんに感謝

この辺野古の海の沖合には、普天間基地代替施設の建設案が進んでいて、早ければ数年で、このビーチも閉鎖になってしまう可能性があるそうです・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ