ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

夏の思い出 沖縄みゆきビーチホテル

もう夏が恋しいっていう時期でもなく、まさに秋っていうのに夏の思い出・・・夏休みの宿題を今頃出している落ちこぼれ生徒って感じですが8月の沖縄旅行の話

今回のツアーに設定されていて泊まったみゆきビーチホテル、ここはわりと古いホテルらしく客室も少し年代を感じるが、ホテルのビーチはコンパクトながらも結構きれいだった

海側からホテルを眺めるとなかなか雰囲気はいい
みゆきビーチ-2みゆきビーチ-5
まさに夏って感じ今となっては季節感がないけど

これは監視員が座っている場所。なかなか雰囲気がある、このホテルの設備の中で一番気に入った建物(?)
みゆきビーチ-1みゆきビーチ-15
みゆきビーチ-16みゆきビーチ-3
いいよね、こんな雰囲気のいい場所での監視ならば

国道側からのホテルの外観、レストランは「味有季」というらしい。おやぢ当字かいな・・・
みゆきビーチ-13みゆきビーチ-14
(上写真右)正面玄関前に止まっているのが今回のレンタカー、ヴィッツくん。4日間がんばってくれました

300Kmぐらい走って燃費が13km/Lぐらいだったので、ガソリンスタンドでは、これだけ走ってこの値段?ってかなりお得感があった
それだけ普段は無駄なガソリンを使っているのか・・・

ただ4人乗って荷物積でエアコンONだと、信号青でなかなか回りのスピードに乗れないため、エアコンのスイッチを入れたり切ったり
まあ仕方ないかな

沖縄のことだから、きっと今の時期でも、これぐらいの陽射しがあたっているんじゃないかな〜ぁ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


散歩写真(vol.45)実りの秋 近所の光景

実りの秋ってことで、今回は近所の「実」がある光景(一部謎あり)

ほとんどの田んぼがもう稲刈りをはじめている。機械でできない部分や倒れた稲などは手で刈っているそうですよね?お母さん
実りの秋-1実りの秋-4
稲刈りが終わっているところも多く、こうやって刈取った稲を干さない田んぼがかなり多い
でもせっかく稲を干すならば竿の部分が鉄製(上写真左)だとちょっとさみしい、勝手なこと言って申し訳ないけど、ここはやっぱり木(上写真右)がいいなぁ

(下写真左)最近は人で不足ということでミレーの見た時代と違って、落ち穂拾いは人間がやらずに鳥たちにおまかせ、真ん中の白いハトが指示役?そんなことはなさそうだね
実りの秋-8実りの秋-3
(上写真右)用途がよくわからない駐輪場、稲刈りの人がここに通うため?でもこの辺りの田んぼはとっくに稲刈りが終わっている様子。何に使うのかすでに1台自転車が置いてあるのもさらに謎

(下写真左)初夏の頃には花がとてもきれいだけど、
(下写真右)この時期は赤い実がきれいなハナミズキ
実りの秋-12実りの秋-5
花の方はピンぼけ写真でごめんなさい

(下写真左)ススキの奥にこれまた赤い実がたくさんなっている
実りの秋-11実りの秋-7
(上写真右)そばに行って良くみると、ちょっと変わった実だ

ゴンズイ・・・看板がないと私には絶対にわからない。しかし役にたたないから魚のゴンズイにちなんで命名って、なんだいそれは
実りの秋-10実りの秋-6
役にたたないものの代名詞と言われたゴンズイもえらい迷惑な話だ、きっと彼らはそう言われていることを知らないと思うけど

今日の一言:「おい!ゴンズイ、それはあなたが役立たず」

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


goo いいアイディアが浮かぶと思う場所ランキング

先週末はあまりにもいい天気だったので、1日中ずっと近所を散歩だから写真はあるけど整理やらなんやら何もせずそんな時のgoo頼み、読書の秋でもあるし、この季節にはいいんじゃないかな?って思うランキング

1位:洋式のトイレ
確かにそうかもしれないけど、あんまり長居はしたいと思わない
ちゃんと「洋式の」と言っているところが良くて、「和式」だとかなり足が辛くなります・・・
そう言えば昔トイレにLANケーブルを引くっていう人の話があった、トイレでブログ・・・やめてくれ〜

2位:ベットの中
私にはこれはあまりないかも。だってアイデアが浮かぶ前に寝てしまうから・・・
ちなみにうちはベットではなく畳に布団

3位:バスルーム
リラックスはするけど、そのまんま脳みそまでも一緒にリラックスしてしまって、アイデアが浮かぶ前に風呂から出てきてしまうかなぁ、カラスの行水なんで

4位:図書館
学生時代は良く行ったけど、最近はほとんど行かない・・・
本棚にある本をパラパラ見ながら回ると、いいアイデアが浮かぶ可能性はある場所だけど、それだったら大きな本屋に行くかも

5位:自動車の中
他人が運転している場合ならば「バスの中」などと言うだろうから、これって自分が運転している車だと思うけど、これもあまりないな・・・車を運転している時ってそんなに深く考えごとってできないと思う
でも何考えているんだろう・・・謎

6位:近所の公園
公園で・・・?ベンチで座っている?散歩している?いろいろあるよね。
散歩することはあるけど、公園のベンチで座って考えごとってしたことないなぁ
座るときは考えごとじゃなくて散歩の休憩

7位:レトロな喫茶店
これがあれば一番いいと思うけど、残念なことに今はそんな喫茶店が私の身近にはない
昔は晩ご飯食べに行く喫茶店とか、競馬の話をしに行く喫茶店とかあったので、もし今こういう喫茶店が見つかったら、散歩の帰りにいつも寄ってしまうだろうな

8位:河川敷
9位:川沿いの遊歩道

これは2つにまとめてしまっていいかな。私としてはここが結構考えごとできるからいいアイデアが浮かぶかもしれない
河川敷を散歩しながらちょっと深く考えごとしていると、自転車にぶつかりそうになったり、ちょっとした段差で足を踏み外したり危ない時があるんだよね

10位:日本庭園
どっかの庭園に行って考えごとするんだろうけど、ちょっと優雅
きれいなお庭を見ながら、ゆっくりお茶をいただいて、羊羹食べて満足して帰ってきちゃいそう
家に帰ってお土産のお団子(また甘い物か)を食べながら、
あれなんか考えごとするために行ったんだっけなんてことに

ちょっと季節外れだけど、下写真は今年4月に撮った高幡不動尊の山桜。先日の高幡城址はこの一番高い所あたりになります
高幡不動山内の桜

写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

高幡不動尊山内 高幡城址

この週末は散歩に快適な天気だったので、高幡不動尊山内を奥の方まで入ってみた

まずは一番高いところにある高幡城跡を目指して登る

何箇所か登る道はあるんだけど、入り口付近の山あじさいが咲いている道は奥の方で土砂崩れがあったらしく、「通行止め」の看板があったので、一番奥の大日堂の横、六地蔵の脇を登ることに
高幡城址-1高幡城址-10
ここは「四季の散歩道」の入り口らしい。何度も通っているがいままでそのことは意識していなかった・・・

(下写真左)左側に人が小さく見えるが、この坂はかなりの急坂
でも、それほど長い距離ではなく、がんばって登ればこの坂は5,6分ぐらいで登りきれる
高幡城址-8高幡城址-2
(上写真右)かなり木が茂っていて少し暗い感じだけど、天気がいいので、日向は日差しが明るくて、坂道を前に進もうという気分にさせてくれる

お地蔵さんがちらっと見えるけど、高幡不動尊山内は山内八十八ヶ所巡拝コースがある。また何かの機会に紹介する予定

(下写真左)途中で写真を撮っていたので、正確な時間はわからないけどたぶん大人だと15分ぐらいでこの山頂(高幡城址)に到着する
高幡城址-3高幡城址-4
(上写真右)山頂は小さな広場にはなっているが、特に何もなく大きな山桜の木に看板があるだけ
なんだ高幡城の本丸は桜の大木だったのかぁ

高いところに登っただけあって、ここからの景色はとっても良くて、緑に生い茂った木々の間から高幡不動駅周辺の建物、浅川河川敷、多摩都市モノレール、多摩川までの景色が広がる
高幡城址-5高幡城址-9
とりあえず高幡城址の説明看板らしきもの

途中に金木犀があった。かなり遅いけど、この秋、金木犀の香りと木をきちんと意識したのはこの時が始めてだった
高幡城址-7高幡城址-6
普段の通勤経路には金木犀がたまたま無いのか、それとも香りを認識する余裕がないのか・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.42(10/04)秋明菊

今日はさわやかな秋の晴天
散歩するとちょっと暑いけど、立ち止まると、からっとした爽やかな空気に汗もすぐに消えてしまう。快適という言葉が本当にあう

お不動さんには、七五三お参りの人がちらほら、そろそろそんな時期だね。着物を着たかわいい女の子が写真を撮っていた
高幡不動081004-1高幡不動081004-6

五重塔をバックにサルスベリ(百日紅)。たぶん1つ1つの花はもう終わりかけなんだろうけど、こうやって見る分にはまだまだ大丈夫
高幡不動081004-7高幡不動081004-8
調子が悪くて修理に出していたデジカメがやっと戻ってきて、久しぶりにこういう写真が撮れてちょっとうれしいこの前の写真はここ

弁天池周辺にはまたまた新しい花が咲いていた
高幡不動081004-2高幡不動081004-3
こ秋明菊というらしい、ちゃんと看板があって名前が書いてあった調べてみると菊という名前がついているけど、菊の仲間ではなくキンポウゲやアネモネの仲間らしい

そばにはこんな派手な色合いの花も咲いていた
高幡不動081004-4高幡不動081004-5
なんていう花だろう・・・
この花はアヤメ科のヒオウギ「檜扇」ではないかと教えていただきました。凪々さんありがとうございます

土方歳三像後ろのみぞそばは、先週とはあまり変わらず、まだまだつぼみが多かった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.44)秋の光景 橙緑青茶色

運動会の合間に、ちょっと抜け出して学校の回りを散歩した時に見つけた、近所の秋の光景

先日もアップした柿の木、だんだん橙色に色づいてきている。
でもみんな同じ具合ではなく、まだまだ緑色のもあって、同じ木でも色づき具合は色々(おやぢギャグではありません
近所の秋2008-1近所の秋2008-2

早く熟れちゃった柿は、もう鳥に突っつかれてしまっている、出る杭は打たれるの柿バージョン、熟れる柿は突っつかれる・・・かな
近所の秋2008-3近所の秋2008-4
柿はお腹を冷やすって言うけど、これを聞くと思い出すのが石田三成の逸話(NHK大河ドラマでもやってました)

処刑前に柿をすすめられた時、「柿は腹を冷やして体に悪いから」と言って食べなかった石田三成。それを聞いて「もうすぐに死ぬというのに体を気にしている時か」って笑われたら「大事を成すものは最後まであきらめないもの」と答えたそうだ

すごい逸話私ならば「いま柿なんか食べる気分ではない」って答えるかなそもそも処刑前に柿をすすめる方も変だし、それをあえて食べなかった方もなんだか・・・?って思う。さらにそれを笑う方も、そのあとのすごい答えも本当かぁ?って

まあ昔の話ってこんな感じで事実であるか否かは問題ではないんだけどね

ちなみに来年のNHK大河ドラマ「天地人」では小栗旬が石田三成役をするそうです。妻夫木君が演じる直江兼続が主人公ですからこのシーンはないかなぁ・・・

最後に、このところいつも写真を撮っているパンパスグラス
青色の空に茶色の花穂がすごく柔らかそう
近所の秋2008-5近所の秋2008-6
清々しい青空での運動会、気持ちよい1日だった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.43)秋の草花のコラボ

ちょっとわけのわからない変なタイトルだけど、簡単に言えばいろいろな花が咲いている写真すいませんセンスなくて

下写真左がキバナコスモスとつゆ草。つゆ草って名前からのイメージで6月から夏ぐらいまでの花かなって思っていたら、10月ぐらいまで咲いているらしい
秋の草花-1秋の草花-9
上写真右が同じくキバナコスモスとまつばぼたん。ここは駐車場の一番端っこ、この時は車が止まっていなかったけど、ここに車を止める時にはこの花たちがちょっと気になりそう・・・

次の下写真左がつゆ草と彼岸花。結構長い間咲いている地味なつゆ草からのすると、この時期いきなり伸びてきて派手な赤い花を咲かせる彼岸花をどう思っているんだろうかちょっと聞いてみたい
秋の草花-10秋の草花-5
上写真右はつゆ草と稲穂。農家にとってみればつゆ草は単なる雑草だから、このつゆ草ももう刈られてしまう運命
でも仕方ないからまた来年会いましょう

下写真左はふれあい橋の花壇。ここは1種類で花の色が違うだけかも、右はパンパスグラスと回りの花たち
秋の草花-11秋の草花-7
この立派なパンパスグラスの花穂はいつまで元気なんだろう

撮った日の天気が違うので写真の感じが全然違ってごめんなさい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです



ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち