ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

コールマンスクリーンタープとテントの連結

[テント] ブログ村キーワード コールマンのタープとテントの連結について私なりに調べてみた すくなくとも以下の2つは(実物は見ていないが)雨や虫の侵入をきちんと防ぐ連結ができそう。 アネックススクリーンタープの場合はジョイントカバーでキャノピーテントと連結できるという記述があり、写真をみると連結部分をきちんとカバー(ジョイントカバー)で覆う連結ができている。 次にコネクティングドームとコネクティングスクリーンの場合。これはもともと連結を前提としたもののようでファスナで連結ができると書かれていて、これも写真ではきちんと隙間なく連結ができている。 これ以外のコールマンのタープで「テントとの結合可能」と記述されているのは、 テントとの結合を考えて片面のフライシートがセンタージップになっていること 高さや幅が無理なく結合できるサイズになっていることこの2つに当てはまる場合に記述されているのだと思われる。 従って連結のためのファスナーやカバーはもちろん、なんらかの仕組みが用意されているわけではなく、タープにテントを突っ込んで、あとは創意工夫で結合させてねってことになる コールマンのホームページにも商品の説明書にも連結についての具体的な記述がないのは、「これもアウトドアの楽しみ方の1つだからがんばってね」ということかな ということで、自分の持っている、ラウンドスクリーン400EXとタフワイドドームテント300EXを連結してみた。 テントとタープ 本当は本栖湖キャンプ場でやりたかったけど、ゴールデンウィーク後半は天気が悪く結局行かなかったので、近所の河原での写真 テントタープ テント(左写真)の前室部分をタープ(右写真)のセンタージップ側に突っ込む。上に書いた通り、結局やることはこれだけ テント前室のキャノピー部分が連結時のポイントになるので、内側のキャノピーポールはつけておく方がよい テントとタープ連結1テントとタープ連結2 テントの高さや幅がタープの内側にちゃんと入るサイズになっているので、見た感じでもそれなりに連結されていて、たぶん雨風がなければこれでも大丈夫でしょう テントとタープ連結部2テントとタープ連結部1 内側はテントのキャノピー部分をたたむヒモをタープ側の黒いコネクタにひっかける(左写真)と接続部分がわりとすっきり整理される テントとタープ連結部3 接続部全体はこんな感じ テントとタープ連結3テントとタープ連結4 外側(左写真)と内側(右写真)の近づいた写真。良く見るとわかるが、風がつよかったり、しっかり雨が降ったらたぶんこのままでは虫が入ってきたり、雨漏りしたりしそう 連結部分の上部 連結部の上部はテントとタープの高さがちょうどあうので隙間なくつながっているように見えるけど、固定されているわけではないので強い風が吹いたら隙間があくと思う 連結部分連結部分を止めたところ 特に外側のタープのあまった部分(左写真)がバタつきそうなので、ひもで止めてしまう(右写真)など、まだまだいろいろ工夫する余地がありそう また雨と風の強さによってはテントのキャノピーポールにそって、雨水が流れそうなので、どこまでタープの内側に引き込むかもポイントになる。このあたりは次にキャンプに行った時にまた 次って・・・いったい何時になることやら すべての写真はクリックすると拡大表示されます 参考になったと思っていただければ下↓のクリックをお願いします にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログのランキング

本栖湖 カモのおしどり夫婦

先日本栖湖に行った時、カモの夫婦が目の前を横切って行った
これがその時の撮った写真
2008年4月27日撮影
背景のウインドサーフィンは、風が落ちてしまってボードに乗っているのがちょっと辛そうな感じ

この写真を撮った時に、そういえば、なんか同じような光景を見たような・・・と思った

家に帰ってデジカメ写真を見てみると、ちょうど1年前に同じ写真を撮っている、それも2007年4月28日と2008年4月27日の1日違い
下が昨年撮った写真
2007年4月28日撮影
全身が茶褐色の地味な方がメス、緑色の頭、白い首輪の方がオス。
クチバシ全体が黄色なのと冬羽の時にオスとメスで色彩が違うので、たぶんカルガモではなくマガモだと思う。

ちなみに野生のマガモを飼いならして家禽化したものがアヒルで、そのアヒルとマガモの交配種が、合鴨(アイガモ)である。

蕎麦屋などで鴨肉として出されるものは、合鴨の肉が多い。鴨南蛮には真鴨より合鴨が向いているらしい。

今年は動画も撮った、しかし仲の良いカモの夫婦だね。オシドリもカモの仲間なのでまさにマガモのおしどり夫婦

来年もまた会えるとうれしい


すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

ゴールデンウィークの一コマ

ゴールデンウィーク後半はずっと天気がいま一つだった
それでも道は大渋滞
2008ゴールデンウィーク1
この道は多摩動物公園に続く道。ここがこんなに渋滞するのはゴールデンウィークぐらい

多摩動物公園は5/4と5/5は入園料が無料になるが、もともと小学生以下は無料なのでこれが大混雑の理由ではないだろう

山あり谷ありで疲れるが園内が広いでの、お弁当でも広げてのんびりするには最高であることには違いない

特にこの時期に好天だとカラッとして気持ちいい
ちなみに多摩動物公園は今年開園50周年になる

いつもの散歩道途中にあるふれあい橋でバーベキューする人達
2008ゴールデンウィーク2
このあたりは天気がいいと、バーベキューや水遊びなどの人がたくさん集まる場所

水際でのバーベキューは特に楽しい、しかも橋の下が適当な日陰になるから人気があるのだろう
駅から10分ほどの場所だけど、ここは近くにトイレと水道がない

ふれあい橋近くで見つけたベニシジミ、最近ちょっと珍しい
べにしじみ1べにしじみ2
彼(彼女?)には、ゴールデンウィークも渋滞も関係ない

私はおうちの縁側でお気楽バーベキュー
食材は散歩の帰りにスーパーで適当に見つくろって買ってくる
2008ゴールデンウィーク3
渋滞知らずでリーズナブル、トレイも水道もすぐ近く
雨が降ってもすぐ家の中

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

URLを変更しました5

2007年12月5日に「はじめまして」で書き始めてから
昨日の「生誕100年東山魁夷展」で記事が100件になりました

ちびたのブログ生誕100件を記念して、この度
「ちびたの気まぐれ日記」のURLを変更しました

:http://blog.livedoor.jp/tsuge/
       ↓
:http://chibita.blog.tsuge.jp/

ブログのいままでの内容はまったく以前のままです

このLivedoorBlogは古いURLでもアクセスできる仕組みになって
いますが、ブログのパーツによっては新しいURLでないと
正常に表示されないものが、少ないですがあるみたいです

もしブックマークしていただいている奇特な方がいらっしゃれば、
お手数ですが修正していただけると幸いです

実は100件目は偶然でゴールデンウィーク中に時間が
あったのでURL変更についていろいろ調べて変更したわけです

ほぼ同時にブログをはじめた同じ株式会社コプロシステムの
「ぐうたらものでかたじけない」はすでにこの3/31の記事
100件になっていますが、会社のホームページとあわせて
ご愛顧いただきたくお願い申しあげます

国立近代美術館 東山魁夷展

連休後半は本栖湖でのキャンプを雨で断念したので、ずっと行きたかった東山魁夷展に出かけることにした
生誕100年東山魁夷展のページはこちら。絵は画像としてブログにアップできないので、いろいろな絵についてはこのページを参照のこと

場所は竹橋にある東京国立近代美術館
東山魁夷展1東山魁夷展2
家から電車で1時間ほどで到着
休日に家族で電車に乗って都心に出るのは2年ぶりぐらいだろうか?

中学・小学生は無料でしかも子ども用ガイドをくれるのはなかなかGood!
でも子供たちは東山魁夷にあまり興味はなさそうだったけど
東山魁夷展4
これはチケット(中央)、パンフレット(左)、子ども用ガイド(右)
パンフレットの絵は「花明り」(1968)、チケットは「道」(1950)。いずれも代表作品だけど、私の一番のお気に入りは「緑響く」。いわゆる白い馬シリーズで1972年(昭和47年)に描いた全作品にこの白い馬が現われている。
そのほかのお気に入りは「冬華」(1964)「宵桜」(1982)かな。
このページにもこれらの絵の情報がある

東山魁夷が描く自然の風景は単純化された部品の平面的な繰り返しの妙に見えるが、実はその1つ1つがとても緻密に繊細に描かれている。
そしてそれが平坦だが、まるで油絵のように順々に積み重ねたように繰り返されて全体が築かれている。

この筆の緻密さと繊細さは精密な工業製品のような凄味と1つ1つ丹精込めて描かれることによる生の鼓動が静かだけど確実に感じられる。
(以上、あくまでも私の個人的な印象です

以前、東山魁夷展を見たのは学生時代後半。確か新宿のどこかの百貨店で開催されていたものだった。

この頃の私はまだバイトでプログラムを作っていた駆け出しプログラマーだったが、この緻密で繊細な1つ1つの部品で全体が構築されているのをみて、まさにこれはプログラムに通じる世界だと感じたことを覚えている。きれいなプログラムを見たときと同じ感動だったと思う。

東山魁夷が描く自然の風景はいままでも結構見てきたが、ヨーロッパの建物や街を描いた作品を今回たくさん見ることができた。

今回たくさんの展示作品の中で一番すごかったのは、唐招提寺御影堂の障壁画《濤声》だった
これが障壁画なのか?海と波の風景が障子になっているのがすごい。これを見れただけで今回は行った甲斐があった。この蒼色は好きだ

この障壁画がある唐招提寺御影堂のページはここ。実際にはこんな感じの場所らしい。
すばらし障壁画なんだけど、この部屋に座っているとちょっと落ち着かないかもしれない

ゴールデンウィークということもあってかなり混雑していて、じっくりと絵を見ていられない感じだった
東山魁夷展3
東京国立近代美術館での開催は5月18日(日曜日)までなので、行くならばお早めに

ちなみに会社(株式会社コプロシステム)がある五反田からだと地下鉄利用で30分ほど。
木、金、土曜日は午後8時までやっています(入館は閉館30分前)

くらやみ祭り(府中大国魂神社)

府中にある大国魂神社のくらやみ祭りに行った

くらやみ祭りとは、この祭りのいくつかの神事が夜の暗闇の中で行われる
ことからこのように呼ばれているらしい

新緑のシーズン、大国魂神社はこの先にある
くらやみ祭り2くらやみ祭り1
江戸時代の街道のような趣のあるこの道は普段は車が通る

くらやみ祭り3くらやみ祭り4
なんと言ってもこの大太鼓が有名で、背丈以上の大太鼓を野球のバットを2回りぐらい太くしたバチで思いっきり叩く。
府中駅前に居てもその音が地響きか雷鳴のように聞こえてくるが、自然の波長なので決して不快な音ではない

くらやみ祭り5くらやみ祭り8
お神輿が大国魂神社に渡ってくる先導を勤めるため、各太鼓が大国魂神社に送り込まれてきて門の中で時間になるまで打ち鳴らし続ける

大太鼓を叩いている様子の動画


普段は駐車場になっている場所では植木市をやっている。手持ちで帰れる植木鉢だけでなく、軽トラで配達してもらうようなしっかりとした立ち木までいろいろと売っている。
くらやみ祭り6くらやみ祭り7
なんだか派手なお好み焼きを見つけて思わず写してしまった。でも買って食べたわけではない

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

今週の高幡不動Vol.22(05/04)

今日は時折陽が差すものの結構雲が多い
せっかくのゴールデンウィーク後半だけど、関東地方は昨日につづき
いまひとつはっきりしない天気

高幡不動の境内は適度に参拝の人がいて、ちょうどいい感じ
高幡不動0504-1高幡不動0504-2
何がちょうどいいんだかわからんけど

高幡不動の参道から少し中に入ったところにはいろいろなお店がある
その中でインド料理(ってカレー?)がおいしいお店インド食堂アンジュナがあるということなので行ってみた
インド食堂アンジュナ外2インド食堂アンジュナ外1

全員日本人スタッフだったけど、インド料理一筋25年らしく、
ちゃんとした(?)インドカレーとビール、美味しかった
インド食堂アンジュナ2インド食堂アンジュナ1
ナンを追加で頼んでしまったけど、ライスがもし長径米だったら今度は食べたいな

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ