ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

今週の高幡不動尊(01/28)  初不動 だるま市

毎月28日は不動明王の縁日、1月28日は1年で最初の縁日となり初不動と言われる。
高幡不動尊の初不動は初不動大祭と言われお稚児さん行列なども行われるが、
関東各地のだるま商が集まる、だるま市が開かれる。

この日は寒いけど冬晴れの天気になった。
高幡不動尊初不動だるま市201701

初不動とあってかなりたくさんの人になるだろうと思っていたが予想以上だった。
高幡不動尊初不動だるま市201701
参道には列が出ていて、お正月並の人出。
高幡不動尊初不動だるま市201701
1月28日が週末になった2012年に来たはずだけど全然記憶がない。
でも2012年のブログに記事はアップしていた。なんと今週の高幡不動尊第200号。
その前は2007年だから5年に1回初不動が週末になって来ていることになる。

もうすぐ立春、先日までは「謹賀新年」だったが、この日は「立春大吉」になっていた。
高幡不動尊初不動だるま市201701

参道がこの状態だから、当然境内の中もすごい人。
高幡不動尊初不動だるま市201701
お正月の時と同じように不動堂の階段を上がってお参りする列(2階)と手前で
お参りする列(1階)に分けられる。2階と1階というのもわかりやすけど妙な掲示だ。
高幡不動尊初不動だるま市201701
いつもの場所から撮った写真も人で埋まっている。

そしてこの日はだるま市というだけあって、境内のいたるところにだるまの露店が出ている。
ここは奥殿横、弘法大師像の前。
高幡不動尊初不動だるま市201701
社務所前。上州高崎だるま茂田とかかれている。だるまと言えば高崎だね。
高幡不動尊初不動だるま市201701

大日堂前、ここは普段は露店が出ない場所。
高幡不動尊初不動だるま市201701

高幡不動尊初不動だるま市201701
大日堂前から大師堂までの間にも。
高幡不動尊初不動だるま市201701
大師堂の前にも。お正月でもここに露店が出ることはないなぁ。
高幡不動尊初不動だるま市201701
ちなみにこの日は先週のように大師堂(お踏み石)に行列はできていない。
五重塔前、梅、思いのままの場所。
高幡不動尊初不動だるま市201701
玉こんにゃくの露店も一緒に出ていた。
高幡不動尊初不動だるま市201701
名前も書いてくれたりするんだね。

いつも気になる色とりどりのだるま。色の意味が書かれている。
高幡不動尊初不動だるま市201701
でも同じ色でも意味が違っていたり、銀色や橙色のようにあったりなかったりする(汗)
高幡不動尊初不動だるま市201701
プリンタで印字してクリアファイルに入れガムテープで貼った気軽さがいい。
高幡不動尊初不動だるま市201701

だるまではないけど、招き猫の後ろ姿。尻尾が書かれているのが可愛い。
高幡不動尊初不動だるま市201701

5年前の初不動の記事は休日出勤の帰りにiPhone4Sで撮ったと書いてあった。
この日は午後の飛行機で松江に出張の予定の日。撮ったカメラは駅のコインロッカーに
預けて羽田空港に向かった。初不動の日は仕事になる確率が高い(笑)
富士山
この後で搭乗した機内から見た富士山。雲1つない晴天で、手間に山中湖、
河口湖、遠くに海が見えた。(iPhone6Sで撮影)

今週金曜日(2/3)は節分会。高幡不動尊にも有名人がやってきて豆まきをする。
以前のブログ記事はこちら⇒2013年の節分会
節分の日の人出はすごい。お正月はお参りが終わった人は不動堂前を離れるので
人の入れ替えが起きるが、節分の日は豆まきがあるのでそこにずっと滞留する。
だから人の入れ替えが起こらず、参道の行列がまったく進まなくなる・・・。
来年の節分は週末になるね。

今週の高幡不動Vol.428
(撮影 2017年1月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 冬景色(2017年1月)

2017年1月、昭和記念公園の真冬の景色。

立川口前、芝生もイチョウ並木も冬枯れ色。
昭和記念公園201701
カナールも冬枯れ色。
昭和記念公園201701
写真左側から強い風が吹いて噴水の水が押されている。
昭和記念公園201701
 ちょっとだけ虹、寒い冬だとなんだかうれしい。

冬景色の中にも春の気配。ハクモクレン(白木蓮)の花芽。
昭和記念公園201701

みんなの原っぱに人がほとんどいない。寒いからねぇ・・・。
昭和記念公園201701
雲がなければ左奥の方に小さく富士山が見えるはずなんだけど。

この時期一番元気な花、サザンカ(山茶花)、ツバキ科。
昭和記念公園201701

春に向けて養生中の花の丘。
昭和記念公園201701
2016年5月はシャーレポピーだったけど、今年はなんだろう。

ここは原っぱ東花畑。やはり春に向けて養生中。
昭和記念公園201701
原っぱ東花畑の春は毎年菜の花なので、今年も菜の花だろうね。

ここは原っぱ西花畑。
昭和記念公園201701
ここは2016年4月はアイスランドポピーだった。

あけぼの口から近い、花みどり文化センターの上から見た富士山。ちょっと雲が邪魔。
昭和記念公園201701
冬至の頃にはダイヤモンド冨士を見ることができる場所。

冬枯れ色の景色が広がる昭和記念公園では、梅だけだなく、スノードロップや
クリスマスローズ、スイセンなどが咲き始めている。その姿はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.195)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

京王百草園 早咲の梅と日本水仙

1月22日の京王百草園の様子。

この時期の京王百草園の見どころは、この日本水仙。
京王百草園201701
もう見頃になっていた。
京王百草園201701
日当たりの良い斜面いっぱいに咲いてる。
京王百草園201701
スイセンはヒガンバナ科。学名は「ナルシサス(Narcissus)」。
京王百草園201701
泉に映った自分の姿に恋をして毎日見つめていたらいつのまにか花になった
ギリシャ神話の美少年「ナルシサス」。水仙の学名はこの美少年の名前から。

そしてロウバイ、ロウバイ科。
京王百草園201701
たぶんこのロウバイは年末から咲き始めている。
京王百草園201701
甘い香りがあたりに漂っていた。この時期の香り、

京王百草園で一番先に咲くのがこの梅。極早咲の梅、未開紅(ミカイコウ)。
京王百草園201701
この梅はだいたいお正月すぎには数輪咲きはじめるので、この日はすでに
5分咲き以上になっている。
京王百草園201701

 
こちらは同じ桃色の梅、松連庵横で咲いている蓮久(レンキュウ)。
京王百草園201701
こちらの梅はまだ3分咲きぐらいかな。これぐらいの方が梅らしい姿に見える。
京王百草園201701

正門付近の白梅。この日一番きれいに咲いていた梅。
京王百草園201701
あたりがパァーッと明るくなるほどの白梅。

梅の名所で知られる京王百草園。
まだ発表されていないけど梅まつりは例年2月最初の週末から始まる。
今年も春は京王百草園の梅まつりから始まる。

(撮影 2017年1月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 ロウバイ

ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

ロウバイ(蝋梅)、ロウバイ科。お正月前後から咲き始め、甘い独特な香りがする。

名前に梅の文字があるがバラ科のウメではなく、花びらが蝋細工のような梅に似た花というのが名前の由来。

写真は花びらの内側まで黄色いソシンロウバイと呼ばれる品種で、冬の青空に黄色い花が良く映える。

ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

昭和記念公園では、主に日本庭園東側、こもれびの里、こもれびの池、BBQガーデン南側で咲いている。
 
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園 梅園の様子(2017年1月)

2017年になってはじめて訪れた昭和記念公園。大寒の翌日(1月21日)の梅園の様子。

ホームページでは梅園とこもれびの池周辺で早咲きの梅が開花したとのこと。
昭和記念公園 梅園
白色、八重咲きの八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園 梅園

紅色、一重咲きの大盃(オオサカズキ)。
昭和記念公園 梅園

近くで撮るとわりと咲いているように見えるが離れて撮るとまだこの程度、3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園 梅園

梅園の楽しみは梅だけではなく、その足元で咲く福寿草。
昭和記念公園 梅園

この日、梅園の福寿草はまだ咲いてはいなかったが、梅園のすぐ横の花木園
で少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園 梅園
こちらはちょっと乱れた感じになっていて残念。
昭和記念公園 梅園
このあたりの福寿草は、あと1週間から10日ぐらいだろうか。

昭和記念公園(Vol.194)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(01/22)  弘法大師像前の紅梅

この週末は土・日曜日とも冬らしい良い天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の五重塔まわりで咲いていた山茶花。
高幡不動尊201701
山茶花は花が少ないこの時期にはありがたい存在。

これは奥殿横の弘法大師像とその前の紅梅。
高幡不動尊201701
ちょっとわかりづらいけど弘法大師像は左下、紅梅は右上。

高幡不動尊201701
紅梅は先々週よりもだいぶ咲いてきた。
高幡不動尊201701
背景は奥殿の屋根。

そしてこの紅梅の前(奥殿前)のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201701
見頃になるのは2月後半だけど、1輪だけ咲いているのを見つけた。

これは五重塔前の思いのまま。さすがにまだつぼみは固いね。
高幡不動尊201701

この日の境内は、正月とだるま市の間の週末にしてはお参りの人がすごく多い。
高幡不動尊201701
正月が終わって先々週はなかった不動堂にあがってお参りする人の列が復活している。
この人出の理由は前夜(1月21日)にテレビ東京で放送されたアド街ック天国が
高幡不動だったからだろう。

大師堂にお参りする人の列。これだけの列は正月でもあまり見ることがないぐらい。
高幡不動尊201701
これは放送で大師堂前の、お参りすれば四国巡礼をしたことと同じご利益がある
といわれる「お砂ぶみ石」が紹介されたからに間違いない。その理由は、お参りの人が
多いと必ず長い列ができる大日堂前には列ができていなかったから。

この石の下には、四国八十八ヶ所の砂がまとめて納められているそうだが、1人が
立てる程度の大きさなので普通のお参りよりも時間がかかる。

番組で紹介された、和菓子店「季寄せ」、寿司屋の「すしの おおまさ」にも行列が
出来ていた。テレビの力はすごいね。
高幡不動尊201701
次の週末1月28日(土曜日)は、初不動でだるま市が開催される。
今年は週末になるので、久しぶりにだるま市に行くことができるかと思ったら
仕事だ(涙)。

今週の高幡不動Vol.427
(撮影 2017年1月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 節分草

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

節分草、キンポウゲ科。一番上の写真のマツボックリの大きさと比べるとわかるが、花の大きさは2cmほど。

節分の頃から咲き始めることからついた名前だけれども、昭和記念公園ではだいたい今頃から咲き始める。









 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ