ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

屋久島 滝めぐり

出しそびれていた昨年(2018年)10月に行った屋久島旅行の記事。
これまでの記事は紀元杉ヤクスギランド白谷雲水峡永田いなか浜

今回は旅の後半の滝巡り。
屋久島の懐の深さを感じるのはこの滝。滝があるということは、山がありそれなりに水が豊富なこと。
屋久島201810
まずは屋久島で一番よく知られた滝と言われている千尋の滝。島の中央部分に水源を持つ鯛ノ川にある落差60mの滝。

この滝を見るのは上の場所だけではなく駐車場から少し歩いたところに展望台がある。下写真はそこからの眺め。
屋久島201810
千尋の名前の由来は滝の左側の大きな1枚岩の花崗岩、千人の人が手を広げたぐらいの大きさという意味。
屋久島201810
この展望台の面白いところは滝の反対側に広大な太平洋が広がっていること。
屋久島201810
洋上のアルプスと呼ばれ、海からすぐに急峻な山がそびえ立つ屋久島ならではの光景だと思う。
屋久島201810
見に行ってはいないけど、この千尋の滝の下流にトローキの滝という落差6mの海に直接落ちる滝があるんだそうだ。
ちなみに海に直接落ちる滝は日本には知床半島と屋久島の2つだけなんだそうだ。知床には海に落ちる滝がいくつかありそうだけど・・・

次は大川(おおこ)の滝。日本の滝百選にも選ばれている、落差88mの屋久島でもっとも大きな滝。
屋久島201810

屋久島201810
確かにかなり大きな滝。この日は流れが1本だけだったけど、水量が多い時期は右側にもう1本流れができるそうだ。
屋久島201810
さらに水量が多くなると2本の水流がつながって大きな滝になるらしい。
屋久島201810
ここは千尋の滝と違って滝壺のそばまで歩いて行くことができる。

最後はホテルの敷地内にある滝。
屋久島201810
とてもホテルの敷地内にあるとは思えない落差15mの鈴号大滝。
屋久島201810
敷地内と言ってもホテルの建物から歩いて30分ぐらいかかる。しかも誰もいなくてちょっと寂しい場所。
屋久島201810
歩いている途中で野生の猿や鹿を目撃。
屋久島201810
この滝が敷地の一番奥になるようだけど、そこに行く手前の方には花が咲いている場所もあった。
屋久島201810
上はサンタンカ、アカネ科。下はアラマンダ、キョウチクトウ科。
屋久島201810
咲いている花は南国。このホテルが建っている場所は以前は自然公園だったらしい。

ホテルのロビーには屋久杉の13mのオブジェ。
 屋久島201810

屋久島201810
ロビーから見た尖った岩の山がモッチョム岳(本富岳)944m。海岸からいきなり1000m近くの山が一気にそそり立つのが屋久島。

(撮影 2018年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 アヤメ科の花々

オダマキが咲いているのを見に行った5月の京王百草園。行ってみるとアヤメ科の花がたくさん咲いていた。
京王百草園201905
4月からいち早く咲いているイチハツ(一初)、アヤメ科。

アヤメ科の本家、アヤメ(文目)。
京王百草園201905
花を鑑賞する花菖蒲が湿地で咲くのでみんな湿地に咲くのかと思ってしまうが、イチハツもアヤメも乾いた土に咲き乾燥に強いんだそうだ。

これはヒメシャガ、アヤメ科。シャガよりも花が少し小さくて薄紫色。
京王百草園201905

キショウブ(黄菖蒲)、アヤメ科。
京王百草園201905
もともとは帰化植物で観賞用の花菖蒲に黄色系がなかったので重宝されたが、湿地以外でも良く育つため拡散が問題となり、環境庁からは「要注意外来生物」に指定されている。
京王百草園201905
このキショウブが咲いているのは心字池周辺。
京王百草園201905
心字池で咲いているスイレン、スイレン科。

これはアヤメ科だけどちょっと洋風の風貌。ジャーマンアイリス、ドイツ文目。
京王百草園201905
花びらがめくり上がっているところが特徴的。
京王百草園201905

これはダッチアイリス、オランダ文目。ダッチアイリスは水色が多いけどこのような白い花もある。
京王百草園201905
ジャーマンアイリスよりも控え目な感じ。

新緑がきれいな百草園。ちょっと褐色の葉なのがノムラモミジ。
京王百草園201905

これがお目当てのオダマキ(苧環)、キンポウゲ科。もう終わりかけだった・・・(汗)
京王百草園201905
そしてこれはすぐそばで咲いていたアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。小さいけどよく見るときれいな花。
京王百草園201905
夕方になると咲くことからついた名前だそうだが、昼間から咲いていることも多い。この写真も昼近くに撮ったもの。
夕化粧なんてなかなか雰囲気のある名前だね。

(撮影 2019年5月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(05/12) ひの新選組まつり

この週末は5月らしい爽やかな天気に恵まれた東京多摩地区。

高幡不動尊ではひの新選組まつりが開催されていた。
高幡不動尊201905
私が高幡不動尊に着いた時は、高幡不動尊参道でのパレードやパフォーマンスが終わって、隊士たちが日野駅付近の甲州街道で行われる次のパレードやパフォーマンスに向かう時だった。
高幡不動尊201905
毎年同じことを書いているが新選組の羽織の浅葱色(あさぎいろ)が5月の晴天に似合う。

高幡不動尊201905
今年は土方歳三没後150年ということで例年より盛大に開催されていて、日野駅付近の甲州街道(旧国道20号線)500mを10時から16時まで車両全面通行止めにしてパレードやパフォーマンスなどを行うそうだ。私の記憶ではいつもパレードやパフォーマンスは甲州街道の1本裏の道を通行止めにしてやっていたと思う。
高幡不動尊201905
社務所前で待機している隊士たちのなかに「誠」の文字の旗があった。この人たちは会津藩関係かな。
高幡不動尊201905
やっぱり新選組と言えばこの「誠」の隊旗がシンボル。
高幡不動尊201905

土方歳三蔵の前では演武が開催されていた。
高幡不動尊201905
新選組に憧れている人にとって、土方さんの前で演武できるのは光栄なことなんじゃないかな。
高幡不動尊201905

さて、これは令和初日にきれいに咲いていた弁天池まわりのアヤメ、アヤメ科。もうかなり終わってきている。
高幡不動尊201905
変わってすぐ横のカキツバタ、アヤメ科がきれいに咲きはじめている。
高幡不動尊201905

これはシャクヤク(芍薬)、ボタン科かな。
高幡不動尊201905
高幡不動尊境内の花は山アジサイが咲くまで時期までちょっと一段落かも。

今週の高幡不動Vol.534
(撮影 2019年5月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

昭和記念公園 ドイツスズラン

昭和記念公園201905
子どもの日の昭和記念公園の続き。最後はドイツスズランと新緑の花。

まずはドイツスズラン、ユリ科。スズランの中でもっともよく見かけるのがこのドイツスズラン。
昭和記念公園201905
ドイツスズランは大型のスズランらしいが花がすごく小さい。小さな鈴が咲いている感じ。
昭和記念公園201905
かわいい花だけど有毒なんだそうだ。

梅や桜、菜の花、チューリップなど昭和記念公園で春の花をたくさん見たけど、気がつくと新緑の時期になっている。
昭和記念公園201905
新緑の間に見えるのは水鳥の池。たくさんの足こぎボートが浮かんでいる。

新緑の中で咲く花。まずはミズキ(水木)、ミズキ科。ミズキ科の本家的な存在だけど、同じミズキ科のハナミズキ(花水木)やトサミズキ(土佐水木)よりかなり地味。
昭和記念公園201905
まだ咲きかけだね。

これはトチノキ(栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201905
こちらはトチノキのピンク色バージョンのベニバナトチノキ(紅花栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201905
紅花の方が見映えがいいからか、街路樹などでよく見るのはこのベニバナトチノキの方。

これはハクウンボク(白雲木)、エゴノキ科。
昭和記念公園201905
白い花が白雲のように見えることからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201905
同じエゴノキ科のエゴノキと花はそっくり。

これはホオノキ(朴の木)、モクレン科。いままでの花と違ってかなり立派な花。
昭和記念公園201905

これはオオデマリ(大手毬)、スイカズラ科。花がアジサイによく似ている。
昭和記念公園201905
葉もアジサイと少し似ているが下の写真を見ればわかるがしっかりとした「木」。
昭和記念公園201905
しかも咲く時期がアジサイよりは1ヶ月ぐらい早い。

これはハクサンボク(白山木)、スイカズラ科。
昭和記念公園201905
アジサイの花びらに見えるガクではなく、その中心の小さな本物の花だけを集めたような花。
昭和記念公園201905
たくさんの花の名前を書いたが昭和記念公園はちゃんと名札が整備されているから(笑)
もう季節は春ではなく初夏に近い。アジサイが咲くのが楽しみになってきた。

昭和記念公園(Vol.332)
(撮影 2019年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 ポリジ

昭和記念公園201905
子どもの日の昭和記念公園の続き。今回はハーブ系の花の様子。

まずはコモンタイム、シソ科。小さな花がたくさん集まっている。
昭和記念公園201905
一般的に「タイム」と言われるハーブはこのコモンタイムなんだそうだ。
昭和記念公園201905

これはカモミール、キク科。ハーブティーとして使われる。
昭和記念公園201905
写真を撮っていても甘い胡椒のような香りがしていた。
昭和記念公園201905

そしてこれは私のお気に入りの花、ポリジ、ムラサキ科。別名スターフラワーと呼ばれるだけあって星型の花。
昭和記念公園201905

5月の清々しい晴れの日は透明感のある水色の花がきれいに見えて写真を撮っていて楽しい花。
昭和記念公園201905
青色だけでなく白色の花もある。
昭和記念公園201905

聖母マリアの青い衣装を書く時にこの花の色を見本として使っていたことから「マドンナ・ブルー」とも呼ばれているそうだ。
昭和記念公園201905
葉っぱごと食用になったりハーブティーにしたりするそうだ。
昭和記念公園201905
たくさんのミツバチが花の周りを飛んでいた。

これはチャイブ、ユリ科。別名、西洋浅葱(セイヨウアサツキ)、エゾネギなどとも呼ばれ、ヨーロッパでは2000年も前からハーブとして育てられていて、フランス料理に良く使われるそうだ。
昭和記念公園201905
 今年最初のモンキチョウが撮れた。

昭和記念公園(Vol.331)
(撮影 2019年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 ネモフィラの丘(05/05)

昭和記念公園201905
ゴールデンウィーク後半、子どもの日(5月5日)の昭和記念公園。

もみじ橋近くの丘で咲いているネモフィラ、ハゼリンソウ科又はムラサキ科。
昭和記念公園201905
別名は瑠璃唐草(るりからくさ)、花の色が瑠璃色で葉が唐草模様に似ているからついた名前だそうだ。

背丈が低く、地面を這うように育つため、下写真のように一面がこの花の色に染まる。
昭和記念公園201905

実は昭和記念公園のネモフィラの丘は全体でこんな感じ、茨城県の国営ひたち海浜公園とは規模がかなり違う(汗)
昭和記念公園201905

でも目一杯下から撮ると、ちょっとだけひたち海浜公園のネモフィラの丘っぽくなる(笑)
昭和記念公園201905
しかもこの日はちょうど良い感じの青空が助けてくれた。ゴールデンウィークは天気が不安定で1日中しっかり晴れたのは5月5日だけだったかもしれない。

ゴールデンウィーク前まで見頃だったチューリップは完全に終わっていて咲いているのは僅かにここだけ。
昭和記念公園201905

気持ちのよい青空の日に、雪が積もったようなこの木はヒトツバタゴ(一葉たご)、モクセイ科。通称、なんじゃもんじゃの木。
昭和記念公園201905
名前がわからず、この木は何の木じゃ?と呼ばれているうちに、なんじゃもんじゃ?になったということらしい。
昭和記念公園201905
プロペラっぽい形の花びらの花。
昭和記念公園201905
青空にこの純白の花が爽やかに溶け込む感じがする。

昭和記念公園(Vol.330)
(撮影 2019年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(05/01) 令和初日の様子

高幡不動尊201905
2019年5月1日、令和最初の日の高幡不動尊。五重塔前の牡丹。

今年のゴールデンウィークはなんだか天気が安定しない。高幡不動尊201905
それでも境内に人が多く、しかも不動堂に上がる階段に列が出来ている。4月末の春季大祭が終わったあと、5月のゴールデンウィークにこんな列ができるのは初めてかもしれない。

コデマリ(小手毬)、バラ科。小さな花が手鞠状に咲くことからついた名前。
高幡不動尊201905
コデマリの背景、社務所前に行列が出来ている。
高幡不動尊201905
たぶん令和初日の御朱印をもらうための列だろう。ここにこんな行列ができるのは見たことがない。それでも10時間待ちになった明治神宮に比べたら・・・。

高幡不動尊201905
ツツジがきれいに咲く季節。
高幡不動尊201905

高幡不動尊の山内で咲くこの花はヘビイチゴ(蛇苺)、バラ科。
高幡不動尊201905
ヘビが出そうなところに生えるとか、ヘビが食べるようなイチゴとか言われる。毒はないが甘みもないそうだ。

少し以前から咲いている、シャガ、アヤメ科。
高幡不動尊201905
これは弁天池そばで咲くアヤメ(菖蒲、文目)、アヤメ科。
高幡不動尊201905
花びらの根元に網目模様があるのがアヤメの特徴。
高幡不動尊201905
アヤメのそばで咲きはじめているのが、カキツバタ(杜若)、アヤメ科。カキツバタは花びらの根元に網目模様はなく白い斑紋がある。この斑紋が黄色なのはハナショウブ(花菖蒲)で咲くのはもう少しあとになる。
高幡不動尊201905
アヤメ科の花が次々と咲き、季節が春から初夏に移りつつある感じ。

ゴールデンウィークはフジ(藤)、マメ科の季節。以前はここにこんな藤の木はなかったと思う。
高幡不動尊201905
フジの花に近づいて見るとマメ科らしい花。
高幡不動尊201905
天気予報では令和初日は小雨だったが、午前中はたまに薄日も差すぐらいの天気になった。でも夕方からは雨。なんだかよくわからない天気が続くゴールデンウィーク。

今週の高幡不動Vol.533
(撮影 2019年5月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!
一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






PVアクセスランキング にほんブログ村