ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

紅梅は春の色

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園
昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園
昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

同じ梅でも白梅よりも紅梅の方が春を感じる色合いの写真になる。

1、3枚目は鴛鴦(エンオウ)、2枚目は八重寒梅という品種。
鴛鴦は「おしどり」のことで、1つの花に2つの実をつけることから、夫婦仲の良い「おしどり」に例えられた名前らしい。花も仲良く咲いている。

(撮影 2018年1月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今日は東京は4年ぶりの大雪。都心で積雪20cmを超えたらしい。
帰宅時は駅まで車で迎えに来てもらったけど、明日の朝は凍結して大変そう・・・


京王百草園 蝋梅

この時期に京王百草園で咲いているのは、極早咲きの梅、日本水仙とこのロウバイ(蝋梅)。

冬の青空に黄色い花が良く映える。
京王百草園201801
ロウバイ(蝋梅)、ロウバイ科。蝋細工のような梅に似た花というのが名前の由来。「蝋梅が梅ではないことを知って狼狽する」なんて思いつくのはおやぢの証拠(汗)
確かに花びらは蝋細工のように見えるけど。。。
京王百草園201801
梅に似ているかどうか・・・?

陽射しに光るロウバイ。これは花の内側まで黄色いソシンロウバイ(素心蝋梅)なのできれいに光って見える。
京王百草園201801
蕾は丸っこくてかわいい。
京王百草園201801
全体的に見ると、見頃はまだこれからという感じの咲き具合。
京王百草園201801
ロウバイが咲いていると離れた場所でも甘い独特ないい香り漂ってくる。

心字池が凍っている。橋の下あたりに鯉がいるように見える。
京王百草園201801
近くで見たけど、まったく動かない。氷の下の冷たい水で動きが鈍ってしまうんだろうね。
京王百草園201801

京王百草園から京王線の百草園駅に向かう途中で見たツララ。
京王百草園201801
ここは山の影になって1日中日陰の場所だからね。寒い寒い・・・

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(1/13) 真冬の境内

寒波の影響で各地で大雪が降りセンター試験にも影響が出ているにもかかわず、晴天の週末になった東京多摩地区。

センター試験の日は東京でも南岸低気圧の接近で天気が悪くなり雪が降ったりする年が割りとある。古い話だけど、私が共通一次試験(センター試験の前身)を受けた1979年の1月13日は積もるぐらいの大雪になったので、かなり早めに家を出て試験場に向かった記憶がある。

まだお正月の雰囲気が残る仁王門。
高幡不動尊201801

初詣の人出が一段落したこの日、待ち行列ができてなかったので今年初めて不動堂の階段を上ってお参りができた。
高幡不動尊201801

毎年売っている玉を持った干支の置物。もちろん今年は戌(犬)、かわいい顔をしている。
高幡不動尊201801

寒梅や日本水仙、ロウバイがきれいに咲く京王百草園と違って、高幡不動尊で咲く花はまだ少ない。
高幡不動尊201801
まさに我が世の春を謳歌している(笑)、サザンカ、ツバキ科。
高幡不動尊201801

昭和記念公園と同じで、この時期は高幡不動尊の山(高幡山)から富士山を見ることができる。
高幡不動尊201801
頂きに少し雲がかかっていたのが残念。

ここは五重塔の横、初夏には山あじさいがたくさん咲く場所。
高幡不動尊201801
草が枯れている時期なので、あじさいの名前が書かれたたくさんの名札があるのがよく見える。

五重塔前の梅「思いのまま」の蕾はまだかたい。高幡不動尊でいち早く咲く梅は、弘法大師像前の紅梅だけどこの日は確認するのを忘れた(汗)。でも時期的にはそろそろ数輪咲く頃。
高幡不動尊201801
ところで「蕾がかたい」のカタイは、固い?硬い?堅い?

高幡不動尊201801
初詣の人出は一段落しているけど、1月28日の初不動・だるま市まではちょこちょこ露店が出ている。
 
今週の高幡不動Vol.471
(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 日本水仙

京王百草園の日本水仙。

年末に訪れた時に少しだけ咲き始めていたけど、この日はすごくたくさん咲いていた。まさに見頃だね。
京王百草園201801
別名、雪中花(せきちゅうか)。雪の中でも春の訪れを告げる花という意味だそうだ。

ここは斜面に咲いているので冬の青空を背景にした日本水仙が撮れる。
京王百草園201801

陽射しが横から当たって光が透けたて見える日本水仙。
京王百草園201801
冬至は過ぎたものの、まだこの時期は真昼でも太陽が低いからこんな感じになる。

日本水仙はヒガンバナ科で有毒植物。葉がニラに似ているので間違えて食べて食中毒を起こす事件がたまにニュースになる。あのニラ独特の強い匂いがしないのが見分けるポイントだそうだ。
京王百草園201801
学名・英語名の「ナルシサス」はギリシャ神話の美少年の名前。泉に映った自分の姿に恋して毎日見つめているうちに花になってしまったという話で「ナルシスト」の語源にもなっている。
京王百草園201801
「ナルシスト」なので、水辺で自分の姿を覗き込むような姿で咲くはずだけど、ここの日本水仙はなんだか胸を張っている感じだ(笑)

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 八重寒紅

梅の名所、京王百草園で早咲きの梅が咲いていた。
京王百草園201801
毎年正月前後から咲きはじめる八重寒紅(ヤエカンコウ)という極早咲きで中輪、八重咲きの品種。
京王百草園201801
梅は早咲き、中咲き、遅咲きの品種があって、まだ寒いこの時期から桜が咲く時期まで長く楽しめる。

日当たりの良い場所ではすでにかなりの数が咲いている。桜でいえば五分咲きぐらいだろうか。京王百草園201801
梅は枝に沿うように咲く、桜のように密集して咲かないのが特徴。そのため写真にするとちょっと散漫な感じになってしまうのが残念。

早咲きの紅梅は園内の何ヶ所かで咲いていたけど白梅もこの梅だけ、それもほんの数輪だけ咲いていた。
京王百草園201801
白梅で咲いていたのはここだけで、看板がなくて品種がわからなかったのが残念。

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(1/07) お正月の様子

年末年始はとても穏やかな天気に恵まれた東京多摩地区。
初詣の混雑が一段落した1月7日の高幡不動尊の様子。
高幡不動尊201801

1月4日に初詣で来た時はもう少しもっと人が多かったけど、この日は夕方だったこともあって、お参りの行列はほとんどできていない。
高幡不動尊201801


高幡不動尊201801
高幡不動尊の熊手、奥に見えているのがほのほうちわ。我が家は毎年この2つを授かっている。
高幡不動尊201801

1月28日の初不動の日にはだるま市が開かれることもあって、だるまを売っている露店が多い。
高幡不動尊201801
愛情運がアップしそうなピンクのだるまと金運がアップしそうな黄色のだるま。
高幡不動尊201801

五重塔から降りる階段のところから境内の方を見たところ。
高幡不動尊201801
毎年定点撮影しているけど、今年は7日になってしまったので、露店がかなり減ってしまっている。
下の写真は2012年1月2日の様子。修復工事前の不動堂(左端)と仁王門(右端)の屋根の銅が緑青を吹いている。
高幡不動尊2012_0102
下の写真は2014年1月4日の様子。不動堂の屋根だけが新しくなっている。
高幡不動尊2014_0104
この3枚とも正面のやきそばとたこやきの露店が同じ位置に出ているのがすごいね。

おみくじの行列が土方歳三像の後ろまで続いている。
高幡不動尊201801
昔は引いていたと思うけど、いつ頃からなのか、なぜ引かなくなったかを覚えていないが、私はおみくじを引かない(汗)

高幡不動尊201801
玉こんにゃく200円、ちゃんと定位置にお店を出している。寒い日はよく売れるだろうね。
高幡不動尊201801
いつものところがいつもと同じ様子なのは、なんとなく落ち着く(笑)

今週の高幡不動Vol.470
(撮影 2018年1月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 2018年 年明けの光景

今年最初の昭和記念公園。

やっぱり正月は富士山から。
昭和記念公園201801
これからしばらくは昭和記念公園からもきれいな富士山を見ることができる。
昭和記念公園201801
上写真は午後なので富士山がシルエットになっているが、午前中に見ると富士山の山肌が良く見える。
昭和記念公園201712

正月から咲いている花と言えばこの日本水仙、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201801
いろいろなスイセンがある中で一番最初に咲くのが日本水仙。
昭和記念公園201801

昭和記念公園のホームページで花木園梅園で梅の花が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201801
いまにも咲きそうな梅の蕾。
昭和記念公園201801
ほんの数輪咲いていたのは八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園201801
まだ寒に入ったばかりで寒さはこれからなんだけど、春を先取りする梅の花は強いね。

同じ花木園梅園で咲いていたのがボケ、バラ科の花。
昭和記念公園201801
この時期から咲くボケの花を寒木瓜(カンボケ)と呼ぶそうだ。
昭和記念公園201801
せっかく咲いているんだけど、花びらの開きがしっかりしないのがちょっと残念だな。

樹液のようなモノが見える。
昭和記念公園201801
近寄ってみたところ、これは樹液だよね・・・
昭和記念公園201801
この木はサンシュ、ミズキ科。ハルコガネバナ(春黄金花)と呼ばれるぐらい春には輝く花が咲く。
昭和記念公園201703
梅園で奥で咲いている梅の花よりも目立つ花。でもこんな感じになるのはあと2ヶ月近く先。

つい先日1月5日が小寒で寒の入り、20日が大寒、寒さはまだこれから・・・

昭和記念公園(Vol.248)
(撮影 2018年1月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ