ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

今週の高幡不動尊(06/16) あじさいまつり 真夏のような日

肌寒く最高気温が20℃を下回った雨の土曜日、翌日は30℃を超す真夏のような晴天の日曜日となった東京多摩地区。

五重塔の周りで咲いているアジサイと青空。
高幡不動尊201906

これも五重塔周りのアジサイ。ここは日陰になるのでちょっと写真が撮りづらい。
高幡不動尊201906
裏アジサイ。アジサイの裏側から撮ってみた。
高幡不動尊201906

高幡不動尊201906
晴天の中のアジサイ。ここも背景は五重塔。
高幡不動尊201906

本当は雨が似合うアジサイなんだけど、今日は夏の日と(笑)
高幡不動尊201906

四季の道入り口。西洋アジサイも額アジサイも見頃になって人がたくさん訪れている。
高幡不動尊201906

白いアジサイのアナベル。手前はもうしっかり見頃、奥はまだ白くなりきっていない。
高幡不動尊201906
これはあまり見かけないピンク色のアナベル。
高幡不動尊201906

山アジサイ紅。先週よりもさらに熟した赤色になってきた。
高幡不動尊201906

弁天池は昨日の雨の影響だろうか濁っていて亀やコイが見えない。
高幡不動尊201906
弁天池の周りを飛び始めたシオカラトンボ。
高幡不動尊201906

高幡不動尊201906
この日はあじさいまつりの期間中、さらに毎月第三日曜日恒例のござれ市も開催されて高幡不動尊は多くの人で賑わっていた。

今週の高幡不動Vol.539
(撮影 2019年6月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

昭和記念公園 初夏の花々

6月スタートの週末。昭和記念公園の初夏の花いろいろ。

これはキスゲ、ユリ科。ニッコウキスゲかな?ユリの花を見ると夏を感じる。
昭和記念公園201906

ニゲラ、キンポウゲ科。熟した種が黒いことから別名がクロタネソウ。
昭和記念公園201906
ニゲラも実はラテン語の黒い=ニガーが語源なんだそうだ。
昭和記念公園201906
種は黒いけど花は爽やかなブルー。

チドリソウ、これもキンポウゲ科。別名がラークスパー。
昭和記念公園201906

オルレア、セリ科。確かにセリの花に似た感じ。真っ白い花がなんだかきれい。
昭和記念公園201906

カルミア、ツツジ科。別名アメリカ石楠花。北アメリカ産なんだそうだが、石楠花かなぁ・・・?
昭和記念公園201906
この花はつぼみがかわいいのがポイントだと思う。

アカバナシモツケソウ(赤花下野草)、バラ科。
昭和記念公園201906

ドクダミ、ドクダミ科。八重咲きのドクダミの花はなかなかきれい。
昭和記念公園201906

ハナイカダ、ハナイカダ科。葉の真ん中あたりにあるのはつぼみ。そのうちここで花が咲く、変わった植物(笑)
昭和記念公園201906

サラサウツギ、ユキノシタ科。柔らかそうな花びらの内側が白くて外側が薄いピンク色。
昭和記念公園201906
甘い蜜が出るのだろうか、蜂が飛んで来ていた。
昭和記念公園201906

この花は私のお気に入りの花。ニワゼキショウ(庭石菖)、アヤメ科。別名ナンキンアヤメ(南京文目)。
昭和記念公園201906
すごく小さな花だけど、よく見るとなかなかきれいな花。
昭和記念公園201906
この花は微妙に色が違う花があるところが撮っていて楽しい。

昭和記念公園(Vol.335)
(撮影 2019年6月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(06/08) あじさいまつり 山アジサイ紅

高幡不動尊201906
梅雨入りして、はっきりしない天気の週末になった東京多摩地区。

第36回あじさいまつり開催中の高幡不動尊。山アジサイ紅(くれない)がきれいな赤色になっていた。
高幡不動尊201906
上が先週末、しっかり紅色になった。下は5月下旬の頃、まだほんのり紅がついた時期。
高幡不動尊201905

緑色の葉と紅色のコントラストがなかなか良い。
高幡不動尊201906

すべてが紅色になっているのかと思うとそうでもない。同じ株でも色の具合が違う。
高幡不動尊201906

四季の道入り口付近。
高幡不動尊201906
西洋アジサイがきれいに咲く、四季の道も少しずつ咲いてきて人も多くなってきた。

五重塔と一緒に。晴れた日だと五重塔が明るすぎて撮れなかったかも。梅雨空のおかげ。
高幡不動尊201906

ここは四季の道の奥の方。
高幡不動尊201906
梅雨時の花らしいパステルカラーに色づいている場所もあった。
高幡不動尊201906

これは同じ場所で咲いているガク(額)アジサイ。
高幡不動尊201906
普段見るアジサイ(西洋アジサイ)はこのガクアジサイを品種改良したものなんだそうだ。

弁天池の周りのガクアジサイ。この角度だと少し分かりづらいけど、こちらは八重咲きのガクアジサイ。
高幡不動尊201906
亀が泳いでいたのでちょっとアップで。
高幡不動尊201906

毎年ここで咲くスカシユリも咲いていた。
高幡不動尊201906
アジサイとのコラボが楽しめるんだけど前夜の強い雨の影響で花が汚れてしまっているのが残念。

高幡不動尊201906
朱色の橋と濃紅色のガクアジサイ。高幡不動尊は圧倒的に青系のアジサイが多い。

今週の高幡不動Vol.538
(撮影 2019年6月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

金麦

金麦201906
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2019.06  東京都日野市

近所の麦畑の様子。

金麦201906
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2019.06  東京都日野市

麦は秋に発芽して春に成長し初夏の今頃に収穫される。

金麦201906
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2019.06  東京都日野市

麦の穂が実り収穫の時期をむかえた初夏の頃を、麦にとっての収穫の秋という意味で「麦秋」という。
本来ならば「麦秋」というタイトルにすべきだけど、ビールが美味しく飲める時期なのでついつい「金麦」(笑)

(撮影 2019年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   



今週の高幡不動尊(06/02) あじさいまつりが始まった

6月スタートの週末は雨は降らなかったものの、いまひとつはっきりしない天気になった東京多摩地区。

6月1日から第36回あじさいまつりが始まった高幡不動尊。
高幡不動尊201906
毎年注目している山アジサイ紅(クレナイ)。先週よりだいぶ赤くなった。
高幡不動尊201906

カシワバアジサイ(柏葉アジサイ)。葉の形がカシワ(柏)の葉に似ていることからついた名前。
高幡不動尊201906
花の形は普通のアジサイとは違ってちょっと独特。
高幡不動尊201906

白いアジサイ、アナベル。最初は黄緑色だけどだんだんと白くなる。もうかなり白い。
高幡不動尊201906

これは山アジサイ瀬戸の鶴姫。
高幡不動尊201906
名前の由来は不明だけど、周りのピンク色と中央の青色のコントラストが印象的なアジサイ。
高幡不動尊201906

いつも西洋アジサイが早く咲く弁天池周りの様子。今年は西洋アジサイも少し咲くのが早いかな。
高幡不動尊201906
この西洋アジサイもこの日(5月26日)に比べて、もうしっかり咲いている。
高幡不動尊201906

西洋アジサイが壁のように咲く一番の見所、四季の道はまだこれから。
高幡不動尊201906
これぐらい咲いている西洋アジサイがチラホラという感じ。
高幡不動尊201906

あじさいまつりの時期になるとあじさい柄のタオルなどを売っているこの露店が必ず出てくる。
高幡不動尊201906
毎年不動堂の正面だったが、昨年からこの場所に出店するようになった。

高幡不動尊201906
第36回あじさいまつりは6月30日(日)まで。看板にあるようにすでに山アジサイ見頃になっている。

今週の高幡不動Vol.537
(撮影 2019年6月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


昭和記念公園 コマチソウ

昭和記念公園201906
6月のスタートとなった週末。昭和記念公園の様子の続き。

これは白いアジサイのアナベル。アナベルは最初は黄緑色でだんだんと白くなる。これもだいぶ白くなってきているけどまだこれから。
昭和記念公園201906
昭和記念公園もアジサイロードができるぐらいアジサイが咲くけど、まだあまり咲いていない。
昭和記念公園201906

この日の目的は花木園菖蒲田の花菖蒲とここ日本庭園手前の斜面で咲いているコマチソウ。
昭和記念公園201906
面積はそれほど広くないけど、この一角だけ濃いピンク色に染まっていた。花のピンク色と葉と茎の緑のコントラストで目がおかしくなる感じがする(汗)
上の写真は斜面の下から見上げたところ、下の写真は斜面の上から見下ろしたところ。
昭和記念公園201906
コマチソウ、なでしこ科。ムシトリナデシコやハエトリナデシコの別名があるのは、茎上部の葉の裏に粘液を出す部分があってそこに虫がくっついて捕まるから。しかしその虫を消化吸収することはしないので食虫植物ではないそうだ。
昭和記念公園201906
ナデシコっぽい花だけどナデシコと違って背丈が50cmぐらいある。

ここは、みんなの原っぱ西花畑のブーケガーデン。
昭和記念公園201906
ブーケガーデンはネモフィラ、ヤグルマギク、ジャーマンカモミール、カスミソウなど12種類の草花が咲くミックス花畑。
昭和記念公園201906
全体的には、ヤグルマギクがたくさん咲いている感じがする。

ここはジャーマンカモミール、キク科が密集しているが、ブーケガーデン全体にこのジャーマンカモミールの香りが漂っていた。
昭和記念公園201906
黄色い花はカルフォルニアポピー、ケシ科。別名ハナビシソウ(花菱草)。水色の花がネモフィラ、ムラサキ科。
昭和記念公園201906

下写真は同じくみんなの原っぱ東花畑。ここは4月まで菜の花が咲いていたが、いまは次の花のために整備中。
昭和記念公園201906
次の花は秋のコスモスかな。秋なんてまだずいぶん先のように思うけどあと4ヶ月ほど。早いなぁ・・・

昭和記念公園(Vol.334)
(撮影 2019年6月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 花菖蒲と睡蓮

昭和記念公園201906
6月のスタートとなった週末。昭和記念公園の花木園菖蒲田で咲く花菖蒲と睡蓮の様子。

立川口のカナールと噴水。手前の花壇では新緑がきれいになる時期に真っ赤な花が映えていた。
昭和記念公園201906
3月の桜と菜の花、4月のチューリップとシャーレポピーとすごく人が多かったが、少し人出が落ち着いてきたかな。
昭和記念公園201906
歩いている人が少ない・・・

ここが花木園菖蒲田、花菖蒲が咲き始め、短いけどきちんと木道が整備されている。
昭和記念公園201906

花菖蒲(ハナショウブ)、アヤメ科。野生に咲く野花菖蒲(ノハナショウブ)を品種改良した園芸品種。
昭和記念公園201906
花びらの根元に網目模様がなく黄色い斑紋があるのが特徴。さらにカキツバタよりも葉が太い。
昭和記念公園201906
観賞用として品種改良されたため、色や形状など花の種類が豊富なので、アヤメの花の鑑賞というと、この花菖蒲のことをさしていることも多い。

昭和記念公園201906
花菖蒲は紫陽花と並んで梅雨の時期の代表的な花なので、しばらくこのブログはこれらの花の写真が多くなる(汗)。

菖蒲田では花菖蒲が咲く隣で睡蓮が咲いている。
昭和記念公園201906


昭和記念公園201906
睡蓮(スイレン)、スイレン科。池や沼で自生している野生種とそれらを品種改良した園芸品種がある。
昭和記念公園201906
日本で品種改良された園芸品種だけでなく、海外から流入した熱帯性の熱帯睡蓮などもある。
昭和記念公園201906

昭和記念公園201906
そろそろ雨の季節、水面に映る姿も絵になる時期になる。

昭和記念公園(Vol.333)
(撮影 2019年6月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!
一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






PVアクセスランキング にほんブログ村