ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園 鹿の子百合

8月最初の週末の昭和記念公園。

7月下旬に開花したカノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科が見頃になっていた。
昭和記念公園201608-5
前回来たときに咲いていたのは2、3輪だったけど、この日はたくさん咲いている。
昭和記念公園201608-2
昭和記念公園で一番遅くに咲くユリの花だと思っていたら、このあとタカサゴユリが
咲き始めた(汗)。
昭和記念公園201608-3
鹿の子模様のようなピンク色のつぶつぶがたくさんついているのが特徴。
ユリの中ではかわいい部類に入ると思う。
昭和記念公園201608-1
花びらの色は濃かったり薄かったり。中には白い花もあるそうだ。

これは花の後ろ姿。花びらがすごーく反り返るのも鹿の子百合の特徴。
昭和記念公園201608-4

この角度で見ると昔懐かしいインベーダーゲームのインベーダーに見える(笑)。
昭和記念公園201608-6
比較的育てやすいユリらしいので、我が家の玄関先でも育ててみようかな。
 
 昭和記念公園(Vol.176)
(撮影 2016年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動尊(08/21) 真夏のござれ市

大雨が降った土曜日と打って変わって晴天になった日曜日。ただ晴天になると猛暑になる(汗)

そんな中で開催された毎月第三日曜日恒例のござれ市。
高幡不動尊201608-2
 
いつもより出ている店が少ない。
高幡不動尊201608-3
まあ、この暑さだから仕方ないよね。
境内のお参りの人も少ない。
高幡不動尊201608-1
前日の雨で空が洗われたのか、今日は青空がきれい。空が青いと雲がきれい。
高幡不動尊201608-7

ヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。花が終わって実になり始めている。
高幡不動尊201608-6
下は弁天池で咲いているヒオウギ。
高幡不動尊201608-8
ヒオウギの名前の由来は、この「扇」を広げたような葉の姿。
高幡不動尊201608-11

山の中ではヤマホトトギス、ユリ科。夏の花だけど地味。
高幡不動尊201608-5

これはフユサンゴ(冬珊瑚)、ナス科の実。実の色が緑→黄→橙→赤と変化する。
高幡不動尊201608-12
この暑い時期に冬珊瑚とは皮肉な名前だけど、夏から冬までこういう実をつける。
この鮮やかな実を珊瑚に見立ててつけられた名前。夏珊瑚だと割と当たり前に
感じるから冬珊瑚の方がインパクトがある。
高幡不動尊201608-13
プチトマトっぽいけど、毒があるらしく食用にならないそうだ。

空と雲の感じがちょっと秋っぽいよね。
高幡不動尊201608-9
この陽射しの中で日除けもない状態で良くお店出せているよねぇ。すごいとしか言いようがない。
高幡不動尊201608-10
この日は台風9号が千葉県館山市付近に上陸する前の日。
嵐の前の静けさならぬ、嵐の前の晴天。

今週の高幡不動Vol.410
(撮影 2016年8月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

台風一過?

向日葵
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.8 昭和記念公園

台風一過ではないけど思わぬ晴れ空。でも明日からまた台風・・・

 

昭和記念公園 ナツズイセン

昭和記念公園のナツズイセン。

7月末の暑い週末。いい天気なのがうれしくないぐらいの猛暑。
昭和記念公園201607-1
 
この時期(7月末)、見頃になっていたナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201607-4
同じヒガンバナ科のキツネノカミソリより一足先に咲く。

昭和記念公園201607-3
暑い真夏に涼し気な感じがする花。
昭和記念公園201607-2
写真を撮ると見映えがするので好きな花。

夏に咲き葉が水仙に似ているからついた名前。花が咲く時に葉がないから別名
ハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる。確かに花を見るとスイセンというよりはユリの花。
昭和記念公園201607-5
野原というより、半分日陰になる場所に群生していることが多い。

もう半月以上前の写真なので今頃は枯れてしまっているだろう(汗)

 昭和記念公園(Vol.175)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

今週の高幡不動尊(08/14) 高砂百合

お盆休みの週末も暑い日になった東京多摩地区。

見頃だったキツネノカミソリはもう終わりつつある。
高幡不動尊201608-2
キツネノカミソリは花が枯れるとすぐに実がなり、この緑色の実はそのうち真っ黒になる。

山を越えて彼岸花がたくさん植えられている場所に行ってみたら、なんだかたくさん咲いている。
高幡不動尊201608-1
彼岸花が咲く時期にはかなり早いけど、なんだろう・・・
高幡不動尊201608-7
植えられているはずの本数からするとかなり少ないから、気が早いのが咲いただけかな(笑)

こちらは弁天池で咲いているカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201608-3
早咲きの彼岸花と逆で、こちらはかなり遅咲き。でも涼し気な色でいいかも。

大日堂前で咲いているタカサゴユリ(高砂百合)、ユリ科。タカサゴユリは
別名細葉鉄砲百合と言われるように、花は鉄砲百合に似ているけど葉が細い。
高幡不動尊201608-8
下は弁天池で咲いているタカサゴユリ。ユリの花では割と遅く咲く品種。
鉄砲百合はもっと早く6月ぐらいに咲く。
高幡不動尊201608-4
タカサゴユリは種が風で飛ばされて広まるそうで、地面に落ちた種は、翌年は
芽を出すが花は咲かせず球根を太らせ、球根が十分太ってから花を咲かせるらしい。高幡不動尊201608-5
我が家の玄関先でも植えた覚えがないタカサゴユリが数年前から咲いているが、
少しずつ増えて来ている。生命力が強いユリだ。

ヒヨドリバナ、キク科。ヒヨドリが鳴く頃に咲く花が名前の由来。
高幡不動尊ではまだヒヨドリは鳴いていないけどね。
高幡不動尊201608-6
秋の七草の1つフジバカマ(藤袴)の仲間でフジバカマを白くした感じ。

高幡不動尊201608-9
お盆なのでお墓参りの人がたまに訪れているようだけど、人が少ない高幡不動尊。

今週の高幡不動Vol.409
(撮影 2016年8月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

熱帯の花?

檜扇
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.8  高幡不動尊
檜扇
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.8  高幡不動尊

この熱帯の花のような派手な色の花は檜扇(ヒオウギ)、アヤメ科。

温室で咲いているのではなく、東アジア原産で日本でも普通に自生している植物。

この写真も高幡不動尊で撮っています。

 

伊豆修善寺 竹林の小径と修禅寺

伊豆の日帰りバスの旅。柿田川湧水群の次に訪れたのがこの修善寺。

桂川(修善寺川)の中にある独鈷(とっこ)の湯。現存する伊豆最古の湯だそうだ。
伊豆修善寺
空海(弘法大師)が仏教の法具の1つである「独鈷杵」(とっこしょ)で川の岩を砕いて
温泉を湧出させたと言い伝えられている。
でも現在は入浴はできず、手や足をつけるだけの観光スポットになっている。

上写真の川の上流方向にある「竹林の小径」。竹林の中にきれいな石畳の散策路
がつくられている。
伊豆竹林の小径
背の高い竹に囲まれた風情のある場所だけど、それほど年代を感じないなので
わりと最近整備されたんだと思う。
小径の途中にはギャラリー「しゅぜんじ回廊」があって風鈴の写真を撮った。
伊豆竹林の小径
竹で作られたすごく大きな円形ベンチ。座るとなんだか健康竹踏みの竹の上に
座っている感覚(笑)。
ここの竹は孟宗竹で日本の竹では最も背が高くなる種類。
伊豆竹林の小径
竹林の小径のすぐ横を流れる桂川の清流の音が聞こえる。
伊豆竹林の小径
奥に見える赤い橋は桂橋、別名結ばれ橋。
こちらは楓橋、別名寄り添い橋。
伊豆竹林の小径
別名を見ればわかるが、桂川にかかる橋に願いをかけながら渡ると、恋が
成就すると言われているそうだ。 

独鈷の湯そばで売られていた、生わさびソフトクリーム。目の前で生のわさびを
すりおろしくれる。
伊豆竹林の小径
生わさびは新鮮でつーんと鼻にくるのはいいんだけど、残念ながらソフトクリームには
あわないと思う。今回のバス旅行では、柿田川公園のとうふソフトクリームに軍配が上がる。

続いて訪れたのが、さっきの独鈷(とっこ)の湯のすぐそばにある修禅寺。
伊豆修禅寺

伊豆修禅寺
手水舎の龍の口から流れ出ているのは、水ではなく湯。さすが修善寺。
「桂谷霊泉 大師の湯」という額が掲げられている。
伊豆修禅寺
夏だから見た感じは特にかわらないが、冬は湯気が立っているそうだ。
緑に囲まれた鐘楼。
伊豆修禅寺
修禅寺は空海が創建したので真言宗のお寺だと思ったら曹洞宗のお寺。
伊豆修禅寺
当初は真言宗の寺であったが、そののち臨済宗に改宗され、火事や戦禍などで
荒廃したが、北条早雲によって曹洞宗の寺として再興されたそうだ。
伊豆修禅寺
温泉の名前は修善寺だけど、お寺は修禅寺。

昔、西伊豆に海水浴に行くときに、その行き帰りに車で何度か通過した修善寺。
夜中の国道を走り、赤い橋を渡ると、やっと修禅寺まで来たなぁと眠い中で思った記憶がある。
いつかはゆっくり温泉宿に泊まりに来たい場所だとずっと思っていたが、今回のバス旅行
でも、わずか50分ほどの自由時間だった。つくづく縁がない温泉街だ(汗)。

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ