ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

京王百草園 黄色いカタクリ

京王百草園201904
そろそろ黄色いカタクリが咲いているはずだと思って京王百草園に行ってみた。

この黄色いカタクリは、キバナカタクリ(黄花片栗)、ユリ科。西洋カタクリ、エリスロニウムなどとも呼ばれる。
京王百草園201904
明るい紫色のカタクリの花より少し小さい。
京王百草園201904
黄色だからか、ユリの花に似ているようにも見える。
京王百草園201904

ウラシマソウがたくさん咲いて(?)いる。釣り人がたくさんいるみたいだね(笑)
京王百草園201904

早くもアヤメの仲間の花が咲いていた。これはイチハツ(一初)、アヤメ科。この花がアヤメ類で一番最初に咲くからついた名前だそうだ。
京王百草園201904
花びらに白いとさか状のもじゃもじゃが出ているのが特徴。

これはボタン(牡丹)、ボタン科。豪華な花で王者の風格。
京王百草園201904
牡丹の花はシャクヤク(芍薬)とそっくり。牡丹は「樹木」で芍薬は「草」なんだそうだが、牡丹が先に咲いて枯れた頃に芍薬が咲くのでそれで見分ける(汗)。そう言えば「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるよね。

見晴台から見る風景はすっかり緑色。
京王百草園201904
でも新宿高層ビルなど遠くの景色は霞んでしまって見えない。

京王百草園201904
この日、百草園で採れた「たけのこ」を売っていたので1本買って帰った。左側のカゴの大きな「たけのこ」は固そうなので右側のカゴの小さめの「たけのこ」を選んだ。

(撮影 2019年4月20日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(04/20) 八重桜が見頃

高幡不動尊201904
高幡不動尊の桜は河津桜から始まって染井吉野、枝垂れ桜と続いて最後は八重桜。

入り口の仁王門横の枝垂れ桜。花はまだきれいに咲いているけど葉がたくさん出てきている。
高幡不動尊201904
枝垂れ桜と言っても枝垂れて咲いている桜の総称でちゃんと品種があるんだろうね。この枝垂れ桜がなんという品種なのはわからないけど(汗)

ツツジがきれいに咲いているのは大日堂前の水琴窟がある場所。
高幡不動尊201904

上のツツジの横で咲いている、ベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)、マンサク科。マンサクの紅花版。
高幡不動尊201904

上のベニバナトキワマンサクの横には大きなドウダンツツジ、ツツジがある。
高幡不動尊201904
ちょっとだけ花が咲きはじめた。奥で光っているのは丸い形の街灯。ドウダンツツジは花も紅葉も両方楽しめる。

遠目に見ると雪柳っぽいこの花はシジミバナ(蜆花)、バラ科。花がシジミの実に似ていることからついた名前。
高幡不動尊201904

高幡不動尊の八重桜は駐車場の周りでたくさん咲いている。
高幡不動尊201904
八重桜にはカイザン(開山)、フゲンゾウ(普賢象)、イチヨウ(一葉)などいろいろな品種があるようだ。この八重桜がなんという品種なのかわからないけど(また汗)

八重咲きの花全般に言えることだけど花びらが優しい。
高幡不動尊201904
八重桜を見るといつも桜餅を思い出すんだけど、この八重桜は桜餅のイメージがない。葉の色が桜餅の茶色ではなく、まだ黄緑色だからかもしれない。

毎年恒例の春の大祭国宝まつりが4月27日(土)から29日(月・昭和の日)まで開催される。28日は1年で1回だけ五重塔の上部に上ることができる日。今年は予定があってこの日は高幡不動尊に来ることができないけど・・・
高幡不動尊201904
そして、ゴールデンウィークがあけて5月12日(日)は「ひの新選組まつり」の新選組パレードが、高幡不動尊参道で実施される。

今週の高幡不動Vol.532
(撮影 2019年4月20日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


京王百草園 花海棠

ミツバツツジを見に行った京王百草園。ミツバツツジ以外にもこの時期に楽しみにしている花がある、それはハナカイドウ(花海棠)、バラ科。
京王百草園201904

ハナカイドウ(花海棠)は単にカイドウ(海棠)とも呼ばれ、ソメイヨシノが咲く頃に咲き始める。
京王百草園201904
桃色と白色が絶妙に混じり合う非常にきれいな花と蕾が垂れ下がるのが花海棠の特徴

原産地は中国。中国でもこの美しい花は楊貴妃が眠る姿に例えられるそうだ。
京王百草園201904
散歩道の庭木でもたまに見かけるけど、京王百草園で見る花海棠が一番写真を撮りやすい。

同じくバラ科のボケ(木瓜)。
京王百草園201904
ボケはいろいろな色の花があるが、特にこの濃い赤色の花は春だけどすごく情熱的で花の形は違うがハイビスカスのようだ。
京王百草園201904

この白い花はリキュウバイ(利休梅)、バラ科。清楚な姿が茶人に好まれてお茶花として利用されるそうだ。
京王百草園201904
名前の由来にはお茶花から千利休との関係があるとする説と日本に渡来したのが明治末期なので関係ないという説がある。中には千利休の命日に咲くなどと書かれていたりするが、命日が4月21日なので時期的には外れてはいない。
京王百草園201904

ここまでバラ科の美しい花が続いたが、これはこれまでの花とは真逆のちょっと変わった花でウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。
京王百草園201904

なぜ浦島草と言うのか、それは細長く伸びたひょろひょろしたものを浦島太郎の釣り糸に見立てたからだそうだ。
京王百草園201904
浦島太郎かどうかわからないが、確かに釣り人が竿と糸を操っている姿に見えなくもない。
京王百草園201904
ムサシアブミ(武蔵鐙)と同じように、秋には赤い実をつけるが有毒だそうだ。

(撮影 2019年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 ネモフィラの丘(04/13)

菜の花と桜渓流広場のチューリップと4月13日の昭和記念公園の記事が続く。
今回はチューリップが咲く渓流広場の近くで咲き始めていたネモフィラ。
昭和記念公園201904

ネモフィラ、ムラサキ科又はハゼリソウ科。別名、瑠璃唐草(ルリカラクサ)、小紋唐草(コモンカラクサ)
昭和記念公園201904

すぐ横で咲いている枝垂れ桜。青空と一緒に背景にしたかったけどいまひとつだ(汗)
昭和記念公園201904

昭和記念公園201904
撮る角度によって違うけど、ちゃんと見ると咲き具合はまだこれからだね。
昭和記念公園201904

このムラサキ色の花は菜の花の仲間、紫花菜(ムラサキハナナ)、アブラナ科。
昭和記念公園201904
花が大根に似ていることから花大根(ハナダイコン)とか、諸葛孔明が兵士の食料として出陣の先々で栽培したことから諸葛菜(ショカッサイ)などとも呼ばれる。
昭和記念公園201904
ムラサキハナナとソメイヨシノ。菜の花と違ってちょっと地味(笑)

立川口からチューリップが咲く渓流広場や菜の花とソメイヨシノが咲くみんなの原っぱに行く途中にある、ふれあい橋から見た残堀川沿いの様子。
昭和記念公園201904
川の両側に桜と黄色いレンギョウや菜の花が咲く。上写真の遠くに見える橋からふれあい橋方向を撮ったのが下の写真。
昭和記念公園201904
上の写真の左側の奥の方が旧桜の園と呼ばれる場所。
昭和記念公園201904
昭和記念公園の桜はいろいろな風景で楽しめる。でもそろそろ終わりだけどね(汗)

昭和記念公園(Vol.329)
(撮影 2019年4月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 渓流広場のチューリップ(04/13)

昭和記念公園201904
昭和記念公園で菜の花とソメイヨシノの共演を楽しんだ日、渓流広場のチューリップが見頃始めになっていた。

昭和記念公園201904
渓流の間に色とりどりのチューリップが咲いていて、とても日本(しかも都内)とは思えないこの風景は、チューリップの本場オランダのキューケンホフ公園の元園長が監修して作られたチューリップ・ガーデンだからだろう。
昭和記念公園201904
渓流広場上流にはソメイヨシノなどの桜の木もあり、短い時期になるがチューリップと桜の両方が楽しめる。チューリップ・ガーデンで桜が咲いているのは日本らしいかもしれない。
昭和記念公園201904
桜の花びらが落ちて花筏となって流れ始めている。人工の渓流だから流れはほとんどないけど。
昭和記念公園201904


昭和記念公園201904
チューリップにはないムスカリの鮮やかな青色がいいアクセントになっている。

渓流広場下流にある池の周りでもたくさんのチューリップが咲いている。
昭和記念公園201904
池の対岸に見えているチューリップのラインを近くで見たのが下写真。
このあたりはまだこれから本格的に咲く感じだね。
昭和記念公園201904


昭和記念公園201904
名前はわからないが、すごく明るく色鮮やかなチューリップ。
昭和記念公園201904
まさに春が咲いている感じだった。

昭和記念公園(Vol.328)
(撮影 2019年4月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 菜の花と桜(4/13)

昭和記念公園201904
4月に入って2回目の週末。昭和記念公園のみんなの原っぱ東花畑の菜の花とその奥の桜の園の様子。

桜の園のソメイヨシノは見頃は過ぎて少し散り始めていたけどまだ大丈夫かな。
昭和記念公園201904
ソメイヨシノの下でお花見をしている人がたくさん。

昭和記念公園201904
今年の菜の花畑は咲き方に少しムラがあるようにも見える。

昭和記念公園201904
菜の花畑越しに見るソメイヨシノ。上写真は菜の花畑に下写真はソメイヨシノにピントをあわせて撮っている。どちらがいいか好みの分かれるところ。
昭和記念公園201904

昭和記念公園201904
菜の花畑と桜の光景は、どうしてもワンパターンの写真になるので、背の高い菜の花を手前に入れてみた。
昭和記念公園201904

みんなの原っぱ北東部にあるこの桜の園は新桜の園と呼ばれ、菜の花畑の横でソメイヨシノが咲く。
昭和記念公園201904
数日前は寒の戻りで寒かったけど、この日は寒さはなくいい天気で気持ち良い。お花見には最高だね。
昭和記念公園201904
新桜の園はみんなの原っぱの端なので広くて花見がやりやすい。

下写真は残堀川沿いの旧桜の園。ここは狭くて傾斜も多いので花見はやりづらいけど、ソメイヨシノの木が大きくて、人も少ないので落ち着いて桜が楽しめる。
昭和記念公園201904

寒の戻りで寒気が南下していたためか、ありがたいことに富士山が顔を出していた。
昭和記念公園201904
富士山と桜と菜の花のコラボに挑戦したけど、もっと富士山に近いところでないと苦しいかな(汗)
昭和記念公園201904
この日は渓流広場のチューリップも見頃になり、さらにネモフィラも咲き始めていたのでその様子はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.327)
(撮影 2019年4月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(04/07) 花まつり 花御堂

高幡不動尊201904
天気も良くお花見日和の週末になった東京多摩地区。週明けからまた寒くなったけど・・・(涙)

高幡不動尊のソメイヨシノは見頃の木もあるが、咲き始めが早かった木は終わり始めている。
高幡不動尊201904
五重塔には桜が似合う。
高幡不動尊201904

高幡不動尊はソメイヨシノだけでなく枝垂れ桜を見ることができ、特に五重塔まわりで多く咲いている。
高幡不動尊201904

高幡不動尊201904
花はきれいな八重咲き。蕾がサクランボのようだ。
高幡不動尊201904

不動堂の前に花御堂が置かれている。
高幡不動尊201904
花御堂は4月8日の灌仏会(花祭り)に釈迦像(誕生仏)を安置する花で飾られた小さなお堂。
高幡不動尊201904
花御堂の中央に置かれた誕生仏の頭から甘茶をそそぐ。
高幡不動尊201904


次々と新しい花が咲く、これは八重咲きのヤマブキ(山吹)で八重山吹、バラ科。
高幡不動尊201904

ムサシアブミ(武蔵鐙)、ヤマイモ科。これはミズバショウと同じで花ではなく仏炎苞と呼ばれるもの。
高幡不動尊201904
この仏炎苞が馬具の鐙に似ていることからついた名前。

高幡不動尊201904
散ったソメイヨシノがきれいな花筏になる時期になってきた。

今週の高幡不動Vol.531
(撮影 2019年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!
一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






PVアクセスランキング にほんブログ村